新水前寺駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
新水前寺駅
JR新水前寺駅・新駅舎
JR新水前寺駅・新駅舎
しんすいぜんじ - Shin-Suizenji
所在地 熊本市中央区
所属事業者 九州旅客鉄道(JR九州・駅詳細
熊本市交通局駅詳細
テンプレートを表示

新水前寺駅(しんすいぜんじえき)は、熊本県熊本市中央区白山二丁目にある、九州旅客鉄道(JR九州)豊肥本線である[1]

本項では、熊本市交通局(熊本市電)水前寺線(A系統、B系統)が乗り入れる、新水前寺駅前電停についても記述する。

概要[編集]

当駅が設置された理由は、JR豊肥本線の水前寺駅熊本市電水前寺線水前寺駅通電停が500メートルほど離れており、乗り換えに不便であったためで[1]熊本県道28号線(通称「電車通り」)沿いの高校・大学などの増加による水前寺駅の混雑を解消する目的もあった。

当駅の設置以降、熊本市電の水前寺駅通電停(旧称)は新水前寺駅の乗換駅となり、電停名と実際の機能が一致しなくなっていたため、2011年(平成23年)3月1日に「新水前寺駅前」へ改称された。

熊本県は市電とJR豊肥本線のアクセスを向上するため、新水前寺駅前電停と新水前寺駅を連結させることとした。2008年平成20年)7月6日に旧駅舎の反対(南東)側に設置された仮ホーム・仮駅舎へ移行[2]2010年(平成22年)6月19日には新設された高架橋上の新ホームの供用を開始し[3]、県道28号線をまたぐ旧線路・鉄橋は同年8月までに撤去された。2011年4月には新駅舎・新電停が完成し[4]、新駅舎と新電停を直接つなぐ歩道橋も2011年7月に供用開始された[5]

JR九州[編集]

JR 新水前寺駅
しんすいぜんじ - Shin-Suizenji
南熊本 (1.6km)
(0.6km) 水前寺
所在地 熊本市中央区白山[1]二丁目3
所属事業者 JR logo (kyushu).svg九州旅客鉄道(JR九州)
所属路線 豊肥本線
キロ程 5.2km(熊本起点)
電報略号 シセ
駅構造 高架駅[1]
ホーム 1面1線[1]
乗車人員
-統計年度-
3,784人/日(降車客含まず)
-2014年-
開業年月日 1988年昭和63年)3月13日[1]
備考 業務委託駅[6]
みどりの窓口[1]
テンプレートを表示

単式ホーム1面1線を有する高架駅[1]

JR九州鉄道営業が駅業務を行う業務委託駅[6]マルスが設置されている。2012年12月1日よりSUGOCAが利用可能となったが、当駅に自動改札機の設置は行われず ICの読み取り機のみ設置している。

水前寺駅とは600mしか離れていない[1]ため、双方の駅ホームから一方の駅ホームが見える。当駅の旧ホーム(1988年-2008年)は駅舎より約10メートル程度高い築堤上に設置されていた。その線路を挟んだ南東側に仮ホーム(2008年-2010年)が置かれ、現在は新設された高架橋上の新ホームが使用されている。

のりば[編集]

1 豊肥本線 (上り) 熊本方面
(下り) 武蔵塚肥後大津方面 
  • 1面1線だが、駅の案内表記には「1番線」と表示されている。


熊本市交通局[編集]

熊本市電 新水前寺駅前停留場*
しんすいぜんじえきまえ
- Shinsuizenji Station -
15 味噌天神前 (0.4km)
(0.3km) 国府 17
所在地 熊本市中央区国府一丁目
駅番号 16
所属事業者 熊本市交通局(熊本市電)
所属路線 水前寺線A系統・B系統)
キロ程 1.8km(水道町起点)
田崎橋から4.3km
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1924年大正13年)8月1日
* 改称経歴
- 1935年 水前寺駅前停留場→水前寺駅通停留場
- 2011年 水前寺駅通停留場→新水前寺駅前停留場
テンプレートを表示

停留所番号16。道路(熊本県道28号熊本高森線)中央にあり、両側に柵と屋根が付いた旅客専用の安全地帯を持つ2面2線の単純構造である。健軍町方に横断歩道があり、また辛島町方に新水前寺駅と直結の歩道橋への階段が設置されている。

熊本市電のりば


新水前寺駅(JR)
新水前寺駅前電停(市電)
配線図

水前寺駅

STR
uSTRl uSTRq mhKRZa
uSTRl
国府電停
uSTRr uSTRq mhKRZe
uSTRr
味噌天神前電停
STR
STR+BSl
STR+BSl
STR

南熊本駅

利用状況[編集]

