八百板洋子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

八百板 洋子(やおいた ようこ、1946年4月1日 - )は、日本の翻訳家。結婚後の本姓は折坂。

福島県に生まれる。父は日本社会党参議院議員を務めた八百板正

中央大学文学部卒業後、1970年ブルガリアソフィア大学大学院に留学。1976年『ふたつの情念』、96年『吸血鬼の花よめ』で日本翻訳文化賞を受賞。99年の『ソフィアの白いばら』で産経児童出版文化賞日本エッセイストクラブ賞受賞[1]。2020年『金の鳥:ブルガリアのむかしばなし』で日本絵本賞受賞。

著書[編集]

  • 『ソフィアの白いばら』福音館書店 1999 のち文庫 
  • 『猫魔ケ岳の妖怪 - 福島の伝説』斎藤隆夫絵、福音館書店 2017
  • 『あっくんとデコやしき』垂石眞子絵、福音館書店 2020

翻訳[編集]

  • 『ふたつの情念 ヤーヴォロフ詩集』新読書社 1976
  • バレリ=ペトロフ『うそをついてごめんね』学習研究社 1984
  • きんのさかな アンナ・ツッソーバ 学習研究社 1991
  • つばさをもらった月 ほるぷ出版(世界みんわ絵本 ブルガリア) 1993
  • 吸血鬼の花よめ ブルガリアの昔話 福音館書店 1996 のち文庫 
  • あっ、なかないで フェーベ・シッラーニ 学習研究社 1998 (学研ワールドえほん
  • きんのさかな ルーク・クープマン 学習研究社 1999 (学研ワールドえほん
  • 100リラのシトロン トルコのむかしばなし フレーベル館(しあわせの昔話) 2000
  • やまからとらがやってきた 学習研究社 2001
  • ちいさなき ルーク・クープマン 学習研究社 2001
  • ゆきをさがして リーク・コープマン 学習研究社 2004
  • おじいさんのき ブルガリア民話から アンナ・ツッソーバ 学習研究社 2005
  • やぎとぎんのすず ルーマニアの昔話 鈴木出版 2006.7 (チューリップえほんシリーズ)
  • いちばんたいせつなもの バルカンの昔話 福音館書店 2007
  • くさはらのおんがくか ニコライ・ストヤノフ 学習研究社 c2008
  • ななつのほし アンナ・ツスソウバ 学習研究社 2009
  • もりのてぶくろ 福音館書店 2010.9 (幼児絵本ふしぎなたねシリーズ)
  • レフ・トルストイ再話『3びきのくま』ニコライ・ウスチノフ絵 学研教育みらい 2010
  • 『ナスレディンのはなし トルコの昔話』佐々木マキ絵 福音館書店 2012
  • 『ほしをもったひめ セルビアのむかしばなし』小沢さかえ絵 福音館書店 2014
  • 『金の鳥:ブルガリアのむかしばなし』さかたきよこ絵 BL出版 2018

[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年