アナスイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アナスイ
Anna Sui Corporation
Annasuioffice.jpg
デザインを担うアナ・スイ
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニューヨーク市
設立 1980年[1]
業種 奢侈品
外部リンク http://www.annasui.com/jp/#/home
特記事項:CDFAペリー・エリス賞
タイム誌 - ディケイドのトップ5ファッションアイコン[2]
CFDA Geoffrey Beene Lifetime Achievement Award[3]
Bravo A-List Award
Classic Icon of Fashion and Design
テンプレートを表示

アナスイ」(ANNA SUI)は、米国出身の同名のファッションデザイナーの制作による、1980年設立の女性向けファッションブランド[4]米国・ニューヨークに本社を置く「アナ・スイ」社の基幹ファッションブランドで、婦人服のほか、時計アクセサリー、靴、フレグランス、アイウェア、ジュエリー、ギフト、バッグ、ならびに化粧品などを展開している[5]

彼女は「ディケイドのトップ5ファッションアイコン」に選ばれた[6]、2009年参加し、アメリカファッションデザイナーズ評議会(CFDA)からジェフリービーン功労賞を獲得しました、のランクにラルフローレンイヴ・サンローランジョルジオアルマーニ、とダイアンフォンファステンバーグ[7]

初期の人生と家族の起源[編集]

デザイナーのアナ・スイ(Anna Sui、中国語名:蕭志美[8]1964年8月4日[9][10][11] - )は、フランスの移民中国系アメリカ人の2世としてミシガン州デトロイトに生まれた。スリの父は、エンジニアリングと彼女の母親、絵の勉強をしていたところ、パリのソルボンヌ大学在学中に彼女の両親は出会った。[12]。彼女の父方の祖父母は、蕭毓蘭タヒチ - 中国の実業家だった、と彼の妻丘帶娣。[13][14] 彼女の母方の祖父母の牙志方治先生は(方治)、琉球諸島への中国の外交官と彼の日本人の妻 Masue Ueki でした、2は、東京帝国大学在学中出会いました。[15][16][17]

デザイナーの道を志したのは4歳の時で、その頃から自身の服をデザインしていたという[18][19]

十代の頃、彼女はライフマガジンのMia Fonssagrives-Solowの成果についての記事を読み、ニューヨークのパーソンズ美術大学を卒業し、パリに移住しました。パリエリザベス・テイラーリチャード・バートンが成功した女の子とブティックをオープンしました。アナスイは、彼女の若い頃の重要な瞬間として、この記事を読んでクレジットこれは彼女に彼女の将来のための彼女の目標に明確な方向性を与えました。[20] 彼女はその後、ニューヨークと出席パーソンズに移動しました。[21]

ニューヨークパーソンズ美術大学を卒業。写真家のスティーブン・マイゼルは同級生にあたり、彼の撮影のスタイリングを担当した以来の親友でもある。同大卒業後、数社の水着・スポーツメーカーでデザイナーとして働いた。

初期のキャリア[編集]

カーリー・クロスは、2011年9月にアナスイショーで滑走路にポーズ。

パーソンズで彼女の二年目を終えた後、アナスイは後輩の衣類のラベル Charlie's Girls によって雇われました。[22] 彼女はスポーツラベルに設計することによって、彼女の技術を学んだところ、これは複数のジョブの最初でしたそして、写真のスタイリングを行うと、友人や元パーソンズ同級生スティーヴン・マイゼルで撮影します。この時間の間に、彼女はまた、設計と彼女のアパートの外に服を作り始めました。アナスイは彼女がロックスターをドレスアップしたいという願望によって彼女自身の上で動作するように促されたと述べました。[23] スポーツウェア会社のために働いている間、Glenoraは、彼女はニューヨークトレードショーに5枚の彼女のコレクションをもたらしました。そこに、彼女はニューヨークのデパートのカップルの注目を集めました。数週間後、これらの服は、ニューヨークタイムズ広告で紹介されました。[24] 彼が広告を見て、その場で彼女を焼成したとき、彼女のマネージャーが激怒しました。仕事をせずに放置すると、アナスイは彼女に貯蓄$ 300を取り、彼女のアパートのリビングルームの隅から事業を開始しました。[25] 数年間、隋は彼女のアパートの外に会社を走りました。 この時間の間に、彼女はスペア収入のために奇数の仕事を行うと彼女のビジネスにすべての彼女の利益を再投資することになります。

1980年代には、シャネル、ラクロワとはヴェルサーチは、標準の設定などの企業と、「パワー・ドレッシング」の高さでした。 アナスイは、次のビッグネームのファッションハウスに立ち上がるのに苦労しました。彼女は、伝統的なファッションハウスから身を離れ期間のいくつかのデザイナーの一人でした、その代わりに、彼女はそのようなマークジェイコブス、ダリル・Kとトッド・オールダムなどのデザイナーと一緒にグランジファッションシーンを探求しました。1980年代後半では、アナスイは、次のグローバルカルトを得ていました、このようなオンワード樫山伊勢丹のように日本のファッション強豪の注目を集めて。 アナスイはすぎなかった90年代半ばの日本事業を拡大するために行くだろう。[26][27]

