オタ芸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:著作権はもちろん肖像権などを侵害しない形でのオタ芸披露の模様(動画)および、主なオタ芸の動きを示したアニメーションの画像提供をお願いします。2010年6月
秋葉原でオタ芸を打つファン

オタ芸(オタげい)とは、コンサートなどにおいてファンが繰り広げる、独特な動きを伴う踊りや掛け声のことである[1][2][3]。文字通りアイドルオタク追っかけ)等がアイドルや声優などのコンサート・ライブなどで行っている、アイドルのために捧げる応援(パフォーマンス)、応援方法である[4]。オタ芸をすることを打つなどと呼び[5][6]、オタ芸を楽しむ人たちのことを打ち師と呼んだりする[7]ヲタ芸(ヲタげい)とも記述される[5]。語源は、「アイドルオタクの芸」の略である[5]ボカロ曲やアイドル以外の邦楽に合わせてオタ芸を打つこともある。

ヲタ芸の種類[編集]

オタ芸には以下のようなものがある。

タイガー
直立不動にて動かず熱い視線を送る行為。もっともシンプルであるが、静と動の関係から目立つ[7]
マワリ
頭上で手拍子を叩きながらその場で右や左に回転ジャンプをする[7][1][3][5]
ロマンス
斜め上を指さした状態から腕を引く[7][3][5][4][8]
PPPH
“パン、パパン”と拍手して“ヒュー”と声をかける[7][3][5][8]
ケチャ
インドネシアケチャのように低い姿勢を取り、腕を手前からステージ上のアイドルの方へ振り上げる[7][1][3][8]
サンダースネイク
雷と蛇をイメージする技で、難易度が低い。直線的な動きと円が組み合わさっているため難しく見えるが、一つ一つの動きは単純であり、慣れると集団にてシンクロしたマスゲーム的な行為が行いやすくもっとも迫力があるので、オタ芸の代表的な行為と称されることもある[7]
メリーゴーランド
メリゴとも称される。他の一人技とは異なり複数人数で行う。左手をあげ、反時計回りに回る[7]。通常、3 - 20人程度で行われるが、大規模なものでは50 - 100人単位で行われる場合もある。
神威
サビによく使われる技。
アマテラス(天照)
サビによく使われる技。

歴史[編集]

「オタ芸」という言葉が登場する遥か以前の1970年代 - 1980年代から、アイドルの親衛隊が曲に合わせて一斉に声をかける応援スタイルは見かけられた[1][5]

2000年代に入って前述の応援スタイルに踊りが加わるなどして多様化し[1][5]ハロー!プロジェクト系コンサートにおいて「オタ芸」という言葉で認知されるようになったとされる[6]。特に、2002年9月4日の「ロマンティック 浮かれモード」の発表が切っ掛けとなり、数年を掛けてお茶の間の目に触れる程度にまで広まったと言われている[9]。しかし、当時はアイドルへの応援活動が一般的な趣味としては捉えられておらず、2005年の電車男ステレオタイプなオタクの姿が全国ネットで放映された影響もあり、少なくとも2000年代末まではアイドルに陶酔し切ってファンが応援する姿に対して「幼稚である」「常識に欠けており危険」などと言った批判の声も多かった。その後2006年頃からYouTubeやニコニコ動画などの動画共有サービスを中心としてオタ芸的な各種パフォーマンスの様子が広く拡散し、オタク文化の魅力が一般人にも伝わるようになってきたと共に、Jリーグ川崎フロンターレの選手が2007年のファン感謝デーで「ンタ芸」と銘打ったパフォーマンスで行うなど[10]、一般にも広く認知されるようになってきた。2014年頃までにはアイドルやアニメも一般的な娯楽となり、オタ芸を行うことを主体としたイベント・ライブも頻繁に開催されるようになっている[11][12]。現在ではオタク的な趣味も社会的に広く理解されるようになったため、「オタ芸」は1つのエンターテインメントの姿として理解されている。

評価[編集]

ステージ上でオタ芸を披露するパフォーマー

オタ芸に対しては、日本独特のライブの楽しみ方の1つとして認知されるようになった一方で、コンサートなどでオタ芸をする事がイベント来場の主目的になっている[1][4]、自分たちの世界に入り込んでしまい独善的で周囲に気を使わない者がいる[6]、「オタ芸という名前が付いているだけで『迷惑行為』である」、といった批判もあり[4][13]、オタ芸が応援行為かそうでないかで意見が分かれている[4]。一部では、オタ芸や過激な応援行為を禁止するケースも出ている[14][15]

