府中刑務所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
刑務所入口(都道133号沿いより)ここからは職員住宅などになり、施設自体は更に写真奥方向になる。
刑務所の外塀。(学園通り沿いより)1968年に三億円事件はここで起きた。

府中刑務所(ふちゅうけいむしょ)は、法務省東京矯正管区に属する日本最大の刑務所。通称「府刑(ふけい)」。

所在地[編集]

収容分類級[編集]

定員[編集]

  • 2,842名 - 他の刑務所同様、収容者数の増加により、常に定員を上回る3,000名以上の受刑者を抱えている。

組織[編集]

航空写真に見る府中刑務所の様子。1989年撮影。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

所長の下に4部2室を置く6部制の施設である。

  • 総務部(庶務・会計・用度)
  • 処遇部(処遇・作業)
  • 教育部(教育・厚生)
  • 医務部(医療・保健)
  • 分類審議室(考査・審査・保護)
  • 国際対策室(翻訳通訳・渉外)

総務部付の調査官が1名いる。

外観・設備[編集]

  • 敷地面積 262,055m²(庁舎 226,239m² 宿舎 35,816m²)
  • 周囲を高さ5.5メートル、総延長 1.8キロメートルの塀に囲まれている。
  • 収容棟は東1舎~東6舎、西1舎~西4舎、病舎(いずれも3階建て)、誠心寮の計11棟で構成されており、東1舎と西1舎~西2舎は雑居房である。東2舎~東3舎、東6舎、西3舎は夜間独居であり西3舎についてはF級の収容をしている。夜間独居についてはおおむね20%程度定員をオーバーしている。東3舎~東4舎、西4舎は調査、懲罰、処遇上屋内作業を行う者の収容棟である。誠心寮では仮釈放予定者を2週間前から収容し仮釈放前の教育を行う開放房である。
  • 工場は1、3~29工場、31~33工場、炊場工場、洗濯工場、貸与工場、図書工場、営繕工場、東舎衛生工場、西舎衛生工場、計算工場、5区衛生工場、第1内掃工場、第2内掃工場がある。
  • 体育館1棟、講堂1棟、浴場5棟、運動場4
  • 武道場横に殉職した矯正職員及び被災死亡した受刑者の慰霊碑が建てられている。

施設の沿革[編集]

施設のしおりから一部抜粋

その他[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度41分3.6秒 東経139度28分26.3秒 / 北緯35.684333度 東経139.473972度 / 35.684333; 139.473972