高橋真琴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

高橋 真琴(たかはし まこと、男性、1934年8月27日[1] - )は、日本の画家漫画家イラストレーター[2]大阪府大阪市出身[3]

来歴[編集]

中学時代に中原淳一蕗谷虹児の絵に憧れて、叙情画に興味を持つ[1]。1950年、大阪市立泉尾工業高等学校色染科卒業[1]1953年[2]、榎本法令館より『奴隷の女王』で貸本漫画デビュー[4]。その後は大阪の日の丸文庫やあかしや書房などで貸本少女漫画を手がける。1957年、雑誌『少女』(光文社)にて「悲しみの浜辺」を掲載。以降、1960年代から80年代にかけて『なかよし』『マーガレット』『よいこ』などの少女誌・幼女誌の表紙挿絵を多数執筆。文房具衣服などのデザインも手がけた[2]

1987年千葉県佐倉市に「真琴画廊」を開設[2]。現在でも意欲的に創作活動を行い、個展以外にも雑誌表紙・ポスター等で新作を発表している。

2015年11月2日、真琴画廊株式会社 法人化。

作風[編集]

主に童話のヒロイン、雑誌のカラーページなど、少女を題材とした作品を手がける。緻密な装飾的描写と、華やかで繊細な彩色を特徴とする。

1995年にはじめて刊行された画集『あこがれ』の帯に「少女の瞳にはじめて星が輝いたあの日」とあるが、イラストの少女の瞳に星を描いた最初の作家と言われている。

書籍[編集]

  • 『あこがれ』 成美堂出版、1995年
  • 『少女ロマンス 高橋真琴の世界』 PARCO出版、1999年
  • 『MACOTOのおひめさま』 PARCO出版、2001年
  • 『ゆめ少女』 小学館、2001年
  • 『愛のおくりもの』 美術出版社、2003年
  • 『高橋真琴の少女ぬりえ 世界のおひめさま』 講談社、2006年
  • 『高橋真琴の少女ぬりえ 日本のおひめさま』 講談社、2006年

脚注[編集]

  1. ^ a b c 真琴画廊株式会社 高橋真琴 │ PROFILE 高橋真琴について
  2. ^ a b c d 高橋真琴 『少女ロマンス 高橋真琴の世界』 pp.124-125、PARCO出版、1999年
  3. ^ 画家・高橋真琴さんの輝く瞳の少女絵100点 西宮阪急で原画展 産経ニュース 2015.9.10 07:08更新
  4. ^ 辰巳ヨシヒロ 『劇画漂流(下)』 p.424、講談社漫画文庫、2013年

外部リンク[編集]