また、鉄道駅のホームや電車の車内でペンライトやケミカルライト(特に赤い色)を振り回すと、乗務員・駅係員が緊急停止合図と誤認し、緊急停止して運行ダイヤを乱す危険性がある事から、JR東日本西武鉄道などでは使用をやめるよう、注意喚起している[16]

2017年8月には、神戸のご当地アイドルのコンサートにおいて、過度なオタ芸により歌声や演奏が聞こえなかったとして観客の男性が主催者に対しコンサートのやり直しや損害賠償を求める訴訟を起こしている[17][18]。判決文では、オタ芸について「アイドルのコンサートにおいて、一部の観客が、曲に合わせて『オー!オー!オー!オー!』のような掛け声を出したり、激しく何度もジャンプしたり、棒状のライトを振り回すなどの行為」として言及されていた[17][18]

最近ではヲタ芸を一種のパフォーマンスとして行う人も多く、その評価は様々である。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 鈴木京一 (2009年10月5日). “(21世紀のキーワード)オタ芸 自虐に限りなく近い諧謔”. 朝日新聞朝刊 (東京: 朝日新聞社): p. 12 
  2. ^ “オタ芸(キーワード)”. 日経MJ (東京: 日本経済新聞社): p. 8. (2006年6月28日) 
  3. ^ a b c d e ヲタ芸DVD VOL.1 2009-05-26発売 レーベル:クリスタルウェーブ ASIN:B0029WFJDU
  4. ^ a b c d e 榊原ゆいがファンに「オタ芸は禁止」”. ORICON STYLE (2008年5月21日). 2011年10月11日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h 亀井肇 (2006年7月28日). “オタ芸”. JapanKnowledge. 2011年10月18日閲覧。[リンク切れ]
  6. ^ a b c 人気声優が“勇気ある発言”「オタ芸禁止」の波紋”. ZAKZAK (2008年5月25日). 2008年6月15日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年7月30日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h アキバでロマンス〜アイドルと一緒に学ぶオタ芸〜 2014-01-25初版 著者:オタ芸推奨委員会 ISBN 978-4-902307-56-6
  8. ^ a b c 高橋モータース@dcp (2012年10月13日). “知っているとどこかで使える!? アイドル現場の専門用語!”. マイナビニュース. マイナビ. 2012年10月15日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年7月30日閲覧。
  9. ^ “【ライブレポート】藤本美貴、一日限りの“アイドル”復活。3000人が「美貴様美貴様お仕置きキボンヌ!」 | BARKS” (日本語). BARKS. https://www.barks.jp/news/?id=1000088660 2018年9月2日閲覧。 
  10. ^ フォトニュース - J1:第22節 川崎F vs G大阪”. J's GOALニュース. Jリーグ.jp (2007年8月25日). 2018年7月30日閲覧。
  11. ^ オタ芸 :「らき☆すた」の聖地で盛り上げ役が"主役"に 久喜市の土師祭「WOTAKOIソーラン」”. 毎日新聞デジタル (2010年8月22日). 2010年8月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年10月18日閲覧。
  12. ^ 三好尚紀 (2011年6月21日). “歌にバトルにオタ芸まで!? 「踊ってみた」の祭典「ダンマス」第2弾開催”. ガジェット通信. 2011年10月18日閲覧。
  13. ^ 榊原ゆい公式ブログ - 榊原の気持ち”. LOVE×TRAX (2008年5月20日). 2011年10月11日閲覧。
  14. ^ オタ芸、ケミカルライト禁止……アイドルファンの“応援”、どこまで許される?”. ORICON STYLE. オリコン (2015年4月9日). 2016年1月11日閲覧。
  15. ^ 水樹奈々コンサートが「オタ芸」で荒らされる 規制の対象「DD」とは何者だ?”. J-CASTニュース. ジェイ・キャスト (2012年8月2日). 2016年1月11日閲覧。
  16. ^ 若松真平 (2015年6月29日). “「ホームでサイリウム振らないで」 JR東が『オタ芸の画像』で注意”. withnews. 朝日新聞社. 2018年7月30日閲覧。
  17. ^ a b “【メガプレミアム】「ホーーーー、ホワホワ!」“オタ芸”のかけ声で曲が聞こえない…アイドルコンサートやり直し求め憤怒の法廷闘争”. 産経新聞 (産業経済新聞社). (2017年8月13日). https://www.sankei.com/west/news/170813/wst1708130004-n1.html 2018年7月30日閲覧。 
  18. ^ a b 大阪高等裁判所平成29年4月27日判決(判タ1441号37頁)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]