石川フミヤス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

石川 フミヤス(いしかわ フミヤス、1937年4月24日 - 2014年11月24日)は、日本漫画家京都府京都市南区唐橋門脇町出身。本名は石川文康血液型はB型。

略歴[編集]

子供の頃から手塚治虫の漫画に慣れ親しむ。高校卒業後、病弱だったため就職を断念、家でも出来る仕事として漫画家を目指す。

1956年12月日の丸文庫より『復讐の鬼』でデビュー。その後は『影』(日の丸文庫)、『街』(セントラル出版)などの貸本漫画誌に執筆。1959年さいとう・たかを桜井昌一辰巳ヨシヒロらとともに漫画家グループ「劇画工房」に参加する。1960年、「劇画工房」解散後「さいとう・プロダクション」設立と共にスタッフとなる。1963年、代表作となる高校生主人公とした青春漫画『青春の息吹』シリーズを発表。以後8巻まで刊行された。その後は晩年まで高校の後輩である武本サブローと共にさいとう・たかをのチーフアシスタントとして『ゴルゴ13』等の製作に関わっていた。

2009年6月3日には、同年7月31日まで石川の原画展「石川フミヤス展」が行われた[1]2014年11月24日器質化肺炎のため東京都内の病院で死去[2]。77歳没[3]

主な作品[編集]

個人の作品[編集]

参考文献[編集]

  1. 貸本マンガ誌研究会『貸本マンガRETURNS』ポプラ社

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]