ペンライト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ペンライト(狭義)
2液混合式のライトスティック

ペンライト (penlight) は、ペン型の懐中電灯である。狭義には、本物のペンの大きさの、先だけが光るものを指すが、他にもさまざまな形態・方式のものがある。広義には、ライトスティック (lightstick) と呼ばれる、やや大型の、広い範囲が光る器具を含む。

小型軽量で携帯性に優れているため、機械設備や工事関係をはじめ、医療・福祉分野まで幅広く利用されている。


概要[編集]

電気を使うものは主にボタン型電池や単四形乾電池で点燈する。通常の懐中電灯同様、光源には電球を使うものが一般的だったが、近年はLEDを使うものも広く普及している。

他に、2液混合の化学式のものがある。これらは白色または有色で、数時間の使い捨てである。化学式のペンライトは全てライトスティックに含まれる。サイリューム(商品名)の名でも知られるが、サイリュームにはペン型でないものもある。

用途[編集]

暗闇での警告灯などに用いられる。

ほかに、暗所でのコンサートで歌手が歌唱中に観客が振るという使い方がある。西城秀樹が1974年夏に大阪球場でコンサートを行った際、コンサート前日のラジオ番組で懐中電灯を持ってくるように呼びかけ、多くの観客が持ってきたことで、この使用法が広まったという[1]。その後、色セロハンを巻いた豆電球や、サイリュームが使用されるようになっている[2]

コンサート会場で振られているペンライト


脚注[編集]

  1. ^ 西城秀樹 (2016年8月24日). “<西城秀樹 ヒデキ!カンレキ!!> (23)ペンライト”. 東京新聞. <西城秀樹 ヒデキ!カンレキ!!>. 東京新聞. 2016年8月29日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年5月18日閲覧。
  2. ^ 「ケミカルライト(サイリウム)」の歴史は、こんなに壮大だった! 老舗・ルミカに聞く開発秘話 - Jタウンネット(東京都)、2016年10月31日

関連項目[編集]