川瀬もえ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
かわせ もえ
川瀬 もえ
プロフィール
愛称 もえもえ[1]
生年月日 1993年12月30日
現年齢 30歳
出身地 日本の旗 日本京都府[2]
血液型 B型[3]
毛髪の色
公称サイズ(2022年[4]
〈身長・体重・カップサイズは2023年3月14日[5][注 1]〉時点)
身長 / 体重 167 cm / 48 kg
BMI 17.2
スリーサイズ 87 - 60 - 84 cm
カップサイズ F[5]
活動
デビュー 2019年
ジャンル グラビアモデル
モデル内容 一般、水着
他の活動 タレント
レースクイーン
ラウンドガール
事務所 レガロ(2019年6月 - 2020年[7]
ゼロイチファミリア(2020年 - )
モデル: テンプレート - カテゴリ
川瀬もえ
YouTube
チャンネル
活動期間 2020年9月27日 -
ジャンル 日常
登録者数 16,900人
総再生回数 859,106回
チャンネル登録者数・総再生回数は
2024年2月16日時点。
テンプレートを表示

川瀬 もえ(かわせ もえ、1993年平成5年〉12月30日[6] - )は、日本グラビアモデルタレントレースクイーンである。京都府出身[2]。レガロ[8]を経て2024年現在はゼロイチファミリア所属[6]

写真集でのキャッチフレーズは、「“キレイなお姉さん”の正統後継者」[9][10]

略歴[編集]

レガロを経てゼロイチファミリアへ、グラビアタレント兼レースクイーンを経て一旦卒業[編集]

大学生当時、学園祭にてモデルにスカウトされたことがあるが、最初はまったく興味がなかった[11]。後述のレガロを経て[8]ゼロイチファミリアのマネージャーと出会ったことが、後者への所属のきっかけとなった[11]。なお、後者への所属以前には企業の役員秘書や事務として働いていたとも述べている[12][13]

ゼロイチファミリアに所属する以前にはレガロに所属しており[8]、バラエティ番組『芸能人が本気で考えた!ドッキリGP』2019年8月24日放送分(フジテレビ)にて仕掛け人の1人としての出演[7][14]や、総合週刊誌『週刊SPA!』2019年12月17日号(扶桑社)の「美女地図」にて下着姿の初披露[15]などの活動を経て離籍した後、自身にとってはレースクイーンのレジェンドに位置する川崎あやの所属先であるゼロイチファミリアに所属する[13][注 2]。しかし、自身はすでに24歳だったことから、とても不安だったという[13]

2020年2月4日発売の初のデジタル写真集『SPA! デジタル写真集 川瀬もえ』(扶桑社)からは本格的にグラビアタレントとしての活動も開始した[16][17][注 3]が、まだSNSのフォロワーが0人だったことからも悩み続けており、川崎が親身になって話を聞いてくれたことが、「もっと頑張ろう」とのモチベーションの元になったという[13]。一方、コロナ禍による自粛期間には、自宅内にて自分磨きに励んでいた[19]

2021年にはSUPER GT300クラス「Pacific Fairies」の一員として、Pacific Carguy Racingのレースクイーン[Unit 1]を務めたほか、同年5月30日に横浜武道館にて開催された「K-1WORLD GP」を皮切りに、「K-1 GIRLS」の一員としてラウンドガール活動も行った[21][22]。7月4日には賞レース「日本レースクイーン大賞2021」の新人部門グランプリを受賞し、2021年のNo.1ルーキーレースクイーンに輝いた[23]。なお、それらと前後して2月19日には1stDVD『VenusFilm Vol.10』(イーネットフロンティア)が発売された[3][24][注 4]ほか、9月17日には2ndDVD『どんな時も川瀬もえ』(同社)が発売された[25][26]。また、3月22日には男性向け週刊誌『週刊プレイボーイ』同年14号(集英社)の表紙やグラビアをゼロイチファミリア所属タレント13人がジャックし、自身も竹内星菜とのコラボレーションとして背後からバストを鷲掴みにされるビキニ姿を披露したほか、彼女とのデジタル写真集『ALL STARS』(同社)が発売された[27][注 5]

