うまかっちゃん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
九州の味ラーメン うまかっちゃん
販売会社 ハウス食品
種類 中華風即席麺
販売開始年 1979年
完成国 日本の旗 日本
関係する人物 西島伊三雄
長谷川法世
テンプレートを表示

うまかっちゃんは、ハウス食品から発売されている袋麺インスタントラーメン)で、ハウス食品グループ本社株式会社の登録商標(商標登録番号1551720号他)である。正式な商品名は九州の味ラーメン うまかっちゃん1979年9月12日九州限定の豚骨ラーメンとして発売開始。2009年、発売開始から30周年を迎えた。

概要[編集]

カレー香辛料の製造・販売が中心だったハウス食品は1973年にインスタントラーメン事業に参入し、「ハウスシャンメン しょうゆ味」や「ハウスたまごめん」、「ハウスつけ麺」などのヒット商品を発売していたが、九州ではシェアが低かった。ハウス食品のインスタントラーメンは同社福岡工場(福岡県古賀市)にも製造ラインが設けられていたが、1978年、当時の福岡工場長が「社員が食堂でハウスのラーメンを食べない。九州人に醤油味は合わない。九州人は豚骨味が好みだ」と当時のハウス食品福岡支店長に直談判した。その結果、「うちでも九州で売れる製品を作ろう」と支店長の提案でハウス食品も九州風豚骨ラーメンの開発に着手した。

そして、ハウス食品の営業・開発担当者が九州内のラーメン店を食べ歩いたり、九州の主婦にスープの試食を行ったりして、「うまかっちゃん」は誕生した。開発チームは全員九州出身者だったという。「うまかっちゃん」は博多弁で「おいしいんだよ」の意で、福岡市出身のグラフィックデザイナー西島伊三雄がネーミングした。博多祇園山笠をテーマにしたパッケージデザインも西島が手掛けた。なおネーミングの第一候補として「こらうまか」も上がっていた。

発売開始から半年後、九州・山口地区では後述するテレビCMを大量に流した効果からか、即席麺最大手の日清食品や福岡市に本社を置く九州・山口でシェアの高いマルタイを抑えて「うまかっちゃん」が袋麺でトップシェアとなった。以降現在も九州・山口地区における即席袋めんのトップシェアを誇っている。また、「うまかっちゃん」が発売した当初、「あれはマルタイさんの新商品なのか」と間違える消費者もいた。

「うまかっちゃん」は福岡工場のみで生産されている[1]。また2016年8月のリニューアルまでは商品パッケージにハウス食品のロゴマークが付いていなかったが、これは発売当初「ハウスと言えばカレー」のイメージが強かったことと、基本的にハウス食品の名前を出さないというコンセプトのもとで製造・販売していること、「九州のラーメンはうまかっちゃん」と位置付けて市場に定着させたかったという意味であえてロゴを外したという。2016年8月8日から順次販売されているリニューアル後のパッケージには、ハウス食品のロゴ(筆記体の「House」ロゴ)が初めて挿入されている。

「ご当地袋麺」のパイオニア[編集]

「うまかっちゃん」は現在における「ご当地袋麺」の草分け的存在であり、「うまかっちゃん」のヒットでインスタントラーメンの同業他社も九州限定の豚骨ラーメンを次々に発売した(日清食品の「くおーか」「はかたんもんらーめん」、明星食品の「九州っ子」「うまかめん」、東洋水産の「博多めん美人」、サンヨー食品の「よかとん」「とっぱちからくさやんつきラーメン」など)。

その後、ハウス食品は「うまかっちゃん」の成功をきっかけに、北日本北海道東北地方)限定(のちに関東地方にも拡大)の「うまいっしょ」(既に終売)、近畿地方限定の「好きやねん」および関東地方(後に静岡県にも拡大)限定の「わっしょい」(同じく既に終売。ただし、前者近畿地方をはじめとして、中国四国地方において現在でも発売中)といったご当地袋麺を発売した。うまかっちゃんは更に九州の各地域向けに細分化したご当地袋麺を発売(後述)。

現在、うまかっちゃんシリーズは九州(沖縄県含む)と山口県のみで全種類が販売されているが、オリジナルと博多からし高菜風味のみ近畿地方を含めた西日本全域で販売されている。 過去(1980年代末~90年代後半)には関東地方や北陸地方、東北地方などでも「オリジナル」が流通していたが、現在は見かけることは極めて稀である。

ラインナップ[編集]

現在発売中の製品[編集]

