東海学園前駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東海学園前駅
ホーム外観(2006年9月7日)
ホーム外観(2006年9月7日)
とうかいがくえんまえ - Tōkaigakuenmae
水前寺 (2.0km)
(1.1km) 竜田口
所在地 熊本市東区渡鹿九丁目1-1-1[1][2]
所属事業者 九州旅客鉄道(JR九州)
所属路線 豊肥本線
キロ程 7.8km(熊本起点)
電報略号 トカ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線[1]
乗車人員
-統計年度-
1,055人/日(降車客含まず)
-2013年-
開業年月日 1986年昭和61年)11月1日[1]
備考 業務委託駅[2]
テンプレートを表示

東海学園前駅
配線図

水前寺駅

STR
STR+BSl
STR+BSl
STR+BSl
STR+BSl
STR+BSl
BUILDING BUE
←構内踏切
STR

竜田口駅

東海学園前駅(とうかいがくえんまええき)は、熊本県熊本市東区渡鹿(とろく)九丁目にある、九州旅客鉄道(JR九州)豊肥本線である[1]

駅名の通り東海大学の敷地に隣接しており[1][注 1]、東区内で唯一のJR鉄道駅となる[3]

歴史[編集]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線を有する地上駅[1]。ホームから大学へは踏切を渡る必要がある[1]

開業当時から無人駅であったが、用地の関係から朝のラッシュ時の混雑が酷い状態が続き、また大学生が通過列車にはねられ死亡する事故が発生したことから混雑緩和と安全管理を目的として、2005年(平成17年)10月3日より駅舎を九州東海大学(現:東海大学熊本キャンパス)構内に設置して駅員を配置した[4][5](日曜・祝日は無配置)[注 2]。大学構内に駅舎が存在する駅[1]としてJRでは最初である[4][5]

JR九州鉄道営業が駅業務を行う業務委託駅[2]マルスは無いがPOS端末が設置されている。自動券売機が設置されている。

利用状況[編集]

「熊本市統計書」による(小数点以下切り捨て)。

乗車人員推移
年度 1日平均人数 増加率
2001 794
2002 820 3.3%
2003 860 4.9%
2004 914 6.3%
2005 891 -2.5%
2006 866 -2.8%
2007 841 -2.9%
2008 829 -1.4%
2009 779 -6.0%
2010 789 1.3%
2011 844 7.0%
2012 917 8.6%
2013 1,055 15.0%

駅周辺[編集]

周辺は住宅街で[1]学生向け低層アパートも点在する。東側は東海大学、東海大学付属熊本星翔高等学校の敷地が占めている。

バス路線[編集]

東海学園前(とうかいがくえんまえ)

渡鹿七丁目(とろくななちょうめ) 駅から離れている

隣の駅[編集]

九州旅客鉄道
豊肥本線
特急「九州横断特急
通過
普通
水前寺駅 - 東海学園前駅 - 竜田口駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ただし学校法人東海学園(傘下に東海学園大学など)は愛知県に所在し、当駅とは関連がない。
  2. ^ ホームのすぐ側を道路が並行しており駅舎を設置する余地がなかったため[1]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l 『週刊 JR全駅・全車両基地』38号 大分駅・由布院駅・田主丸駅ほか、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2013年5月12日、23頁。
  2. ^ a b c 熊本支店内各駅”. JR九州鉄道営業. 2016年4月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月20日閲覧。
  3. ^ “こんな校区です「西原校区」”. 東区だより (熊本市東区総務企画課): p. 2. (2号(平成26年3月発行)). オリジナル2016年4月21日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2016-0421-0042-20/https://www.city.kumamoto.jp:443/common/UploadFileDsp.aspx?c_id=5&id=4695&sub_id=1&flid=26758 2016年4月21日閲覧. "区内唯一のJR豊肥本線" 電子書籍版
  4. ^ a b c “熊本県/学校敷地内に新駅舎 全国初 九州東海大に完成 JR豊肥線”. 西日本新聞 (西日本新聞社): p. 22(朝刊). (2005年10月4日) 
  5. ^ a b c “混雑を緩和、駅員も常駐 駅舎は大学の構内 JR豊肥線「東海学園前駅」 全国初”. 熊本日日新聞 (熊本日日新聞社): p. (朝刊). (2005年10月4日) 
  6. ^ 交通新聞 (交通新聞社): p. 1. (2012年12月4日) 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]