1991年、スティーヴン・マイゼルとアナスイのスーパーモデル友人、ナオミ・キャンベルリンダ・エヴァンジェリスタ一緒になって、滑走路のショーをしようとする彼女を奨励しました。彼女はミートパッキング地区ニューヨーク市の中の小さなスペースを借りて、彼らに衣服を与えることによって、モデルを支払いました。 成功したショーはアナスイのキャリアの最大の突破口でした。 ニューヨーク・タイムズは、隋の有名人の滑走路のモデルを参考にコメント:「それらの美しさ[キャンベルとエヴァンジェリスタ]は彼らの名声の高さで、その後であったことは、隋はバイヤーから得た受信やニュースメディアをかき立てる助けました。」[28]

アナスイのファッションライン[編集]

キャロライン・トレンティーニアナスイ春/夏2011年のため。
113グリーンストリートのオリジナルの旗艦アナスイ店、ニューヨーク市。

1991年に初のランウェイショーを開いた。[29] 彼女の最初のショーから、アナスイは彼女のコレクションを披露する彼女の気楽、気まぐれな、自家製と面白いアプローチのために知られていました。雰囲気は多くの場合、明確なパーティーの雰囲気を持っていたし、ゲストと参加者のふざけた態度は、期間の明確な文化的なシーンとして説明しました。[30]

1992年、自身の念願であった初のブティックをニューヨーク・ソーホーのグリーンストリートに開店。[29] 旗艦店は知られていたその赤の床、アンティーク黒の家具、署名ドリーヘッドマネキン、そして彼女は彼女自身を描いたその紫の壁。[31]

1993年には、アナスイ株式会社はハリウッドラ・ブレア・アベニューカバレッジを拡大し、制御する北米の分布の店をオープンしました。[32]

で製造アナスイ靴、ヴェネツィアはイタリアが、1994年に秋コレクションのため滑走路に初演。その後、彼女は「Sui by Anna Sui」と呼ばれる拡散ファッションラインの生産を開始しましたそしてイタリアのファッションハウスとブルージーンズライン、Gilmar S.p.A.。 同じ年、アナスイとマークジェイコブスはまたGilmarの Cento x Cento と Iceberg ブランドラインは、それぞれのためのコンサルティングを開始しました。[33][34][35][36]

1995年に開始し、アナスイのデザインは、ヴォーグパターンで定期的に展示されました。スタイル誌と彼女のデビューは期間パルプ雑誌の漫画に触発された彼女の春/夏1995年コレクションからドレスを特色そしてパフ袖、正方形の肩、1940年のファッションの戦争配給年の間に人気の花柄ワンピースファッション。[37] ヴォーグは、後に今シーズンのトレンドとして、この1940年の花のスタイルを発表するだろう。[38]

レッド・ホット・チリ・ペッパーズが唯一の下着に彼女のショーのための滑走路に登場のときにデイヴ・ナヴァロ春/夏1997ファッションコレクションについて、アナスイはかなりのメディアの注目を集めました。[39][40]

世界進出[編集]

リウ・ウェンアナスイの滑走路に/冬2010年秋。

日本においては1996年から本格的な商品展開を始動、主要都市のブティックや百貨店などで販売している[41]。アパレル分野はオンワード樫山が事業会社となっており、伊勢丹が販売権を有する。化粧品は現在P&Gに買収され、同社の一部門にあたるウェラと提携、日本ではコーセーの系列会社にあたるアルビオンがライセンスを保有している。彼女が持つ12か国、381店舗のうち80店舗以上が日本にあり、主に日本を中心としたアジアで展開しているブランドである。

1997年にはアジア地域初のブティックを日本東京に開店した流通・販売ライセンスを通じ伊勢丹[29] アナスイはまた、靴のラインを作成するためにイタリアの靴職人Ballinと提携しました。[37]

1998年には自身の夢であったという化粧品ライン「アナスイ・コスメティックス」を発表している。

1999年には、アナスイは彼女の香りを開始しましたウエラ化粧品ラインを持つアルビオン[29]

2003年には、設計者は彼女のDolly Girl香り立ち上げ一緒にDolly Girlシリーズでいくつかの限定版セットを持ちます。[29] 同じ年には、ウエラAGは、パートナーシップを継続し、プロクター・アンド・ギャンブルに買収されました。[42]

アナスイは、と提携しましたゴンゾ彼らの2004年のテレビシリーズの文字のための衣装をデザインします巌窟王 (テレビアニメ)。シリーズが緩く基づいていたモンテ・クリスト伯フランスの著者によってアレクサンドル・デュマ[43]

2005年、隋は、サムスンはヴォーグと提携して、携帯電話を設計することにより、接触させました。介して利用可能だった限定版の携帯電話は、Tはモバイル製品は時折eBayのを販売のため来て最初の月で完売します。[44][45][46] アナスイはまた、アンソロポロジーと提携しましたAnna Sui for Anthropologieと呼ばれるファッションのコレクションを起動します。[47][48]

2006年には、アナスイは限定版を開始しましたAnna Sui Boho、バービー人形マテルとの提携インチ。 彼女は後にヴィクトリアズ・シークレットはと呼ばれると限定版のコレクションを発表しましたAnna Sui for Victoria's Secret。 [29]

2007年にハローキティ30周年記念のために、アナスイは、マイルストーンへのオマージュで限定版のコレクションを作成するために、日本企業と提携しました。eBayでオーバー$100.00 USDのために、このコレクションの販売からのぬいぐるみ。[49]

2008年には、アナスイは彼女の前のフレグランスラインにフォローアップするために、日本のドリーガールの服のコレクションを立ち上げました。その後2008年に、彼女はと提携日産は、カスタマイズされた車、各種のロードショーで紹介されました日産350Zアナスイ限定版を設計します。

