安倍乙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
あべ おと
安倍 乙
安倍 乙
講談社ヤンマガch(2019年)
生年月日 (2000-01-18) 2000年1月18日(20歳)
出身地 日本の旗 日本 大阪府
身長 156 cm
職業 女優グラビアアイドル
活動期間 2017年 -
所属劇団 劇団4ドル50セント
事務所 エイベックス・AY・ファクトリー
公式サイト プロフィール
テンプレートを表示

安倍 乙(あべ おと、2000年1月18日 - )は、日本の女優グラビアアイドルで、劇団4ドル50セントの劇団員である。大阪府出身。

略歴[編集]

2017年に劇団4ドル50セントのオーディションに合格し入団[1]。劇団の活動と並行してグラビアでも活動している。

人物[編集]

スリーサイズはB77 W55 H90[2]。女優を目指すきっかけは姉の舞台劇を見たこと[3]

出演[編集]

舞台[編集]

タイトル 役柄 開催年月日・上演地
劇団4ドル50セント プレ公演
『The Making of $4.50「夢を見たけりゃ、目を開けろ。」』
(本人役) 2017年11月3日 - 5日
南青山 スパイラルホール
劇団4ドル50セント 旗揚げ本公演
『新しき国』
テンネン 役 2018年2月8日 - 12日
新宿 紀伊國屋ホール
劇団4ドル50セント 週末定期公演 Vol.1
『夜明けのスプリット』
イモコ 役(甲組) 2018年6月30日 - 8月3日
新宿 KeyStudio(旧スタジオアルタ
劇団4ドル50セント 週末定期公演 Vol.2
『夜明けのスプリット』
メガネ 役(乙組) 2018年8月11日 - 9月14日
新宿 KeyStudio(旧スタジオアルタ)
劇団4ドル50セント 第2回本公演
『ピエロになりたい』
インフィニティ 役 2018年11月22日 - 12月2日
有楽町 オルタナティブシアター
劇団4ドル50セント オムニバス公演
『カラフルボックス』
楓 役(Aキャスト) 2019年10月29日 - 11月4日
中野ポケットスクエア 劇場HOPE

テレビドラマ[編集]

その他のテレビ出演[編集]

配信番組[編集]

映画[編集]

  • 左様なら(2019年9月6日公開) - 関根美穂 役
  • 男の優しさは全部下心なんですって(2019年11月)[9]

ラジオ番組[編集]

雑誌[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 秋元康プロデュースの「劇団4ドル50セント」注目の劇団員を紹介”. モデルプレス (2018年2月8日). 2018年9月2日閲覧。
  2. ^ 扶桑社「週刊SPA!」2019年12月32日・1月7日合併号116頁
  3. ^ 和風美人! 安倍乙「主人公顔ではないと思うので(笑)」と自己分析!?” (日本語). ananニュース - マガジンハウス. 2020年1月14日閲覧。
  4. ^ 私オム演出の「蛇の亜種」に安里勇哉、永島聖羅、宮下貴浩、さらに安倍乙”. ステージナタリー (2018年4月25日). 2019年6月9日閲覧。
  5. ^ 秋元康プロデュース劇団所属の安倍乙、『おっさんずラブ』に林遣都の妹役で出演”. ORICON NEWS (2018年5月24日). 2019年6月9日閲覧。
  6. ^ Inc, Natasha. “せきしろが女の子かわいく描く140秒の短編一挙上映、ピース又吉、しずるら鑑賞(コメントあり)” (日本語). お笑いナタリー. 2020年1月14日閲覧。
  7. ^ 安倍乙が「かわいい」と話題に 『ロンドンハーツ』出演に反響続々”. クランクイン (2020年1月8日). 2020年2月5日閲覧。
  8. ^ "石原さとみ似"と話題!安倍乙「オオカミくん」出演でSNSのフォロワーが300人から8万人に”. webザテレビジョン (2018年8月11日). 2020年1月12日閲覧。
  9. ^ Inc, Natasha. “「男の優しさは全部下心なんですって」主演・辻千恵&監督・のむらなおのコメント到着(動画あり / コメントあり)” (日本語). 映画ナタリー. 2020年1月14日閲覧。

外部リンク[編集]