2022年1月15日には、「日本レースクイーン大賞2021」グランプリを受賞した[29]。なお、新人部門グランプリと大賞グランプリを同年に同時受賞したのは、「日本レースクイーン大賞」史上初の快挙である[30]2022年SUPER GTでも引き続いて「Pacific Fairies」[Unit 2]を務めた後、同年1月24日には同時受賞を記念して開催された生誕祭&祝勝会に登壇し、ファンへの感謝を述べた[32]

2022年8月30日には、ジュピラー・プロ・リーグに所属するシント=トロイデンVVのイメージガール「シントトロイデンガールズ」に就任した[Unit 3]

2022年12月13日には、「Pacific Fairies」をもってレースクイーンから卒業したことを、自身のInstagramにて発表した[34]。同年12月31日には、アベンジャーズをモチーフとした「2023ゼロイチファミリアイメージビジュアル」の公開に際し、今年の漢字をレースクイーンの衣装の印象からも「青」と発表した[35]

グラビアタレントとしてのさまざまな仕事、レースクイーンへの復帰[編集]

2023年1月14日には、「日本レースクイーン大賞2022」にプレゼンターとして登壇し、グランプリ受賞者の名取くるみにトロフィーを贈呈した[36][37]

2023年5月13日には、撮影会イベント「シントトロイデンガールズ×イマドキ撮影会」に登壇し、来月末をもっての任期終了を前に初期メンバーとしての苦労を振り返った[38]

2023年10月7日には、大田区総合体育館にて開催されたボクシング興行「3150FIGHT vol.7」に、スペシャルラウンドガールとして登壇した[39]。同年10月30日には、『週刊プレイボーイ』同年46号にて実施された創刊57周年企画「NIPPONグラドル57人」に、グラビアニュージェネレーションの1人として掲載された[40][注 6]

2023年11月11日には、ゼロイチファミリアの公式YouTube企画「『露出高めの私服で竹下通り集合!』と言われたら…!?」にて霜月めあ、竹内星菜、森香穂真島なおみと共に露出度の高い私服姿で原宿竹下通りを歩き、注目を集めた[44]。同年11月19日には、12月1日に香港のサザンスタジアムにて開催される格闘技イベント「ピアソンアリーナ無敵カップ2023」に真島と共にラウンドガールとして登壇するに際し、香港のLikeJapan TVによる取材を受けた[45][46]。12月31日には、テーマパークを意識した「2024ゼロイチファミリアイメージビジュアル」の公開に際し[注 7]、今年の漢字を「今までとは違う環境や海外での仕事の増加など、今まで以上に外に出た感覚が多い1年だった」との理由から、「外」と発表した[48]

2024年2月10日には、同年度のARTA GALSに加入して[Unit 4]レースクイーンに復帰し[50]インテックス大阪にて同年2月12日まで開催されたモーターショー「大阪オートメッセ2024」のオートバックスステージに登壇した[51]。2月20日には、写真週刊誌『FLASH』同年3月5日号(光文社)の巻中グラビアと裏表紙をランジェリー姿で飾り、レースクイーンへの復帰についてをインタビューに答えたほか、同時発売のデジタル写真集『Venusの品格』(同社)を同グラビアのアザーカットで飾った[52][53]

人物[編集]

  • 趣味は、ゲーム、漫画、絵を描くこと[6]、美術館・博物館巡り[54]
  • 基本的に早起きであり、朝は6時くらいに起きている[56]
  • 高くて細い声が昔はコンプレックスだったが、デビュー後は好きといってもらえることが多く、短所を長所と思えるようになった[11]
  • 左利きである[57]
  • 目標としている人物は川崎あや[58]
  • 好きな言葉は「誠実・真実・謙虚」[56]
  • エフエム東京SCHOOL OF LOCK!』を聴いて育ったというラジオっ子であり、ラジオに憧れを持っている[58]
  • 当初、SNSは苦手と語っていたが、TwitterInstagramも更新の頻度が高くなり、2020年9月27日にYouTubeチャンネル「川瀬もえ」 (MOE'S ASMR) で初動画を公開した。また、Insta Liveでは通常のLiveのほか、顔出しをしない音声だけの「川瀬ラジオ」の配信も行っている。

