イオンモール熊本

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イオンモール熊本
ÆON MALL KUMAMOTO
Aeonmall Kumamoto Panorama.JPG
店舗概要
所在地 861-3106[1]
熊本県上益城郡嘉島町大字上島字長池2232[1]
座標 北緯32度44分17秒 東経130度44分38秒 / 北緯32.73806度 東経130.74389度 / 32.73806; 130.74389座標: 北緯32度44分17秒 東経130度44分38秒 / 北緯32.73806度 東経130.74389度 / 32.73806; 130.74389
開業日 2005年平成17年)10月10日[2]
施設所有者 ダイヤモンドシティ[1][5]

イオンモール株式会社[6]
施設管理者 イオンモール株式会社
敷地面積 約224,282[7]
商業施設面積 約51,936[1][8]
延床面積 約104,000[5]
中核店舗 ジャスコクレア熊本店[5][1]

イオン熊本クレア店

イオン熊本店

イオンスタイル熊本
店舗数 約160[7]
営業時間 公式サイト参照
駐車台数 約4,500台[5]

約4,300台[9]

約4,800台(うち車椅子駐車場59台)
前身 ダイヤモンドシティ・クレア[3]

イオンモール熊本クレア[4]
最寄駅 健軍町電停
最寄IC 御船IC
外部リンク 公式サイト
Aeonmall store logo.svg

イオンモール熊本(イオンモールくまもと)は、熊本県上益城郡嘉島町に所在するイオンモール運営のショッピングセンターである[8]

歴史・概要[編集]

前史から開業まで[編集]

当地は、嘉島町の街づくり基本構想において「タウンセンター」と規定される地区の一角にあり[10]日商岩井(現・双日)が、寿屋(現・カリーノ)と共に大型ショッピングセンター「(仮称)嘉島ランブラス」を建設する計画を進めており[11]2000年(平成12年)5月24日に翌月から着工することが発表され[11]、同年末までの開業を目指していた[12]

しかし、2001年(平成13年)12月19日に「寿屋(現・カリーノ)」が熊本地方裁判所民事再生法の適用を申請して経営破たんし[13]、「日商岩井(現・双日)」もテナントを十分に集められなかったことから頓挫することになった[14]

それを受けて、2002年(平成14年)に「ダイヤモンドシティ」が当地にショッピングセンターを開設することになった[15]

この「ダイヤモンドシティ」による大型ショッピングセンターの計画は、2003年(平成15年)4月9日に「(仮称)ダイヤモンドシティ嘉島ショッピングセンター」として正式に発表された[10]

この計画発表時点で2005年(平成17年)秋の開業を目指しており[10]、予定通り同年10月10日に開業している[2]

なお、2005年(平成17年)7月には名称が「ダイヤモンドシティ・クレア」と決定され、出店内容の概要と共に発表された[16][17]

また、計画段階では地元の鶴屋百貨店をはじめとした百貨店の誘致を行っており、福岡の百貨店まで対象を広げたものの出店には至らなかった[16]

開業[編集]

2005年(平成17年)10月10日に「ダイヤモンドシティ・クレアDIAMOND CITY CLAIR)」として開業[2]

開業時点では、建物は地下1階・地上2階建てで延べ床面積約10万4,000m2[5]、「イオン九州」の総合スーパー「ジャスコクレア熊本店」[5]と、1階に[16]アンビオンスプラス[7]2階にスポーツオーソリティが入る2つの核店舗の間を全長約280mのモールになった専門店街で繋いだいわゆる「2核1モール」の形式のショッピングセンターであった[16]

この専門店街は準核店舗として蔦屋書店や8スクリーンのシネマコンプレックスワーナー・マイカル・シネマズも入居しており[16]、約160店舗で構成されていた[7]

改装や増設[編集]

開業から約2年半後の2007年(平成19年)4月13日には早くも大規模な増床に向けた届出を行い、規模の拡大に乗り出した[7][9]

この計画は、既存棟の増築(店舗面積:約7,282m2)や駐車場となっている既存棟東側に家電量販店や雑貨店などの入る2階建て(店舗面積:約8,100m2)とスポーツ施設や温浴施設が入る平屋建て(店舗面積:約3,290m2)の2棟の新設を、2007年(平成19年)9月に着工して2008年(平成20年)3月下旬の開業予定としていた[7][9]

しかし、店舗面積は2013年(平成25年)12月時点でも約51,936m2[8]と2008年(平成20年)版の『週刊東洋経済 臨時増刊 全国大型小売店総覧 2008年版』と全く同一であり[1]、開業時(週刊経済では店舗面積52,000m2[16]のままとなっており、この計画による物販店舗の店舗面積の拡大は実現していない。

そのため、2011年(平成23年)11月18日に31店の新規テナントを導入して新装開業したのが、開業から初めての大規模な改装となった[4][18]

この新装開業時には、「イオンモール熊本クレア」から「イオンモール熊本」に名称の変更も行っている[4]

平成28年熊本地震の対応[編集]

2016年平成28年)4月14日午後9時26分ごろ、隣接する益城町で震度7を観測した「平成28年熊本地震」の影響で翌日の同年4月15日から休業となり、食料や水を駐車場で販売した。同年4月18日からは、同じ駐車場にてイオンペットスポーツオーソリティなど一部の専門店による販売やサービスが実施されている。また、核店舗のイオン熊本店は、同年4月20日から1階のみを営業再開させ[19]、通常の営業時間より短縮した形で営業を行っていた。

2016年6月23日にイオンモール・イオン九州の2社連名でプレスリリースを公表し、同年7月20日よりイオン熊本店2階と専門店街の一部を営業再開することを発表[20]。予定通り、同年7月20日にイオン熊本店2階と専門店街の一部を営業再開[21]。なお、イオン熊本店については、九州地区では初めてとなる新業態の「イオンスタイル」にリニューアルされた。

