熊本刑務所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

熊本刑務所(くまもとけいむしょ)は、法務省矯正局福岡矯正管区に属する刑務所

下部機関として京町拘置支所八代拘置支所天草拘置支所を持つ。

歴史[編集]

1872年(明治5年)、現熊本市中央区手取本町の旧熊本藩厩跡を利用した熊本監獄に始まる。1915年(大正4年)、現中央区渡鹿(とろく)に移転、1921年(大正10年)に完工。1922年(大正11年)熊本刑務所と改称し現在に至る。空襲で被害を受け、また老朽化で、改築した。[1]

2016年熊本地震では避難所として施設内にある職員用の道場を一般住民に開放し一時250人を受け入れた。法務省によると避難所として開放することは全国初だという。刑務所は災害救助法の適用外であるため常時食料が備蓄しており、この刑務所には井戸や自家発電設備が備わっていた。[2][3][4][5]

所在地[編集]

収容分類級[編集]

  • LB級
  • P級

長期再犯者や身体障害者といった処遇困難者を収容する男子刑務所である。

収容定員[編集]

  • 616人

沿革[編集]

組織[編集]

所長の下に2部1課を持つ2部制である。

  • 総務部(庶務課、会計課、用度課)
  • 処遇部(処遇担当、企画担当)
  • 医務課

外観・設備[編集]

一時存在した熊本刑務所 菊池医療刑務支所[編集]

  • 1947年8月、日本共産党は患者にも参政権が認められたので、国立療養所栗生楽泉園を訪れ、そこに懲戒検束規定に基づく重監房を見た。そこでは、22人が獄死していた。国会で論議となったが、犯罪を犯した患者の処分に困窮した療養所は刑務所の建設を要求、また厚生省は代用監獄案を提出した。その後、栗生で韓国朝鮮系の患者により3人が殺害され、刑務所の必要性が認められた。職員側も入所者もその構想を肯定している。更に藤本事件が発生し、国立療養所菊池恵楓園に隣接して刑務所を建設することとなった。そして昭和28年に法務省管轄下の菊池医療刑務支所ができた。ハンセン病療養所の入所者は、菊池刑務支所から出所した患者を療養所に受け入れなかったので、出所後どうするかに関して問題を残した。昭和57年に菊池恵楓園付近に刑務所が更新されたが、1996年、らい予防法廃止時、機能が廃止された。

文献[編集]

  1. ^ 『熊本県大百科事典』熊本日日新聞社 1982年pp.245-246.
  2. ^ 熊本刑務所が被災者受け入れ 井戸備え宿泊用に開放朝日新聞、2016年9月25日閲覧。
  3. ^ 熊本刑務所が住民150人受け入れ 初の試み毎日新聞、2016年9月25日閲覧。
  4. ^ 熊本刑務所、避難者に開放=全国初、14施設でも協定など-地域住民に貢献・法務省時事通信、2016年9月25日閲覧。
  5. ^ 熊本刑務所、避難者受け入れ 水や食料は十分日本経済新聞、2016年9月25日閲覧。

熊本刑務所が舞台のビデオ作品[編集]

  • 『実録・九州やくざ抗争史 - LB熊本刑務所 侠牙』
  • 『実録・九州やくざ抗争史 - LB熊本刑務所 義絶盃』
  • 『実録・九州やくざ抗争史 - LB熊本刑務所 侠友よ』
  • 『実録・やくざ抗争史 - LB熊本刑務所 刑務所前バス停』
  • 『実録・九州やくざ抗争史 - 小倉戦争』

外部リンク [編集]

座標: 北緯32度48分33.8秒 東経130度44分19.1秒