川越少年刑務所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

川越少年刑務所(かわごえしょうねんけいむしょ)は、法務省矯正局東京矯正管区に属する刑務所。全国7箇所の少年刑務所のひとつである。

下部機関としてさいたま拘置支所熊谷拘置支所の2ヶ所の支所を持つ。

所在地[編集]

収容分類級[編集]

  • JA級(少年受刑者)
  • YA級(青年受刑者)
  • I級(禁錮受刑者

収容定員[編集]

  • 1,371人

沿革[編集]

  • 明治4年(1871年)    入間県喜多町にあった牢屋を「川越囚獄」と改称
  • 明治6年(1873年)    川越町廓町(川越城二の丸跡)に移転。軽罪囚を収容
  • 明治40年(1907年)12月 川越町脇田西町(現在の川越駅付近)に移転
  • 大正11年(1921年)10月 官制改正により「川越少年刑務所」と改称。18歳未満の少年受刑者を収容 
  • 昭和26年(1951年)   20歳未満の受刑者を収容
  • 昭和44年(1969年)11月 現在地に移転。浦和拘置支所(現在のさいたま拘置支所),熊谷拘置支所を所管
  • 昭和45年(1970年)3月  職業訓練のうち総合訓練を行う総合訓練施設に指定 
  • 昭和47年(1972年)7月  受刑者分類規定の施行に伴い、26歳未満の懲役受刑者及び少年禁固受刑者を収容 
  • 昭和57年(1982年)4月  東京矯正管区分類センターを併設 

組織[編集]

所長の下に4部1室を持つ5部制である。

  • 総務部(庶務、会計、用度)
  • 処遇部(処遇、職業訓練)
  • 教育部(教育、厚生)
  • 医務部(保健、医療)
  • 分類審議室(考査、審査、保護)

外観・設備[編集]

  • 施設(2008年時)
  • 拘置所
  • 管理棟
  • 調査センター
  • 講堂
  • 収容施設(2008年時)
  • 病舎(医務施設、病床施設含む)
  • 分舎(分類生収容施設)
  • 1舎
  • 2舎
  • 3舎
  • 4舎
  • 5舎
  • 6舎
  • 7舎
  • 工場施設(2008年時)
  • 理容訓練工場
  • 農外掃工場
  • 営繕工場
  • 炊場
  • 洗濯工場
  • 第1工場
  • 第2工場
  • 第3工場
  • 第4工場
  • 第5工場
  • 第6工場
  • 第7工場
  • 第8工場(少年)
  • 第9工場(自動車整備)
  • 第10工場
  • 第11工場
  • 第12工場
  • 第13工場
  • その他
  • 農外掃工場
  • 釈放班
  • 保護房
  • 25メートルプール
  • グラウンド

職業訓練[編集]

全国に8つある総合訓練施設の一つであり、理容科、電気工事科、自動車整備科、木工科、金属造形科、総合左官科、畳科、情報処理科、クリーニング科、建築塗装科、ボイラー運転科、小型車両系建設機械科、フォークリフト運転科、数値制御機械科の14種目を実施している。

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度52分39.4秒 東経139度27分20.9秒 / 北緯35.877611度 東経139.455806度 / 35.877611; 139.455806