出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

音声配信[編集]

イベント[編集]

CM[編集]

  • 久光製薬 「アレグラFX:アレグラポーズ大流行編」(2017年2月)[6]
  • 中部電力 「暮らしレボリューション」お天気キャスター役(2019年9月)[54]

書籍[編集]

  • ゼロイチファミリアxスピリッツ40周年メモリアルブック(2020年11月9日、小学館[64]

ミュージック・ビデオ[編集]

  • ゆず x GReeeeN『イコール』MV 主演(2018年4月4日)[6][注 8]

朗読劇[編集]

  • Greif4(2021年9月1日 - 4日、オメガ東京) - Aチーム、主人公・渚役[66][67](座長も兼任)[68]

舞台[編集]

  • キツネたちが円舞る夜 2020(2020年6月20日 - 21日)[69]
  • CONTE STAGE 『休日の夢』(2020年11月13日 - 15日)[70]

受賞歴[編集]

  • モデルプレス×SHOWROOM オーディション - 2017年グランプリ(2017年8月)[6][56]
  • ゆかたクイーン コンテスト - 2019敢闘賞(2019年8月)[7][6]
  • 日本レースクイーン大賞2021[29]
    • 新人部門グランプリ(2021年7月)[30]
    • 大賞グランプリ(2022年1月)[30]

作品[編集]

イメージDVD[編集]

  • VenusFilm Vol.10(2021年2月19日、イーネットフロンティア)[3][24]
  • どんな時も川瀬もえ(2021年9月17日、イーネットフロンティア)[25][26]

フォトブック[編集]

  • Blue Lagooooon(2021年5月6日、イマコレ、撮影:佐賀章広)[71]

デジタル写真集[編集]

  • SPA!デジタル写真集 川瀬もえ(2020年2月4日、扶桑社〈SPA!BOOKS〉、撮影:門嶋淳矢[72]
  • 竹内星菜/川瀬もえ写真集「ALL STARS」(2021年3月22日、集英社〈週プレ PHOTO BOOK〉、撮影:LUCKMAN)※共演:竹内星菜[27]
  • 誘惑フェティシズム(2022年2月28日、集英社〈週プレ PHOTO BOOK〉、撮影:西條彰仁[73][74]
  • フェロモン(2022年3月7日、白夜書房〈BUBKAデジタル写真集〉、撮影:高橋慶佑)[75]
  • 史上最速のメイドインジャパンボディ(2022年4月28日、集英社〈YJ PHOTO BOOK〉、撮影:沢渡朔)[76]
  • 隣のきれいな"お姉さん"(2022年7月1日、秋田書店〈ヤングチャンピオンデジグラ〉、撮影:岡本武志)[77]
  • もえ萌え(2022年11月11日、講談社〈週刊現代デジタル写真集〉、撮影:門嶋淳矢)[4]
  • サーキットの極上天使(2022年11月11日、講談社〈週刊現代デジタル写真集〉、撮影:門嶋淳矢)[4]
  • キレイなお姉さんが、好きです。(2023年1月16日、小学館〈週刊ポストデジタル写真集〉、撮影:カノウリョウマ)[78]
  • Venusの品格(2024年2月20日、光文社〈FLASHデジタル写真集〉、撮影:唐木貴央[52]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ただし、ゼロイチファミリア公式サイトには身長を「168」と公表されている[6]
  2. ^ 実際には、後述の『SPA! デジタル写真集 川瀬もえ』の発売日時点ではまだレガロとの契約が切れておらず、同公式サイトには同デジタル写真集の発売の旨が掲載されている[7]
  3. ^ 同年2月5日発売のムック『別冊SPA!旬撮ガールvol.4「初水着」』(扶桑社)には、同デジタル写真集のアザーカットが収録されている[18]
  4. ^ 映像内にて着用している白いレース柄のガウンは、ゼロイチファミリアでの同僚でもある桃月なしこが写真集『未完』にて着用していたものであるという[1]
  5. ^ その後、3月24日にアザーカットと共に公開されたインタビューでは、今回のジャックに参加できたことを光栄に思う一方、川崎あやとのコラボレーションが叶わなかったことを残念がってもいる[28]
  6. ^ その際に同チームとなった斎藤恭代とは意気投合しており、撮影後には互いのX(旧:Twitter)にて姉妹のようなツーショットを公開している[41][42][43]
  7. ^ 同ビジュアルの撮影には、選抜組15人のうち1人として臨んだ[47]
  8. ^ キャスト欄では「川瀬 百笑」と表記されている[65]