※は期間等限定。

うまかっちゃん オリジナル
スープはあっさりとしたクセのないとんこつ味。
うまかっちゃん 博多からし高菜風味
高菜の風味をきかせたとんこつ味。
うまかっちゃん 久留米風とんこつ
濃厚な旨みがきいた久留米ラーメン仕立てのとんこつ味。
うまかっちゃん 熊本火の国流とんこつ香ばしにんにく風味
熊本ラーメン仕立てのとんこつ味。
うまかっちゃん 鹿児島黒豚とんこつ
鹿児島ラーメン仕立てのとんこつ味。
うまかっちゃん 担担とんこつ
ごまの風味と唐辛子の辛みがきいた担担麺仕立てのとんこつ味。
※うまかっちゃん<辛口味>復刻版
発売35周年を記念して2015年2月より期間限定発売。1986~1991年に発売された当時のパッケージデザインと現在の原料を使用してできるだけ当時の味を再現。麺は現在の「うまかっちゃん」と同じ。5個パックのみの販売[2]
※うまかっちゃんつけ麺<魚介とんこつ>
2015年3月より期間限定発売。こくのあるとんこつスープをベースに、鰹節節の2種類の魚介の香りと旨みをきかせた濃厚なおいしさのつけだれ。麺は「うまかっちゃん」とは異なるつけ麺専用である[3]
※うまかっちゃんつけ麺<辛みそとんこつ>
2015年3月より期間限定発売。こくのあるとんこつスープに、味噌の香りと旨みとピリッとした辛味をきかせた濃厚なおいしさのつけだれ。麺は「うまかっちゃん」とは異なるつけ麺専用である。
※うまかっちゃん 海老みそとんこつ
2016年8月より発売開始。豚骨スープに海老の持つ出汁の旨みと味噌の持つ香ばしさを程よくバランスさせた味噌とんこつ味。
※うまかっちゃん めんたいとんこつ
2017年2月より発売開始。豚骨スープに出汁の旨みを効かせ、辛子明太子の旨味と辛さを引き出したとんこつ味。HKT48との共同開発商品で、兒玉遥らの提案が採用された。
※うまかっちゃん 焦がし醤油とんこつ
2017年5月より発売開始。「うまかっちゃん」を製造するハウス食品福岡工場がある福岡県古賀市とのコラボレーション商品。「うまかっちゃん」が古賀市で生産されていることから、地元ブランドであることをアピールするために開発され、「古賀市」と「焦がし」を語呂合わせしたもの。古賀市から「焦がし商品」の認定ブランドの指定を受けている。

発売を終了した製品[編集]

みそとことん
味噌豚骨味ラーメン。ハウス食品福岡工場で製造されたので便宜上ここで取り上げる。
たまらんちゃん
細麺の豚骨ラーメン。こちらもハウス食品福岡工場で製造されたので便宜上ここで取り上げる。
うまかチャンポン
長崎ちゃんぽんの袋麺。CMには前川清が出演していた。
うまかっちゃん 濃い味
1984年2000年発売。通常の「うまかっちゃん」のスープを濃い目にした濃厚な味わいの豚骨ラーメン。2014年9月に発売35周年を迎えた記念として、復刻版5食パックが2014年12月1日[4]および2017年8月7日[5]より期間限定販売された。
うまかっちゃん 辛口
辛口ブームに伴い、1986年1991年発売。目盛りが印刷されたビニール袋入りの練り唐辛子が付属しており、好みの辛さにすることが出来た。2014年9月に発売35周年を迎えた記念として、復刻版5食パックが2015年2月2日より期間限定販売[6]された。
これが九州のラーメンうまかっちゃん まろやかとんこつ
東日本限定発売。
うまかっちゃん うまか九州みそラーメン
「みそとことん」の後継商品。
うまかっちゃん ぴり辛とんこつ
うまかっちゃん ごまとんこつ
2006年8月7日発売[7]
うまかっちゃん 博多焼きラーメン
焼きラーメンブームに伴い、2007年4月16日発売[8]。うまかっちゃんシリーズで唯一の焼きそば
うまかっちゃん 宮崎名物鶏の炭火焼風味のとんこつしょうゆ味
2008年8月4日発売[9]宮崎名物「鶏の炭火焼」風味のしょうゆとんこつ味。
うまかっちゃん 魚介とんこつ
2012年8月6日発売[10]枕崎産鰹だしの旨みと香りをきかせた魚介風味のとんこつ味。
うまかっちゃん うま辛かとんこつ
2013年5月13日発売[11]。特製の辛味オイルとあらびき唐辛子がきいた辛めのとんこつ味。

関連製品[編集]

オーザック うまかっちゃん味
九州・沖縄地区限定発売。
2009年12月7日より数量限定販売したところ好評だったため、2010年8月2日より再度限定販売が行なわれている[12]。また、2011年11月28日より再々度限定販売している。
うまかっちゃん炒飯の素(オリジナル),うまかっちゃん炒飯の素 からし高菜風味
2014年2月24日より、九州・沖縄地区および山口県限定発売[13]
うまかっちゃんとんこつつゆ,うまかっちゃんとんこつ鍋つゆ<ピリ辛仕立て>
2014年9月22日より、九州・沖縄地区および山口県限定発売[14]

