白鳥由栄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
脱獄再現シーン(博物館網走監獄

白鳥 由栄(しらとり よしえ、1907年7月31日 - 1979年2月24日)は、元受刑者。収容先の刑務所で次々と脱獄事件を起こし「昭和の脱獄王」と呼ばれた。看守に怪我をさせたり、人質を取ったりするような強行突破は一度としてなく、当時の看守の間で「一世を風靡した男」と評されたほどの伝説の受刑者である。

26年間の服役中4回の脱獄を果たし、累計逃亡年数は3年にも及ぶ。

概要[編集]

青森県出身。幼いころに豆腐屋の養子となる。1933年に仲間数人と強盗殺人を犯し、その2年後に自首し投獄。収容された先の刑務所の待遇が劣悪だったことから抗議したところ懲罰を受けることとなり、次々と脱獄と収監を繰り返すこととなった。

網走刑務所脱獄時には、放浪先で傷害致死事件を犯し収監の期間はさらに延長。網走の脱獄の際、特製の手錠と監視口に味噌汁を吹きかけ続け、味噌汁に含まれる塩分で鉄を錆びさせて脱獄するという、時間任せの伝説的な話が残る。

その後終戦まで身を潜め、終戦後に畑泥棒と間違えた農家に袋だたきにされ身を守るため殺害、正当防衛を主張するも札幌地裁から死刑判決が出たために脱獄を決意、看守6人1組で厳重に監視されるなか、白鳥は脱獄に成功する。最後に捕まった際は警官から現在と違い貴重品だった煙草を与えられたことがきっかけとなり、あっさり自分が脱獄囚だと明かし自首。移送された刑務所で不良囚として扱われ、およそ人間的な対応をされなかった白鳥は、煙草をくれるという親切な扱いをされたことで心が動いたと話している。札幌高裁で審議が再開し白鳥の主張がようやく認められ懲役20年となり、さらに府中刑務所では白鳥を一般の受刑者と同様に扱ったため、白鳥は模範囚として刑に服した。1961年仮釈放。出所後は建設作業員として就労。1979年心筋梗塞で世を去った。享年72。白鳥は無縁仏として供養されそうになるが、白鳥が仮出所した際に仲良くしていた当時近所の子供だった女性が引き取り、埋葬された。

刑に服しているとき、当時の看守は彼の脱獄を防止するため厳重に厳重を重ね、あらゆる手立てを行ったがいずれも振り切られた。このことから、脱獄者を出すと職務怠慢で懲戒処分になる当時の看守の間では「脱獄するなら、自分が当直以外のときであって欲しい」と口にされるほど恐れられた。

能力[編集]

超人的な体力と腕力を持っていたとされる。

  • 1日に120kmもの距離を走ることができ、網走刑務所では、手錠の鎖を引きちぎるという怪力ぶりも見せており結果、重さ20kgもの特製の手錠を後ろ手に掛けられることとなった。
  • 地中深く突き立てられた煙突の支柱を素手で引き抜き、40歳を過ぎてもなお、米俵を両手に持って手を水平にすることができるなど、その怪力ぶりは常識をはるかに上回る。
  • 身体の関節を比較的容易にはずすことができる特殊な体質を持っていたとされ、頭が入るスペースさえあれば、全身の関節を脱臼させて、容易に抜け出すことが出来たという。

脱獄歴[編集]

モデル[編集]

関連項目[編集]

  • 西川寅吉 - 明治時代から大正時代にかけて名を馳せた脱獄者

テレビドラマ[編集]

外部リンク[編集]