ユニットメンバー[編集]

  1. ^ 辻門アネラ、仲川しおり、長坂有紗、名取くるみ星乃ゆん[20]
  2. ^ 益田アンナ、名取くるみ、広瀬晏夕、小林ソラ、七瀬なな[31]
  3. ^ 綾瀬まお、下光リコ、さゆり、藤田香澄亀澤杏菜、立花紫音、雪音まりな[33]
  4. ^ 木村理恵はらことは広瀬晏夕一之瀬優香真木しおり[49]
  5. ^ 小島みゆ柳本絵美堀尾実咲宮野真菜落合真彩[21][63]

出典[編集]

  1. ^ a b “2021年大注目 川瀬もえ 優美なくびれ&たわわバスト、正調“きれいなおねえさん”降臨”. ドワンゴジェイピーnews (ドワンゴ). (2021年1月6日). オリジナルの2023年4月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20230408125938/https://news.dwango.jp/gravure/57627-2101 2023年7月2日閲覧。 
  2. ^ a b “川瀬もえ、初グラビアで“はじらい”下着姿を披露”. クランクイン! (ブロードメディア). (2020年2月16日). https://www.crank-in.net/news/73963/1 2020年5月22日閲覧。 
  3. ^ a b c “川瀬もえ「注目度No.1の新人」完璧すぎるボディ&ルックス”. EXweb (双葉社). (2021年2月25日). オリジナルの2021年9月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210920103752/https://exweb.jp/articles/-/84469?page=1 2024年2月16日閲覧。 
  4. ^ a b c “日本一のレースクイーン・川瀬もえ、「週刊現代」グラビアで極上ボディを公開”. Deview (oricon ME). (2022年11月8日). https://deview.co.jp/News?am_article_id=2256183 2022年11月11日閲覧。 
  5. ^ a b 川瀬もえ [@moekawase] (2023年3月14日). "167センチ48キロのFカップなので大抵のことはふーん。で済む". X(旧Twitter)より2023年10月9日閲覧
  6. ^ a b c d e f g h 川瀬もえ”. 01familia. ゼロイチファミリア. 2024年2月20日閲覧。
  7. ^ a b c d 芸能プロダクション レガロ株式会社”. レガロ. 2023年3月23日閲覧。
  8. ^ a b c レガロ所属タレント”. レガロ. 2019年9月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年3月23日閲覧。
  9. ^ “ゼロイチファミリア・川瀬もえが『週刊SPA!』人気ムックで初ランジェリー姿を披露”. ENTAME next (徳間書店). (2020年2月5日). https://entamenext.com/articles/detail/3695 2021年2月9日閲覧。 
  10. ^ “ゼロイチ美女の川瀬もえ&竹内星菜が『週プレ』登場、ビキニ姿で美麗ペアショットを披露”. ENTAME next (徳間書店). (2021年3月22日). https://entamenext.com/articles/detail/10127 2021年3月22日閲覧。 
  11. ^ a b c “【WEEKDAYはグラドル日記(423)】モデルとの二刀流でグラビア界に降臨!笑顔と声がキュートな川瀬もえ”. サンスポ (産経デジタル). (2021年2月15日). https://www.sanspo.com/article/20210215-ICMZEM5DVNLJNLZ6XO7TE4C63I/ 2023年1月23日閲覧。 
  12. ^ “ゼロイチファミリア所属・川瀬もえ「リアルさと非現実的な空想が混ざっている」“秘書グラビア””. ORICON NEWS (oricon ME). (2021年6月23日). https://www.oricon.co.jp/news/2197850/full/ 2022年11月29日閲覧。 
  13. ^ a b c d “「SNSのフォロワーが0人」…どん底から這い上がったレースクイーン界の女王・川瀬もえが明かす「意外すぎるエピソード」”. 週刊現代 (講談社). (2022年11月23日). https://gendai.media/articles/-/102397 2022年11月29日閲覧。 