専門コレクション[編集]

ジェシカ・スタム2009年2月にアナスイショーを歩きます。
Suiの冬2010年ショーの中のモデルのパレード。

2009年には、アナスイはゴシップガールインスピレーションを得たラインを生成するためにターゲット・コーポレーションと提携しました。ダウンタウンのエッジにニューヨークのアッパーイーストサイドのスタイルを組み合わせた服のラインは、Anna Sui for Targetを呼ばれます。限定版のコレクションは9月に数週間のために利用可能でした。知られている子どもたちの行は、Anna Sui Miniは、日本では2009年初めにデビューしました。[50] 彼女はミーロック!年内に発売さ香りを。[50] 彼女はさらに、との販売契約を締結したMondotticaアナスイアイウェアブランドの眼鏡の配布のための[51] そして、Blissと呼ばれるとのコラボレーションコレクションを発表Anna Sui for FitFlop。[52][53] 2009年後半では、隋が中国ファッションアワードでファッションデザイン賞のクラシックアイコンで提示された北京そして、CFDAと彼女のネイティブニューヨーク市でのジェフリービーン功労賞。[50][54]

2010年には、設計者がでAndrew Boltonは彼女の20年のキャリアを年代記彼女の最初の本を出版するために協力しました。[55] 同じ年、彼女はForbidden Affair香りを開始しました。

2011年に、彼女はHush Puppies2011年秋のファッションショーでデビューした限定版の靴のコレクションを作成するには、と提携しました。彼女はにもトゥミがスーツケースと旅行アイテムのラインを作成すると、パートナーを続けました。[56] 年内に、隋は、グーグル作成するには、テーマにしたGoogle Chromeのウェブブラウザ拡張機能とのコラボレーション。[57] 彼女はまた、InterParfums香りと香水の配布用と香りライセンスを締結しました。[29]

2012年、隋はとのコラボレーションコーチとAnna Sui for Coachと呼ばれるハンドバッグのラインを作成しました。[58] 設計者は、デザイナーのファッションショーのためのサングラスを生産するためにMondotticaとFellow Earthlingsとの連携に取り組みました。[59]

月から2013年11月に、スーツ1999年と2000年のコレクションから服がで取り上げたファッション工科大学その展示の一部として RetroSpective: Fashion & Textile History Gallery[60] 11月、アナスイとではアルビオンASOS ヨーロッパ内の秋/冬2013アナスイ化粧品ラインを起動すると提携。シリーズは、ディズニーとのコラボレーションを特色にしました。[61]

2014年2月2日には、イ・ミンホが発表用Anna Sui for Fila代わってコレクションAnta SportsそしてFila China。[62][63][64] 4月には、隋が母国に戻ったデトロイトフォードマスタングの50周年を祝うマスタングアンリーシュドコレクションを作成するには、フォード・モーター・カンパニーと提携します。[65] 4月以降で、隋や香港、I.T. Apparel、ラボメイドと提携し、液体窒素アイスクリームの曖昧な市場を開拓するための有名な香港アイスクリームのベンダー。コラボレーションは、2014年4月を通じて、同社の尖沙咀ブランチで紹介されましたアナスイ×ラボメイドポップアップストアを特色にしました。コラボレーションはまた、紫色のアイスクリームの隋の独自の味を特色にしました。[66] 7月には、アナスイはソウル内のザ・リッツ・カールトンホテルのフルスケールのランジェリーファッションショーで進水したアルヴィン韓国株式会社と韓国のランジェリーのラインを立ち上げました。[67] 10月には、アナスイはベストバイと呼ばれる彼らのデザイナーのシリーズの一部として、Anna Sui x Best Buyを持つCFDA起動するためのコラボレーションと提携しました。[68]

2015年3月に、彼女はと伊勢丹美少女戦士セーラームーンと提携新宿内の伊勢丹店で紹介されましたセーラームーン×アナスイのコレクションを起動します。[69][70] 設計者は、とも呼ばれるコラボレーション作成するために、フランスのデザートメーカーラデュレと提携Anna Sui x Ladurée、Les Merveilleuses Laduréeコレクションの一部として。[71][72] 2015年4月では、彼女はと提携Anna Sui for O'Neill、O'Neillのためアナスイというタイトルのコラボレーションコレクションを起動するには、カリフォルニアのビーチのシーンに触発さのコレクション。[73] その後、2015年6月に、隋はグリーンストリートにその前の23年間の長い場所からブルームストリートに彼女のソーホー旗艦店を移転しました。[31][74] 8月には、彼女はアメリカのブーツメーカーThe Frye Company隋の秋/冬用のブーツを開発するために、2つの家の間で以前の連携を拡大し、Anna Sui x Fryeというタイトルの限定版のコレクションを、起動すると提携しました2015ファッションショー。コレクションには、ヒストリーチャンネルのショーヴァイキングスカンジナビアの文化に触発させました。[75][76][77][78] シンガポールのゴールデンジュビリーは、アンナがShentonistaのブログシリーズで紹介記念SG50トートバッグを作成するには、UniformとShentonistaと提携しました。[79] その後2015年11月で、Starbucks x Anna Suiは、コレクションが発表された、喫茶店チェーンとファッションデザイナーの間の休日のコラボレーション。[80][81]

