ダブリュー・ホテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ダブリュー・ホテル (W Hotels) は、アメリカ合衆国を中心に展開するスターウッド・ホテル&リゾート系列のブティックホテルである。

名前の由来はWhatever/Whenever(お望みの物を/お望みの時に)という経営理念。Wホテルのコンセプトの産みの親はスターウッド・ホテル&リゾートCEOのバリー・スターンリッヒ。ターゲットとする客層は、ウェスティンよりも若い層で、デザインにこだわりを持つ個人客のビジネストラベラー。

沿革[編集]

  • 1998年12月、ニューヨークマンハッタンレキシントンアベニュー & 49丁目にあった Doral Innホテルを新たにWホテルとして転換させ、ブランドが発足。初期のWホテルは、スターウッドグループ内の既存のホテルの転換が多かった。
  • 2006年、廉価版ブランド「アロフト」が誕生。
  • 2008年5月にトルコのイスタンブールにおいてヨーロッパの最初のWホテルをオープン。
  • 2009年10月にスペインのバルセロナ市内にて、西欧諸国で最初のWホテルをオープン。

日本への進出計画[編集]

  • 2007年10月に、2010年夏ごろを目処とした横浜みなとみらい地区での開業計画が発表された[1](その後のホテル側の情報では2012年5月の開業予定としていた)。しかし開発事業者の倒産もあり、2009年8月には「Wホテル Yokohama」のプロジェクト中断が発表され、実現に至らなかった[2]

各地のホテル[編集]

用語集[編集]

Wホテルでは、部屋やレストランの呼び方など独自の呼び方をしている。

  • 客室
    • ワンダフル - 最も標準的な客室
    • スペクタキュラー - 標準クラスの客室
    • ファビュラス - 標準クラスの客室
    • クールコーナー - 角部屋
    • マーベラス - スイート
    • ファンタスティック - スイート
    • WOW - スイート
    • エクストリームWOW - WOWの上級クラスで、多くは最上級スイートに当てられる。
  • レストラン
    • キッチン:メインレストラン
    • ファイヤー:グリル系のレストラン
  • その他の設備
    • リビングルーム:ラウンジ
    • ウェット:プール。
    • フィット:ジム。以前は「スウェット」と呼ばれていた。
    • ワイヤード:ビジネスセンター

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ニューヨーク人気ホテル「Wホテル」、横浜へ日本初進出(ヨコハマ経済新聞 2007年10月30日)
  2. ^ みなとみらい21地区に日本初進出の「Wホテル」が開発中止に(ヨコハマ経済新聞 2009年8月10日)

外部リンク[編集]