  14. ^ レガロ Legaro Agency [@legaro_agency] (2019年8月25日). "『芸能人が本気で考えた!ドッキリGP』". X(旧Twitter)より2023年10月9日閲覧
  15. ^ レガロ Legaro Agency [@legaro_agency] (2019年12月10日). "川瀬もえが、本日12月10日発売の扶桑社「SPA!」(12/17号)に掲載させて頂いています。". X(旧Twitter)より2023年10月9日閲覧
  16. ^ “川瀬もえ、初グラビアで下着姿を披露した「SPA!デジタル写真集 川瀬もえ」誌面カット公開”. CDJournal (シーディージャーナル). (2020年2月18日). https://www.cdjournal.com/main/news/-/85140 2020年7月5日閲覧。 
  17. ^ ““ゼロイチ美女”川瀬もえ「ポーズを研究して頑張ります(笑)」シーツにくるまる誌面カットや初の下着姿解禁”. WEBザテレビジョン (KADOKAWA). (2020年2月15日). https://thetv.jp/news/detail/222234/ 2020年5月22日閲覧。 
  18. ^ “川瀬もえ「初グラビアで下着姿を披露しちゃった」誌面カット解禁”. ドワンゴジェイピーnews (ドワンゴ). (2020年2月14日). オリジナルの2023年4月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20230408130011/https://news.dwango.jp/gravure/46306-2002 2024年2月13日閲覧。 
  19. ^ “川瀬もえ「久しぶりの水着は照れますな 」たわわ美乳&くびれボディに反響続々”. ドワンゴジェイピーnews (ドワンゴ). (2020年6月19日). オリジナルの2023年4月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20230408130009/https://news.dwango.jp/gravure/50809-2006 2024年2月13日閲覧。 
  20. ^ a b 【RQ決定情報2021】Pacific Fairiesを含む4ユニット12人を発表”. オートスポーツweb. 三栄 (2021年3月12日). 2021年5月10日閲覧。
  21. ^ a b K-1 GIRLS」新メンバーを6日連続・ 毎日1名ずつ発表!<第5弾>川瀬もえ”. K-1 JAPAN GROUP. グッドルーザー (2021年4月16日). 2021年5月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年3月23日閲覧。
  22. ^ [日曜更新]K-1ガールズ 川瀬もえが登場!”. K-1 JAPAN GROUP. グッドルーザー (2021年6月13日). 2023年11月24日閲覧。
  23. ^ 日本レースクイーン大賞2021新人部門グランプリ発表。No.1ルーキーレースクイーンに川瀬もえさんが選ばれる”. オートスポーツweb. 三栄 (2021年7月4日). 2021年7月5日閲覧。
  24. ^ a b 川瀬もえ/VenusFilm Vol.10”. イーネットフロンティア (2021年2月19日). 2024年2月16日閲覧。
  25. ^ a b “川瀬もえ 美ボディをソファや洗面台の上で大胆に…!「たくさんワクワクドキドキして」”. TV LIFE web (ワン・パブリッシング). (2021年9月30日). https://www.tvlife.jp/entame/413112 2022年11月11日閲覧。 
  26. ^ a b 川瀬もえ/どんな時も川瀬もえ【2021/9/17発売】”. イーネットフロンティア (2021年9月17日). 2024年2月16日閲覧。
  27. ^ a b “新進系モデルコラボ、竹内星菜が川瀬もえの美バストを“むぎゅっ” なんてグッジョブ”. ドワンゴジェイピーnews (ドワンゴ). (2021年3月22日). オリジナルの2023年4月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20230407204524/https://news.dwango.jp/gravure/59961-2103 2023年7月2日閲覧。 
  28. ^ “川瀬もえ&竹内星菜、綺麗すぎるちょっぴりオトナなセクシーアザーカットにときめき”. ドワンゴジェイピーnews (ドワンゴ). (2021年3月24日). オリジナルの2023年4月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20230407063236/https://news.dwango.jp/gravure/60066-2103 2024年2月20日閲覧。 