2016年1月には、スターバックスオンライン販売を経て隋とのコラボレーションラインを続けました。[82] 2月では、彼女はと提携Opening CeremonyもRenli Su、Ms Minと他の中でヴィヴィアンタムのようなブランドを特色にし、ラベルの「年の中国の「春夏2016コレクションで協力します。[83][84] その後3月に三越伊勢丹とその子会社Mamminaは呼ばアナスイ社との新たなブランドのパートナーシップを発表しましたThe Souvenir Shop Anna Sui。[85] ラインは旅行小売アイテムやファッションアクセサリーをカバーしています。発表は、ケイタマルヤマ日本人デザイナーで別の伊勢丹のパートナーシップの立ち上げと同時に来ました。[86] 繁華街に初めてアナスイのファッション製品をマーキング空港で立ち上げ店は免税品として入手可能でした。[87] 2016年6月には、アナスイのデザインの歴史的遡及的には北京SKPデパートで展示されていました。コレクションには、現在の日を通じて1991年に彼女の最初のショーからさかのぼる象徴的なアナスイのデザインアイテムや衣装を特色にしました。[88][89]

受付[編集]

「アナスイ」のタオル(左)と「イブ・サンローラン」のハンカチ(2013年・日本)
カーリー・クロス2011年9月アナスイショーで滑走路に。

ファッションの主流に“アジアンテイスト”(アジア風味)を持ち込んだ先駆的な存在と言われる[90]。艶のあるバラ・蝶のモチーフや主に水色・黒系・紫系の色遣いが特徴的。スイ・ドリームなどの香水が有名である。化粧品はティーローズと言われるバラの香りがするものが多い。婦人服・小物・アクセサリーなど煌びやかで妖艶な雰囲気のアイテムを発表している。また、刺繍などが施された華やかで可愛らしいアイテムも発表している。

彼女の革新的な仕事のため、Anna Suiはニューヨークタイムズによるデザイナー「決してパンダ」と呼ばれています。[91] 彼女は十年のトップ5のファッションアイコンのタイム誌のリストに名前を付けられたの区別を獲得しました。[2] アナスイの作品は広く、全体としてジャーナリスト業界で、特にファッションプレスで両方カバーされています。彼女の季節のショーを定期的にヴォーグStyle.comレディスデイリーや他の多くのニュースや社説のプラットフォームで覆われています。メルセデスベンツファッションウィークは彼女の断固たる態度を引用し、彼女のキャリア「クラシックなアメリカンサクセスストーリーと呼ばれます。設計者は、"あなたは彼らが常識を超えた場合でも、あなたの夢に集中する必要があります。どのようにデトロイトの郊外からこの若い女の子がニューヨークで成功になるだろうか?それは常にその夢だった」と述べました。[92] レビューは、一般的に、設計者の研究と彼女は様々なトレンドと歴史と現在の両方のトピックで一緒に結ぶの徹底を参照してください。

アナスイのデザインは、次のような多くの有名なクライアントを魅了し続けるブレイクナオミ・キャンベルソフィア・コッポラリヴ・タイラーケイト・ミドルトン[93] コートニー・ラブ

ビジュアルモデル[編集]

ワークス[編集]

Karmen Pedaru2011年11月アナスイショーで。
フリーダグスタフ2011年11月中に滑走路に。

香水や化粧品[編集]

アナスイは、設計者はほとんどが様々なサイズで来て、多くの化粧品および26個々のフレグランス製品を発売した今日まで、1999年に彼女の香りと化粧品のラインを導入しました。

以下は、アナスイフレグランスコレクションのリストです:

Year Fragrance Partner Notes
1999 Anna Sui Classic[96] Wella AG
2000 Sui Dreams[97] Wella AG Sui Dreamsコレクションの一部
2002 Sui Love[98] Wella AG
2003 Dolly Girl[99] Wella AG/Procter & Gamble Dolly Girlコレクションの一部
2004 Dolly Girl Ooh La Love[100] Procter & Gamble Dolly Girlコレクションの一部
2005 Secret Wish[101] Procter & Gamble Secret Wishコレクションの一部
2006 Dolly Girl On The Beach[102] Procter & Gamble Dolly Girlコレクションの一部
2006 Secret Wish Magic Romance[103] Procter & Gamble Secret Wishコレクションの一部
2007 Dolly Girl Bonjour L'Amour[104] Procter & Gamble Dolly Girlコレクションの一部
2007 Flight Of Fancy[105] Procter & Gamble Fancyコレクションの一部
2008 Dolly Girl Lil' Starlet[106] Procter & Gamble Dolly Girlコレクションの一部
2008 Night of Fancy[107] Procter & Gamble Fancyコレクションの一部
2009 Live Your Dream[108] Procter & Gamble
2009 Rock Me![109] Procter & Gamble Rock Meコレクションの一部
2010 Forbidden Affair[110] Procter & Gamble
2010 Rock Me! Summer of Love[111] Procter & Gamble Rock Meコレクションの一部
2012 Anna Sui Fairy Dance Secret Wish[112] InterParfums
2013 La Vie de Bohème[113] InterParfums Bohèmeコレクションの一部
2013 Tin House Fairy Dance[114] InterParfums Tin Houseコレクションの一部
2013 Tin House Flight of Fancy[114] InterParfums Tin Houseコレクションの一部
2013 Tin House Forbidden Affair[114] InterParfums Tin Houseコレクションの一部
2013 Tin House Secret Wish[114] InterParfums Tin Houseコレクションの一部
2014 La Nuit de Bohème[115] InterParfums Bohèmeコレクションの一部
2014 La Nuit de Bohème Eau de Parfum[116] InterParfums Bohèmeコレクションの一部
2014 Sui Dreams in Pink[117] InterParfums Sui Dreamsコレクションの一部
2015 Romantica[118] InterParfums Romanticaコレクションの一部
2015 Sui Dreams in Green[119][120] InterParfums Sui Dreamsコレクションの一部
2016 Sui Dreams in Yellow[121] InterParfums Sui Dreamsコレクションの一部
2016 Lucky Wish[122][123] InterParfums Secret Wishコレクションの一部
2016 Romantica Exotica[124] InterParfums Romanticaコレクションの一部

