桂枝太郎 (3代目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
3代目 桂 枝太郎かつら えだたろう
本名 佐々木 修市
生年月日 (1977-08-28) 1977年8月28日(39歳)
出身地 日本の旗 日本岩手県
師匠 桂歌丸
名跡 1. 桂歌市(1996年 - 2000年)
2. 桂花丸(2000年 - 2009年)
3. 3代目桂枝太郎(2009年 - )
活動期間 1996年 -
所属 落語芸術協会
公式サイト 枝太郎ねっと

3代目桂 枝太郎(かつら えだたろう、本名・佐々木 修市(ささき しゅういち)、1977年8月28日 - )は、日本落語家である。落語芸術協会マセキ芸能社所属。2009年(平成21年)5月1日真打昇進と同時に3代目「桂枝太郎」を襲名した。前名は桂 花丸(かつら はなまる)である。

岩手県胆沢郡衣川村(現・奥州市)出身。岩手県立岩谷堂高等学校卒業。

略歴[編集]

人物[編集]

  • 高校時代に郷里で4代目桂米丸の落語を聞き感動、落語家を志す。米丸の紹介により桂歌丸の直弟子となり、修行を始める。
  • 入門以来、横浜市中区黄金町に居住。歌丸は著書の中で「不肖枝太郎が最後の弟子になる。」と言明している。
  • 2009年5月1日、岩手県出身の落語家としては初となる真打昇進と同時に大名跡「桂枝太郎」を襲名した。
  • 古典落語はもとより、自ら創作する新作落語にも意欲的に取り組んでいる。三宅右近に師事し狂言を学んでおり、狂言を題材とした新作も制作している。
  • 通常歌丸の弟子は「歌」の名前が入った高座名となるのが通常であり、歌丸の預かり弟子である歌春を含めて4人の兄弟子も例外ではなく、枝太郎自身の前座時代の高座名も「歌」の文字が入っているものであった。しかし、本人の希望により、歌丸の「丸」の文字が入っているものを歌丸に希望したとされ、歌丸曰く、「学校の成績が良くなかったから、名前だけでも丸が欲しいのではないか」という理由から、二つめ時代は「花丸」になったとのこと。
  • 2009年、4月6日、新宿京王プラザホテルにて真打昇進披露パーティーが行われ、事務所の先輩に当たるウッチャンナンチャン南原清隆が代表して祝辞を行った。
  • 真打披露に伴い、同じ奥州市出身の漫画家、吉田戦車が手拭い、寄席の後ろ幕デザインを担当。 ザ・プラン9から寄席の幟が贈呈された。
  • 2009年、フジテレビ「爆笑レッドザブトン」にて、「レッドザブトン賞」受賞。審査員長は松尾貴史、審査員アイドリング!!!
  • 2009年、2010年の東京新聞テレビCM出演。女優、紺野まひると共演。
  • 東京新聞ほっとWebにて連載コーナー執筆。漫画家の吉田戦車、歌舞伎俳優の尾上松也、水泳の寺川綾玉川スミいとうあさこ等とのインタビュー対談。
  • 2015年、乃木坂46の舞台「じょしらく」落語指導。2016年、「じょしらく弐」落語指導も決定。乃木坂46から寄席の幟を贈呈されている。
  • 岩手県出身で、東日本大震災後は被災地を訪問することが多い。
  • タレントとしてマセキ芸能社に所属しており、キングコング西野亮廣インパルス堤下敦鳥居みゆきなど、テレビタレントとも幅広く交流、共演している。
  • 2015年、「”行けないけど頑張って”とパフォーマーに気軽に言うのは止めた方がいい」と書き、Twitterが炎上。声優の緒方恵美諏訪部順一がTwitterで賛同したが、批判のコメントも多く、Yahooニュースのトップになる。同じ炎上芸人で友人のキングコング西野亮廣に相談するも「慣れや。おれ毎日炎上してるもん」と言われ、全く参考にならなかったと話している。
  • 2010年、花巻東高等学校での芸術観賞会で落語をした際、生徒として観劇していた日本ハムファイターズ大谷翔平が野球部全員と共に楽屋まで挨拶に訪れ、「面白かったです」と御礼を言い、交流する姿が岩手朝日テレビで放送された。
  • 素人弟子(落語芸術協会所属ではない)として、豆しば原作者のキム・ソクウォンが「桂豆太郎」の芸名で一番弟子。また、じょしらくをきっかけに、乃木坂46能條愛未が弟子になり「桂枝毛」と命名されたが本人が断ったエピソードがある。

笑点[編集]

日本テレビ系「笑点」の大喜利では、花丸当時の2004年ころから、三遊亭愛楽とともに座布団運びのアシスタントとして「笑点」に出演している。

2009年5月31日放送の笑点では、「落語芸術協会 真打昇進披露口上」にも登場し、枝太郎は、「笑点のアシスタントとして、たい平師匠には『毒の盛り方を教わった』」とネタにし、「から殺気を感じる」と自虐していた。

2012年4月29日放送の笑点では、若手大喜利のメンバーとして登場し、「初めてうちの師匠にほめられました…それが最期の言葉でした」と、六代目圓楽並の歌丸死去ネタを披露していた。

代表的な演目[編集]

※当代から習って持ちネタとしている芸人。

「アンケートの行方」
父と子の、職場と学校で配布されたアンケート用紙をめぐる騒動。※六代目三遊亭圓楽三遊亭愛楽、二代目三笑亭夢丸サンドウィッチマン
「狂言マック」
狂言師の「和泉」がマクドナルドの店員になるドタバタ。※三笑亭可龍柳家蝠丸エネルギー
「ぼくの夏休み」
地方の田舎が舞台の、少年のひと夏の物語。
「自家用車」
二代目桂枝太郎作。アレンジをして当代も演じている。※三笑亭夢花
「ユギヤナギ」
東日本大震災後の陸前高田を舞台に、実際にあった出来事をモチーフに落語化。題名は、歌手松本哲也の歌のタイトルに影響を受けたとされている。
附子
狂言師、三宅右近から習い落語化したもの。※三遊亭愛楽、二代目三笑亭夢丸
「蚊相撲」
三宅右近から習い落語化したもの。※三笑亭夢花

関連項目[編集]

  • 桂枝太郎…先代の最後の弟子が、歌丸一門の惣領弟子である桂歌春(本稿での枝太郎の兄弟子)である。
  • 笑点山田隆夫のアシスタント兼前説として出演。
  • 小沢一郎…祖父が岩手県衣川村議会議長をしているころからの家族ぐるみの付き合いで、真打昇進・枝太郎襲名の御祝い文を寄せている。

外部リンク[編集]