  29. ^ a b MediBang日本レースクイーン大賞2021:ファン投票で選ばれた栄えあるグランプリが決定!”. 日本レースクイーン大賞. 日本レースクイーン大賞実行委員会 (2022年1月15日). 2022年11月29日閲覧。
  30. ^ a b c “日本一のレースクイーン、川瀬もえが新人賞&グランプリをW受賞 同年獲得は史上初”. WEBザテレビジョン (KADOKAWA). (2022年1月15日). https://thetv.jp/news/detail/1067496/ 2022年1月15日閲覧。 
  31. ^ a b 【RQ決定情報2022】2021年の人気No.1レースクイーンが2022年も継続。PACIFIC RACING TEAMプロデュースの2ユニット発表”. オートスポーツweb. 三栄 (2022年3月8日). 2022年5月11日閲覧。
  32. ^ “川瀬もえ、生誕祭&祝勝会でファンへ感謝 「一生忘れない思い出になりました」”. Sirabee (NEWSY). (2022年1月24日). https://sirabee.com/2022/01/24/20162785387/ 2023年11月24日閲覧。 
  33. ^ 初代シントトロイデンガールズが決定!”. STVVガールズ OFFICIALSITE. エクスコムグローバル (2022年8月30日). 2022年9月13日閲覧。
  34. ^ 川瀬もえ [@kawasemoe] (2022年12月13日). "2年間お世話になったPacificを卒業しました!". Instagramより2023年1月23日閲覧
  35. ^ “ゼロイチ川瀬もえ レースクイーン衣装にちなみ今年の漢字は「青」!”. 東スポWEB (東京スポーツ新聞社). (2022年12月31日). https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/249809 2024年2月20日閲覧。 
  36. ^ 「グランプリの名に恥じぬように……」日本RQ大賞2022グランプリに輝いた名取くるみが語る次なる目標”. オートスポーツweb. 三栄 (2023年1月18日). 2023年1月23日閲覧。
  37. ^ 栄えあるグランプリは名取くるみさんが受賞! レースクイーン大賞2022受賞者決定!!!”. ベストカーWeb. 講談社ビーシー (2023年2月10日). 2023年2月13日閲覧。
  38. ^ “川瀬もえらシントトロイデンガールズ「濃い1年だった」任期終了を前に心境を吐露”. WEBザテレビジョン (KADOKAWA): p. 2. (2023年5月13日). https://thetv.jp/news/detail/1137408/p2/ 2023年5月21日閲覧。 
  39. ^ “川瀬もえ、ラウンドガールでドッキリ衣装「おしりがポイントだよ」”. イーファイト (ヨシクラデザイン). (2023年10月8日). https://efight.jp/news-20231008_1425796 2023年10月9日閲覧。 
  40. ^ 集英社『週刊プレイボーイ』2023年46号、136-138頁
  41. ^ “双子グラビア!?斎藤恭代が披露した川瀬もえとのツーショットは眼福すぎでクラクラ確定…”. ScoopieNews (Glossom). (2023年11月3日). https://jp.news.gree.net/news/entry/4918125 2023年11月24日閲覧。 
  42. ^ “「こんな姉妹だったら…どうかな?」川瀬もえ、斎藤恭代との“美しすぎるツーショット”に絶賛の声続々”. ScoopieNews (Glossom). (2023年11月4日). https://jp.news.gree.net/news/entry/4918962 2023年11月24日閲覧。 
  43. ^ “川瀬もえ、斎藤恭代とのビキニの2ショットを公開!「もはや双子か分身の術!笑」”. デイリーニュースオンライン (シグナル). (2023年11月5日). https://dailynewsonline.jp/article/2909330/ 2023年11月24日閲覧。 
  44. ^ “人気タレントが竹下通りで"衝撃露出" 斬新企画に騒然「マジで良い」「絶対に続けて」”. ENCOUNT (Creative2). (2023年11月12日). https://encount.press/archives/540657/ 2023年11月24日閲覧。 