  • JR九州 -「熊本市統計書」によると2014年度の1日平均乗車人員3,784人である。
年度 1日平均
乗車人員
増加率
2001年 2,249
2002年 2,329 3.6%
2003年 2,462 5.7%
2004年 2,419 -1.7%
2005年 2,412 -0.3%
2006年 2,450 1.6%
2007年 2,468 0.7%
2008年 2,534 2.7%
2009年 2,542 0.3%
2010年 2,707 6.5%
2011年 3,066 13.3%
2012年 3,403 10.9%
2013年 3,716 9.2%
2014年 3,784 1.8%

駅周辺[編集]

熊本市電の併用軌道が通っている熊本県道28号熊本高森線(通称「電車通り」)はJR豊肥本線の高架と直交する。豊肥本線は南西(熊本方)から北東(大分方)に通る直線である。 電車通りや豊肥本線の北側で交差する白山通りなどにはオフィスビルや商店が建ち並び、これらの通りを外れると住宅地が多い。

バス路線[編集]

  • 水前寺駅通り
    • 産交バス - 東4・5・7・8、県14~18・20・21・24・25、西4・6・7・10・12、野3・6、川1・11、京4系統及び交通センター熊本駅西部車庫行き
    • 電鉄バス - 県33~35系統、北1・5・9系統(いずれも本数少。平日朝夕の通勤時間帯のみの運行で交通センター方面には停車しない)
    • 熊本バス - 東2・9・11、県26~28、川1系統
    • 熊本都市バス - バス停は2カ所にある
      • 熊本県道28号線(通称電車通り)沿い - 東1・3、県1~3・5~7・11・12、味4、南1、上1・4、京1系統
      • 熊本県道103号線沿い - 味2・4~6系統、西1・島2系統
  • 白山(はくざん)町

歴史[編集]

  • 1914年大正3年)6月21日 - 宮地軽便線(現在のJR豊肥本線)熊本 - 肥後大津間が開業。水前寺駅が設置されたが、この時点では当駅は未設置。
  • 1924年(大正13年)8月1日 - 熊本市電水前寺線が開業、水前寺駅前電停が開設される。
  • 1935年昭和10年)2月 - 水前寺駅前電停が水前寺駅通電停に改称。
  • 1988年(昭和63年)3月13日 - 新水前寺駅を九州旅客鉄道(JR九州)が開設[1]
  • 2008年平成20年)7月6日 - 新水前寺駅、陸橋架け替え及び交通結節強化事業のため仮駅での営業開始[2]
  • 2010年(平成22年)6月19日 - 新設された高架橋上の線路へ切り替えが完了、新ホームの供用開始[1][3]
  • 2011年(平成23年)
    • 3月1日 - 水前寺駅通電停が新水前寺駅前電停に改称[7]
    • 4月1日 - 新水前寺駅の新駅舎が供用開始、新水前寺駅前電停が移設[4]
    • 7月20日 - 駅舎と電停と道路北側を結ぶ歩道橋が供用開始[1][5]
  • 2012年(平成24年)12月1日 - 交通系ICカードSUGOCA導入[8]

旧・新水前寺駅の様子[編集]

隣の駅[編集]

※特急「九州横断特急」の隣の停車駅は列車記事を参照のこと。

九州旅客鉄道
豊肥本線
特急「九州横断特急
熊本駅 - 新水前寺駅 - 水前寺駅
普通
南熊本駅 - 新水前寺駅 - 水前寺駅
熊本市交通局
A系統・B系統(水前寺線)
味噌天神前電停 (15) - 新水前寺駅前電停 (16) - 国府電停 (17)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l 『週刊 JR全駅・全車両基地』38号 大分駅・由布院駅・田主丸駅ほか、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2013年5月12日、23頁。
  2. ^ a b “6日から仮設ホーム 熊本市のJR新水前寺駅 豊肥線と熊本市電の交通結節点改良工事で”. 熊本日日新聞 (熊本日日新聞社): p. (朝刊). (2008年7月5日) 
  3. ^ a b “新ホームの供用開始 JR新水前寺駅 鉄橋役目終え、高架橋へ 新幹線開業時には市電乗り継ぎ便利に”. 熊本日日新聞 (熊本日日新聞社): p. 社会面(朝刊). (2010年6月19日) 
  4. ^ a b “新水前寺駅新駅舎と市電電停 1日から運用開始”. 熊本日日新聞 (熊本日日新聞社): p. (朝刊). (2011年3月31日) 
  5. ^ a b “乗り換えの安全性向上 JR新水前寺駅と市電電停をつなぐ連絡橋が完成 20日から利用可能”. 熊本日日新聞 (熊本日日新聞社): p. (朝刊). (2011年7月16日) 
  6. ^ a b 熊本支店内各駅”. JR九州鉄道営業. 2016年4月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月20日閲覧。
  7. ^ “「市役所前」→「熊本城・市役所前」へ 電停・運行系統の名称など変更 熊本市交通局”. 熊本日日新聞 (熊本日日新聞社): p. (朝刊). (2011年3月2日) 
  8. ^ 交通新聞 (交通新聞社): p. 1. (2012年12月4日) 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]