外部リンク[編集]

参考文献[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ アナスイについて - About ANNA SUI』 2008年1月29日 Fashionsnap.com
  2. ^ a b Chinese American Heroine: Anna Sui”. AsianWeek (2010年2月12日). 2014年8月29日閲覧。
  3. ^ Past Winners”. cfda.com. Council of Fashion Designers of America. 2015年10月23日閲覧。
  4. ^ アナスイについて - About ANNA SUI』 2008年1月29日 Fashionsnap.com
  5. ^ アナ スイとは > アナ スイ【ANNA SUI】講談社『世界の一流ブランドがわかる事典』 2010年 コトバンク
  6. ^ Griffith, Hayley. “What's Next for Anna Sui”. Huffington Post. http://www.huffingtonpost.com/hayley-griffith/whats-next-for-anna-sui_b_802782.html 
  7. ^ CFDA Past Winners”. CFDA.com. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  8. ^ アナ・スイ2012春夏コレクション』 2012年 ファッションTV
  9. ^ Anna Sui Style.com Profile”. Style.com. Condé Nast. 2014年8月29日閲覧。
  10. ^ Paton, Elizabeth (2012年3月2日). “Still Swinging”. Financial Times. http://www.ft.com/intl/cms/s/2/1e5b5062-623e-11e1-820b-00144feabdc0.html#axzz3BlkRvQg5  エラー: 日付が正しく記入されていません。
  11. ^ 8月4日はアナ・スイの誕生日です』 2014年8月4日 FASHION HEADLINE
  12. ^ Anna Sui』 : “Story of my FamilyA DIFFERENT IMMIGRANT EXPERIENCE(p.87) スーザン・ムアディ・ダラージ 2009年 インフォベース出版 ISBN 978-1604135701 (英語)
  13. ^ Anna Sui Makes it Personal: The designer blended her Polynesian heritage and her bottomless appetite for pop culture into one convincing catwalk whole.”. BusinessOfFashion.com (2015年9月19日). 2015年10月28日閲覧。
  14. ^ 漫话深圳历史文化地标”. linjia114.com. 邻家文化科技有限公司 (2013年9月13日). 2015年11月4日閲覧。
  15. ^ Public Affairs Department (1972). Ryukyus Today. United States Civil Administration of the Ryukyu Islands: Office of Public Information. //books.google.com.sg/books?id=FbNHAQAAIAAJ&q=fang+chih+ryukyu&dq=fang+chih+ryukyu&hl=en&sa=X&ved=0CBsQ6AEwAGoVChMI_t2xhJ7QyAIVBgqOCh1ODgTV. 
  16. ^ 琉球之友” (Japanese). Ryukyu Shimpo (2008年12月1日). 2015年11月11日閲覧。
  17. ^ Sui, Anna (2004年). Fashion Designer Anna Sui'sTalkAsia Interview. インタビュアー:Hahn, Lorraine. CNN.. TalkAsia.. Hong Kong. http://edition.cnn.com/2004/WORLD/asiapcf/08/06/talkasia.sui.script/ 2016年3月1日閲覧。 
  18. ^ アナ・スイ』 2008年7月1日 ヴォーグ
  19. ^ Muaddi Darraj, Susan (2013). Anna Sui. New York: Infobase Learning. ISBN 1438144911. //books.google.com/books?id=-r5bAgAAQBAJ&printsec=frontcover&source=gbs_atb#v=onepage&q&f=false. 
  20. ^ About Anna Sui”. AnnaSui.com. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  21. ^ Sui, Anna”. VintageFashionGuild.org. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  22. ^ Anna Sui”. Voguepedia.com. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  23. ^ Sui, Anna (2010年12月15日). Fashion: Anna Sui. インタビュアー:Marie Presley, Lisa. Interview.. Fashion.. London. http://www.interviewmagazine.com/fashion/anna-sui/#_ 2016年3月30日閲覧。 
  24. ^ How I Started...24 – Anna Sui”. TheGroundMag.com. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  25. ^ Anna Sui: Label Overview”. NYMag.com. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  26. ^ Callahan, Maureen (2014). Champagne Supernovas: Kate Moss, Marc Jacobs, Alexander McQueen, and the '90s Renegades Who Remade Fashion (illustrated ed.). New York City: Simon and Schuster,. ISBN 1451640595. https://books.google.com/books?id=oTFvAAAAQBAJ&pg=PA111&lpg=PA111&dq=anna+sui+onward+kashiyama&source=bl&ots=lHHSV995V9&sig=MAGRzk7Mse8ycQ6kStNrHXA2hGA&hl=en&sa=X&ved=0ahUKEwjHzIvitcLMAhWCVI4KHam5CO0Q6AEIbjAL#v=onepage&q=anna%20sui%20onward%20kashiyama&f=false. 
  27. ^ A Japanese Connection”. nytimes.com. The New York Times (1995年11月28日). 2016年5月5日閲覧。