  45. ^ “真島なおみ、ラウンドガールのチャームポイントは可愛い笑顔と美谷間!川瀬もえとのツーショット写真も披露!”. WWSチャンネル (WWS JAPAN). (2023年11月21日). https://www.wws-channel.com/sns/468818.html?view=more 2023年11月24日閲覧。 
  46. ^ 川瀬もえ [@moekawase] (2023年11月19日). "香港のサザンスタジアムで開催されるピアソンアリーナ無敵カップ2023のラウンドガールを務めさせていただきます✨". X(旧Twitter)より2023年11月24日閲覧
  47. ^ “ゼロイチ横野すみれ「24年は喜びの年にしたい」「みなさんに会えるイベントも」”. 東スポWEB (東京スポーツ新聞社). (2023年12月31日). https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/287591 2024年2月20日閲覧。 
  48. ^ “🍭 川瀬もえ[インタビュー&フォト]2023年&2024年への想いを語る「自分にできることや目指すものをイチから手探りで探していた1年間でした」”. Pop'n'Roll (JAPAN MUSIC NETWORK). (2023年12月31日). https://popnroll.tv/articles/37075 2024年2月20日閲覧。 
  49. ^ 2024年度 ARTA GALSメンバーについてのお知らせ』(プレスリリース)オートバックスセブン、2024年2月10日https://topics.artaracing.com/archives/160152024年2月13日閲覧 
  50. ^ 川瀬もえ [@moekawase] (2024年2月10日). "\レースクイーンに復活します/". X(旧Twitter)より2024年2月20日閲覧
  51. ^ a b “【動画】川瀬もえ、広瀬晏夕らARTA GALSに新規就任で黒ミニスカ衣装で登場!<大阪オートメッセ2024>”. WWSチャンネル (WWS JAPAN). (2024年2月11日). https://wws-channel.com/racequeen/486329.html?view=more 2024年2月13日閲覧。 
  52. ^ a b “レースクイーン復帰の川瀬もえ、“史上1番SEXY”なランジェリー姿で美ヒップ披露”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2024年2月20日). https://mdpr.jp/news/detail/4205360 2024年2月20日閲覧。 
  53. ^ 川瀬もえ [@moekawase] (2024年2月20日). "【本日発売‼️】". X(旧Twitter)より2024年2月20日閲覧
  54. ^ a b “川瀬もえ、初下着姿でびしょ濡れ大胆ポーズ”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2020年2月5日). https://mdpr.jp/news/detail/1958457 2020年5月21日閲覧。 
  55. ^ 【美少女スクランブル vol.25】実は感覚人間!?「川瀬もえ」の多彩な一面”. SCRAMBLE. フォッグ (2019年12月6日). 2020年5月21日閲覧。
  56. ^ a b c ““綺麗なお姉さんの正統後継者”川瀬もえが気になる ゲーマーの一面・美の秘訣…<注目の人物×ゼロイチファミリア>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2020年10月16日). https://mdpr.jp/interview/detail/2263400 2023年1月23日閲覧。 
  57. ^ 有野晋哉 本人『ノーギャラジオ終わり。』(YouTube)2023年4月24日https://www.youtube.com/shorts/JhMNjIVvjpI2023年5月21日閲覧 
  58. ^ a b ザテレビジョン『レースクイーン・川瀬もえ「川崎あやさんの魂を可能な限り引き継ぎたい」【美少女スクランブル】』(インタビュアー:SCRAMBLE)、KADOKAWA、2021年9月9日https://thetv.jp/news/detail/1049621/p3/2021年9月10日閲覧 
  59. ^ EXITのベルギー行ったらモテるやつ⚽️ [@tvtokyo_belgium] (2022年10月3日). "#テレビ東京 新番組🎉 \バイブス爆上がり!/ 《EXITのベルギー行ったらモテるやつ》". X(旧Twitter)より2023年10月9日閲覧