広報活動[編集]

  • 発売当初から数年間、福岡市出身の漫画家長谷川法世の代表作『博多っ子純情』のキャラクター(郷六平・小柳類子)をイメージした実写CMを九州地区のテレビ局で放送し、CMのキャッチコピー「知っとうや?」(博多弁で「知ってるか?」の意)は流行語になった。CMには長谷川法世本人も「ラグビー編」で出演した。
  • 1999年には、進ぬ!電波少年懸賞生活で時の人となったなすびもCMに出演している。しかし、なすび本人にオファーしたのではなく、日本編が終了した時点でゴールのご褒美としてプレゼントされたラーメンが偶然にもうまかっちゃんであり、その映像を偶然見た広報担当者がオファーし、なすび本人が知らないまま、食事シーンを編集した映像が、同企画のナレーターを務めた木村匡也のナレーションと共に、全国放送された。
  • CMには西村知美長与千種高杢禎彦森口博子山崎銀之丞氷川きよしスザンヌ博多華丸・大吉田島芽瑠HKT48)など九州・山口にゆかりのある芸能人が出演した。新発売時以来一貫して学園が舞台となっており上記の出演者は主に教師、生徒役で出演している。2014年8月より放映のCMでは田中麗奈が教師役、HKT48メンバーの「なこみくコンビ」こと矢吹奈子田中美久が生徒役で出演している。
  • 2015年より放映のCMでは、HKT48のメンバーが生徒役で全員登場。メンバー兼支配人の指原莉乃が教師役で出演。メンバーは商品開発にもかかわっていた。
  • PRキャラクターは「うまか坊や」[15]
  • 2017年9月より放映のCMには、九州を拠点に活動するお笑い芸人のゴリけんが「うまか先生」に扮して出演している。

脚注[編集]

  1. ^ 過去の例であるが、1985年頃に大阪工場で生産された「オリジナル」が福岡県内で流通していたことが確認されている。
  2. ^ 「うまかっちゃん」<辛口>復刻版2月2日から九州・沖縄県および山口県にて期間限定で発売 ニュースリリース 会社情報 ハウス食品
  3. ^ 「うまかっちゃん つけ麺」 <魚介とんこつ><辛みそとんこつ>3月16日から九州・沖縄地区および山口県にて期間限定で発売 ニュースリリース 会社情報 ハウス食品
  4. ^ 「うまかっちゃん」<濃い味>復刻版 12月1日から九州・沖縄県および山口県にて期間限定で発売 | ニュースリリース | 会社情報 | ハウス食品
  5. ^ ハウス「うまかっちゃん」<濃い味>復刻版 8月7日から九州・沖縄県および山口県にて期間限定で発売 | ニュースリリース | 会社情報 | ハウス食品
  6. ^ 「うまかっちゃん」<辛口>復刻版2月2日から九州・沖縄県および山口県にて期間限定で発売 | ニュースリリース | 会社情報 | ハウス食品
  7. ^ ハウス「うまかっちゃん」<ごまとんこつ><鹿児島黒豚とんこつ>新発売<博多からし高菜風味><熊本揚げにんにく風味>フレッシュアップ : ニュースリリース : ハウス食品
  8. ^ ハウス 「うまかっちゃん 博多焼きラーメン」4月16日から九州地区および山口県で限定新発売 : ニュースリリース : ハウス食品
  9. ^ 「うまかっちゃん」<宮崎名物 鶏の炭火焼風味のとんこつしょうゆ味> 九州・山口県で8月4日から新発売!東国原知事イラスト付き商品も数量限定発売 : ニュースリリース : ハウス食品
  10. ^ 「うまかっちゃん」<魚介とんこつ>九州・沖縄地区・山口県で8月6日から新発売 | ニュースリリース | 会社情報 | ハウス食品
  11. ^ 「うまかっちゃん」<うま辛かとんこつ>九州・沖縄地区・山口県で5月13日から期間限定で発売 | ニュースリリース | 会社情報 | ハウス食品
  12. ^ ハウス オー・ザック うまかっちゃん味 8月2日から九州・沖縄地区限定で発売 - ハウス食品ニュースリリース 2010年7月14日
  13. ^ 「うまかっちゃん炒飯の素」「うまかっちゃん炒飯の素 からし高菜風味」2月24日から九州・沖縄地区および山口県限定で発売 - ハウス食品ニュースリリース 2014年2月21日
  14. ^ 「うまかっちゃん とんこつ鍋つゆ」 「うまかっちゃん とんこつ鍋つゆ」<ピリ辛仕立て> 9月22日から九州・沖縄地区および山口県限定で発売 - ハウス食品ニュースリリース 2014年9月16日
  15. ^ ハウス食品:「うまかっちゃん」発売35年キャンペーン - 毎日新聞(2014年9月16日)

関連商品[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]