  28. ^ Trebay, Guy (2009年2月11日). “The New York Times "Testing Her Strong Suit"”. http://www.nytimes.com/2009/02/12/fashion/12runway.html  エラー: 日付が正しく記入されていません。
  29. ^ a b c d e f g Anna Sui Brand Timeline”. AnnaSui.com. Anna Sui Corporation (2015年). 2015年11月19日閲覧。
  30. ^ When Fashion Shows Were Fun”. New York Times (2015年9月8日). 2015年10月30日閲覧。
  31. ^ a b Anna Sui Relocates SoHo Flagship: Anna On The Move”. Women's Wear Daily (2015年7月18日). 2015年10月23日閲覧。
  32. ^ Designer Anna Sui's New Hollywood Production”. Women's Wear Daily. 2015年11月18日閲覧。
  33. ^ Sleek Coflections Go From Runway to Closet”. Detroit Free Press (1995年3月20日). 2016年5月5日閲覧。
  34. ^ Sui on Show”. independent.co.uk. Independent (1995年3月10日). 2016年5月5日閲覧。
  35. ^ Patterns”. nytimes.com. The New York Times (1997年12月16日). 2016年5月5日閲覧。
  36. ^ French Tops Italian: Little Touches Are Big”. sun-sentinel.com. Sun-Sentinel (1995年3月5日). 2016年5月5日閲覧。
  37. ^ a b Bolton, Andrew (2013). Anna Sui. New York: Chronicle Books. ISBN 1452128596. //books.google.com.sg/books?id=veh5m5QdWL8C&printsec=frontcover&dq=anna+sui&hl=en&sa=X&redir_esc=y#v=onepage&q=anna%20sui&f=false. 
  38. ^ Anna Sui: Vogue Patterns, Part 1”. pattern-vault.com. PatternVault (2013年12月21日). 2016年3月29日閲覧。
  39. ^ f.people Anna Sui”. Fashion TV (2016年). 2016年3月30日閲覧。
  40. ^ Dave Navarro Interview”. US Magazine (1997年11月). 2016年3月30日閲覧。
  41. ^ ANNA SUIであったらいいもの つぶやき募集』 2011年1月14日 Fashionsnap.com
  42. ^ Procter & Gamble Nears Deal To Buy Wella for $5.9 Billion”. Wall Street Journal (2003年3月18日). 2016年3月1日閲覧。
  43. ^ About Gankutsuou: The Count of Monte Cristo”. RightStufAnime.com (2016年). 2016年1月7日閲覧。
  44. ^ Anna Sui Mobile By Samsung: The Mobile Phone Fashion Accessory”. GizMag.com (2005年2月22日). 2015年11月18日閲覧。
  45. ^ The Anna Sui Mobile by Samsung”. Engadget.com (2015年2月22日). 2015年11月18日閲覧。
  46. ^ Anna Sui Mobile by Samsung”. Manila Bulletin (2005年3月3日). 2015年11月18日閲覧。
  47. ^ The One that Got Away, Courtesy of Anthropologie and Anna Sui”. Harper's Bazaar (2010年10月18日). 2015年7月7日閲覧。
  48. ^ Anna Sui”. Anthropologie.com (2016年). 2015年1月7日閲覧。
  49. ^ Anna Sui × Hello Kitty”. HelloKittyLimited.blogspot.sg (2009年10月8日). 2016年1月7日閲覧。
  50. ^ a b c 2009”. AnnaSui.com (2015年). 2015年10月23日閲覧。
  51. ^ Our Story”. Mondottica.com (2015年). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  52. ^ Anna Sui for FitFlop”. TheGoodWebGuide.co.uk (2009年11月14日). 2016年1月7日閲覧。
  53. ^ Anna Sui launches coloured contact lenses to Asian market”. OpticianOnline.net (2015年2月11日). 2016年1月27日閲覧。
  54. ^ (Video) Interview with Anna Sui on her background, fashion & Anna Sui fragrances. (2014年1月25日). //www.youtube.com/watch?v=qT1LYcYer5s 2015年11月21日閲覧。 
  55. ^ 2010”. AnnaSui.com (2015年). 2015年10月23日閲覧。
  56. ^ 2011”. AnnaSui.com (2015年). 2015年10月23日閲覧。
  57. ^ Theme: Anna Sui”. Chrome Web Store. Google, Inc. (2011年10月11日). 2015年11月19日閲覧。
  58. ^ 2012”. AnnaSui.com (2015年). 2015年10月23日閲覧。
  59. ^ Anna Sui's New York Fashion Week show features P.E.I.-made sunglasses”. cbc.ca. Canadian Broadcasting Corporation (2016年2月18日). 2016年3月4日閲覧。
  60. ^ RetroSpective”. FITNYC.edu. Fashion Institute of Technology (2013年5月). 2015年11月18日閲覧。
  61. ^ Anna Sui Masterclass”. Asos.com (2013年). 2015年11月20日閲覧。
  62. ^ Proactive development of Fila Business in the PRC, overseas markets and e-commerce business, revitalising sustainable growth”. m.ir.anta.com. Anta Sports Products (2015年). 2015年12月7日閲覧。