  60. ^ “川瀬もえがタートルネックのニットとメガネ姿で…「キュンとしてもらえるとうれしい」”. TV LIFE web (ワン・パブリッシング). (2022年5月10日). https://www.tvlife.jp/entame/472167/2 2023年3月23日閲覧。 
  61. ^ よゐこ有野のノーギャラジオ [@nogyaradio] (2023年4月24日). "#ノーギャラジオ シーズン5第4回がこのあと21時〜スタート‼︎". X(旧Twitter)より2023年5月18日閲覧
  62. ^ “賞金総額1億円!「モンスト プロツアー 2019-2020」が11/9(土)より開催決定”. eスポーツプレス (スマートメディア). (2019年9月30日). https://e-sports-press.com/archives/18316 2023年3月23日閲覧。 
  63. ^ K-1ガールズ全6名決定。世界的美ボディコンテストでも成績を出した柳本絵美も新加入”. イーファイト. ヨシクラデザイン (2021年4月19日). 2022年5月11日閲覧。
  64. ^ ゼロイチファミリア×スピリッツ40周年メモリアルブック”. 小学館. 2023年3月23日閲覧。
  65. ^ ゆず「イコール」Music Video』(YouTube)yuzuofficial、2018年4月4日https://www.youtube.com/watch?v=ONEYdCVEeRw2023年3月23日閲覧 
  66. ^ “新メンバー加入で揺らぐアイドルたち描く「Greif4」に川瀬もえ・小島まゆみ・後藤郁”. ステージナタリー (ナターシャ). (2021年8月26日). https://natalie.mu/stage/news/442564 2022年1月31日閲覧。 
  67. ^ 朗読エンターテイメント”. Greifプロジェクト. 2022年1月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年1月31日閲覧。
  68. ^ “川瀬もえが朗読劇初座長に燃える「さらにパワーアップして主人公・渚を見せていきたい」”. 東スポWEB (東京スポーツ新聞社). (2021年8月5日). https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/77804 2023年11月24日閲覧。 
  69. ^ “川瀬もえ、久々の水着で美しいくびれボディを披露「細いのにグラマラスでナイスバディ」”. ENTAME next (徳間書店). (2020年6月19日). https://entamenext.com/articles/detail/5237 2023年3月23日閲覧。 
  70. ^ CONTE STAGE『休日の夢』 in東京”. パスマーケット. Yahoo!JAPAN. 2023年3月23日閲覧。
  71. ^ “抜群スタイルに釘付け…川瀬もえ、大人の色気あふれる水着ショットに「美しすぎる」の声”. ENTAME next (徳間書店). (2021年5月7日). https://entamenext.com/articles/detail/10951 2022年11月11日閲覧。 
  72. ^ “グラマラスな美ボディを惜しみなく披露! 『SPA!デジタル写真集 川瀬もえ』が発売中”. 超!アニメディア (イード). (2020年2月16日). https://cho-animedia.jp/article/2020/02/16/17075.html 2022年11月11日閲覧。 
  73. ^ ““日本一のレースクイーン”川瀬もえ、フェチ感たっぷりのグラビア挑戦”. ORICON NEWS (oricon ME). (2022年2月28日). https://www.oricon.co.jp/news/2225874/full/ 2022年11月11日閲覧。 
  74. ^ 川瀬もえ写真集「誘惑フェティシズム」【デジタル限定】”. ゼブラック. 集英社. 2023年3月23日閲覧。
  75. ^ 川瀬もえ「フェロモン」 BUBKAデジタル写真集”. 白夜書房. 2023年3月23日閲覧。
  76. ^ 川瀬もえ写真集「史上最速のメイドインジャパンボディ」【デジタル限定 YJ PHOTO BOOK】”. ゼブラック. 集英社. 2023年3月23日閲覧。
  77. ^ 川瀬もえ「隣のきれいな“お姉さん”」【ヤングチャンピオンデジグラ】”. 秋田書店. 2023年3月23日閲覧。
  78. ^ 川瀬もえ キレイなお姉さんが、好きです。”. 小学館. 2023年3月23日閲覧。

外部リンク[編集]