  63. ^ Anna Sui for Fila Collection Launching”. fila.com.hk. Fila Marketing Hong Kong (2014年2月2日). 2015年10月28日閲覧。
  64. ^ Anna Sui for Fila”. Behance.net (2015年4月12日). 2015年10月28日閲覧。
  65. ^ Unleashing Passion and Creativity – Ford Launches Global Fashion Collaboration Marking Mustang's 50th”. at.Ford.com. Ford Motor Company (2014年4月17日). 2015年10月26日閲覧。
  66. ^ Anna Sui × Lab Made Pop-up Store Opening Event”. ITHK.com. I.T. Apparels Ltd (2014年4月8日). 2016年1月7日閲覧。
  67. ^ Anna Sui lingerie line launches in Korea”. Korea Times (2014年7月23日). 2015年12月1日閲覧。
  68. ^ Nanette Lepore, Anna Sui and Isaac Mizrahi Team with Best Buy for Tech Accessories”. Fashion Trends Daily (2014年9月26日). 2016年1月7日閲覧。
  69. ^ Sailor Moon × Anna Sui Fashion Collaboration 2015”. SailorMoonCollectibles.com (2015年). 2015年11月30日閲覧。
  70. ^ Anna Sui's new manga accessory collection includes anime eye pouches and torso bags”. Rocket News 24 (2015年4月22日). 2016年1月27日閲覧。
  71. ^ Doll Face by Anna Sui”. Chronicles of a Beauty Nerd (2016年). 2016年1月7日閲覧。
  72. ^ Ladurée × ANNA SUI Les Merveilleuses Ladurée 2015 冬季限量 ღ 浮飾玫瑰經典腮紅 "混色限量版”. Pixnet.net. Angeline (2015年12月15日). 2016年1月7日閲覧。
  73. ^ Simon, Samantha (2015年4月1日). “Anna Sui Launches a Beach-Ready Collection for O'Neill”. In Style. 2015年10月23日閲覧。
  74. ^ Anna Sui To Relocate Soho Flagship After 23 Years”. Fashion Week Daily (2015年6月19日). 2016年1月27日閲覧。
  75. ^ Native Plains-Wear”. ArtVoice.com (2016年1月15日). 2016年1月27日閲覧。
  76. ^ Iredale, Jessica (2015年). “Anna Sui RTW Fall 2015”. Women's Wear Daily. 2016年1月27日閲覧。
  77. ^ Anna Sui and Frye Collaborate on the Perfect Fall Accessories Collection”. In Style (2015年8月6日). 2015年11月30日閲覧。
  78. ^ Anna Sui × Frye”. TheFryeCompany.com (2015年). 2015年11月30日閲覧。
  79. ^ UOB Cards × Anna Sui × Shentonista”. TheUniform.com.sg (2015年8月). 2015年12月15日閲覧。
  80. ^ Starbucks × Anna Sui Collection”. Starbucks.ph. Starbucks Corp. (2015年). 2015年11月18日閲覧。
  81. ^ Sohn, Ji-young (2015年12月3日). “Starbucks, Anna Sui Launch Collaborative Goods”. The Korea Herald. http://www.koreaherald.com/view.php?ud=20151203001063  エラー: 日付が正しく記入されていません。
  82. ^ Anna Sui + Starbucks”. Starbucks.com. Starbucks Corp. (2016年). 2016年1月27日閲覧。
  83. ^ Opening Ceremony Celebrates Lunar New Year, Kicks Off Year-Long China-Specific Theme”. fashiontimes.com. Fashion Times (2016年2月8日). 2016年3月29日閲覧。
  84. ^ Opening Ceremony's 'Year of China' Gives Major Platform to Emerging Chinese Designers”. jingdaily.com. Jing Daily (2016年3月22日). 2016年3月29日閲覧。
  85. ^ The Souvenir Shop Anna Sui”. mitsukoshi.mistore.jp. Isetan Mitsukoshi (2016年3月9日). 2016年3月11日閲覧。
  86. ^ 「Anna Sui」と「Keita Maruyama」の新たなブランドがデビューします。”. sankei.com. The Sankei Shimbun & Sankei Digital (2016年3月4日). 2016年3月11日閲覧。
  87. ^ Anna Sui and Keita Maruyama Each Debuts New Brand at Isetan Mitsukoshi Stores”. fashion-headline.com/. Fashion Headline Ltd (2016年3月9日). 2016年3月11日閲覧。
  88. ^ Anna Sui历史回顾展落幕北京SKP” [Anna Sui Historical Retrospective With Beijing SKP] (Chinese). ellechina.com. Elle China (2016年7月28日). 2016年8月8日閲覧。
  89. ^ 北京SKP携手Anna Sui 举办品牌历史回顾展” [Beijing SKP and Anna Sui Launch Retrospective Brand History] (Chinese). fashion.sina.com.cn. SINA Corporation (2016年6月21日). 2016年8月8日閲覧。
  90. ^ ANNA SUI(アナ・スイ)』 2006年5月6日 J-WAVE
  91. ^ Testing Her Strong Suit”. The New York Times (2009年2月11日). 2015年12月1日閲覧。
  92. ^ Anna Sui”. MBFashionWeek.com. IMG Worldwide (2015年). 2015年12月7日閲覧。
  93. ^ Kate Middleton wears AW15 Anna Sui as she changes into a floaty maxi dress for National Park visit”. MGN Limited (2016年4月12日). 2016年5月30日閲覧。
  94. ^ a b c d 乃木坂46齋藤飛鳥らANNA SUIモデルに異例の抜てき 日本人は杏以来9年ぶり”. ORICON (2015年7月21日). 2015年7月21日閲覧。
  95. ^ 乃木坂46生駒里奈「ANNA SUI」モデル就任 フェミニン×ロックでアジアを魅了<コメント到着>”. モデルプレス (2016年2月22日). 2016年2月23日閲覧。
  96. ^ Anna Sui by Anna Sui”. fragrantica.com. Fragrantica Inc (2016年). 2016年3月15日閲覧。
  97. ^ Sui Dreams by Anna Sui for women”. fragrantica.com (2016年). 2015年3月15日閲覧。
  98. ^ Sui Love Anna Sui for women”. fragrantica.com (2015年). 2015年11月19日閲覧。
  99. ^ Dolly Girl by Anna Sui for women”. fragrantica.com (2016年). 2015年3月15日閲覧。
  100. ^ Dolly Girl Ooh La Love by Anna Sui for women”. fragrantica.com (2016年). 2015年3月15日閲覧。
  101. ^ Anna Sui Secret Wish, Summer by Kenzo, Z Zegna & More New Fragrances”. nstperfume.com. Now Smell This (2005年3月29日). 2016年3月15日閲覧。
  102. ^ Anna Sui Dolly Girl on the Beach & Calvin Klein Euphoria Blossom”. nstperfume.com. Now Smell This (2006年4月2日). 2016年3月15日閲覧。
  103. ^ Clinique Aromatics Elixir Velvet Sheer, Anna Sui Magic Romance & more”. nstperfume.com. Now Smell This (2006年8月15日). 2016年3月15日閲覧。
  104. ^ Anna Sui Dolly Girl Bonjour L'Amour, Estee Lauder Pleasures Exotic Collector's Edition”. nstperfume.com. Now Smell This (2007年4月4日). 2016年3月15日閲覧。
  105. ^ Anna Sui Flight of Fancy, L'Occitane Honey & Lemon”. nstperfume.com. Now Smell This (2007年10月12日). 2016年3月15日閲覧。
  106. ^ Anna Sui Dolly Girl Lil' Starlet, Miss Sixty Summer Collection 2008”. nstperfume.com. Now Smell This (2008年4月11日). 2016年3月15日閲覧。
  107. ^ Anna Sui Night of Fancy, Mark Earth”. nstperfume.com. Now Smell This (2008年8月31日). 2016年3月15日閲覧。
  108. ^ Anna Sui Live Your Dream”. nstperfume.com. Now Smell This (2009年2月19日). 2016年3月15日閲覧。
  109. ^ Anna Sui Rock Me!”. nstperfume.com. Now Smell This (2009年10月15日). 2016年3月15日閲覧。
  110. ^ Anna Sui Forbidden Affair”. nstperfume.com. Now Smell This (2010年8月18日). 2016年3月15日閲覧。
  111. ^ Anna Sui Rock Me! Summer of Love”. nstperfume.com. Now Smell This (2010年2月4日). 2016年3月15日閲覧。
  112. ^ Anna Sui Fairy Dance Secret Wish”. nstperfume.com. Now Smell This (2012年1月23日). 2016年3月15日閲覧。
  113. ^ Anna Sui La Vie de Boheme ~ New Fragrance”. NSTPerfume.com (2013年5月29日). 2015年11月19日閲覧。
  114. ^ a b c d Fragrance: Anna Sui Tin Houses And Fragrances”. 30SomethingMel (2013年3月25日). 2016年3月15日閲覧。
  115. ^ Exclusive! Anna Sui Spills the Details on Her Most Personal Fragrance Yet”. In Style (2014年6月19日). 2016年1月27日閲覧。
  116. ^ Anna Sui La Nuit de Boheme ~ Fragrance Review”. NSTPerfume.com. 2015年11月19日閲覧。
  117. ^ Anna Sui Sui Dreams & Sui Dreams in Pink”. nstperfume.com. Now Smell This (2014年4月10日). 2016年3月15日閲覧。
  118. ^ Romantica Anna Sui for women”. Fragrantica.com (2015年). 2015年11月19日閲覧。
  119. ^ Sui Dreams in Green by Anna Sui”. nstperfume.com. Now Smell This (2014年12月17日). 2016年3月15日閲覧。
  120. ^ 2015年春の恋する季節に向けてアナスイから新フレグランス「アナスイ スイドリームス イン グリーン オーデトワレ」発売”. retoys.net. Retoys Web Magazine (2015年2月1日). 2016年3月15日閲覧。
  121. ^ Sui Dreams in Yellow by Anna Sui”. nstperfume.com. Now Smell This (2016年1月5日). 2016年3月15日閲覧。
  122. ^ Anna Sui Lucky Wish”. nstperfume.com. Now Smell This (2016年3月31日). 2016年4月26日閲覧。
  123. ^ Lucky Wish”. justia.com. Justia (2016年3月22日). 2016年4月26日閲覧。
  124. ^ 設計師ANNA SUI來台賣香 親哥哥悄露臉” (Chinese). ent.ltn.com.tw. Liberty Times Net (2016年6月13日). 2016年6月20日閲覧。
  125. ^ Calahan, April (2015). Fashion Plates: 150 Years of Style. New Haven: Yale University Press. p. 440. ISBN 0300212267. //books.google.com.sg/books?id=PfCACgAAQBAJ&dq=anna+sui&hl=en&sa=X&redir_esc=y.