同年9月26日にイオンモールがプレスリリースを公表し、翌々日の同年9月28日より、3番駐車場スペースにコンテナモール「link garden HAREBARE -ハレ晴れ-」をオープンすることを発表。これは、復旧作業のため休業中の西モールに入店している7店舗がコンテナ店舗として出店するほか、中央には大型のイベントスペースが配備されている[22]。その後、4店舗は2017年3月の西モールの営業再開によりモール内へ移転したが、2017年1月20日にイオンペットのトリミング業態である「イオンペット ビューティサロン」が新たにオープンしている。

同年10月20日には、核店舗のイオン熊本店を全館リニューアルオープン。同年7月の営業再開時に2階に展開していた「イオンスタイル」を1階の食料品・住居余暇商品売場にも拡大したほか[23]、自転車専門店「イオンバイク」を1階に導入した[24]

同年11月22日にイオンモールがプレスリリースを公表し、1階レストランモールについて、同年12月23日より一部店舗を営業再開、2017年1月26日より全面営業再開することを発表。12月23日の一部再開時には既存の4店舗に加え、熊本県初出店の2店舗を含む4店舗の新店を加えた8店舗となる。2017年1月26日に既存の5店舗がリニューアルオープンしたことで、レストランモール全店舗が新体制で営業を再開した[25]

2017年2月17日にイオンモールがプレスリリースを公表し、復旧作業や補強工事の為長らく休業していた西側モール専門店の営業再開日を発表。予定通り、同年3月24日に西側モール専門店の営業を再開し、全館オープン。このタイミングで「イオンシネマ熊本」が営業を再開したほか、16店舗の新店がオープンした[26]。なお、モールの一番西側に位置する準核ゾーンに出店する店舗は引き続き、前述の「link garden HAREBARE -ハレ晴れ-」での営業となる。

競合や中心市街地への影響[編集]

菊陽町2004年(平成16年)6月に開業した「ゆめタウン光の森」や当施設の開業の影響もあり、熊本市の中心市街地の小売販売額は2002年(平成14年)と比較して2007年(平成19年)には約11.6%減少するなど大幅に減少したとされている[27]

しかし、当施設は、「鶴屋百貨店」の様に熊本県内のほぼ全域から集客力はなく、熊本県内の大型ショッピングセンターの中では最大の集客力を持つ「ゆめタウン光の森」を下回る集客力とされる[28]

さらに、熊本県南部の大型ショッピングセンターの中でも「ゆめタウンはません」が最も集客力があるとされており、当施設を含めて熊本県内の大型ショッピングセンターの集客範囲は店舗の近隣がほとんどとされている[28]

運営会社や店名の変遷[編集]

運営会社のイオンモールがダイヤモンドシティと2007年(平成19年)8月21日に合併したことに伴い[29]、同年9月22日に「イオンモール熊本クレア」に名称を変更した[3]

イオンモールが運営するショッピングセンターの名称をイオンモールの後に所在地名を付ける形に統一することになったため[30]、2011年(平成23年)11月18日に「イオンモール熊本」に名称変更された[4]

また、核店舗の「ジャスコクレア熊本店」は[1]、2011年(平成23年)3月1日にイオングループの総合スーパーをイオンに店名統一することに伴って「イオン」に改称することになったため[31]、「イオン」へ改称した[31]

そのほか、シネマコンプレックスの「ワーナー・マイカル・シネマズ」は[16]、運営会社の「ワーナー・マイカル」が「イオンシネマズ」と2013年(平成25年)7月1日に合併して「イオンエンターテイメント」となるのに伴い、劇場名を「イオンシネマ」に変更することになった[32]

主要テナント[編集]

出店テナントの詳細は公式サイト「ショップガイド」を参照。

沿革[編集]

イオンモール熊本クレア時代(2009年5月)
  • 1991年平成3年)12月 - 寿屋が嘉島町と商業・レジャー大型施設「アクティス」の進出協定に調印。
  • 1995年(平成7年)9月 - 寿屋が当地に「嘉島寿屋」の建設を発表。
  • 1998年(平成10年)4月 - 寿屋楠店などの不採算店問題と大型SC「嘉島ランブラス」の出店延期などのリストラ策を発表。
  • 2000年(平成12年)5月24日 - 日商岩井(現・双日)と寿屋(現・カリーノ)が共同で大型ショッピングセンター「(仮称)嘉島ランブラス」を翌月から着工すると発表[11]
  • 2001年(平成13年)12月19日 - 「寿屋(現・カリーノ)」が熊本地方裁判所民事再生法の適用を申請して事実上経営が破たん[13]
  • 2002年(平成14年)
    • 2月1日 - 「寿屋(現・カリーノ)」が全店の営業を休止[34]
    • 2月8日 - 「寿屋(現・カリーノ)」が全従業員を解雇[34]
    • 寿屋経営破綻により土地がイオンに売却される[要出典]
  • 2005年(平成17年)
    • 10月10日 - ダイヤモンドシティ・クレアとして開業[2]
  • 2007年(平成19年)
  • 2008年(平成20年)
    • 4月29日 - イオン創業250年を機にイオングループ全体で行われる清掃活動「日本縦断イオン・クリーンキャンペーンin熊本」開催[35]
    • 12月20日 - 第2期店舗拡張として、敷地内に「嘉島湯元水春」「ビィ・フィット スポーツクラブ」がオープン。
  • 2011年(平成23年)
    • 3月1日 - 核店舗のジャスコクレア熊本店[1]イオンに店名を変更[31]
    • 11月18日 - 開店以来初めてとなる大幅な改装を実施し、新装開業と同時に施設名称をイオンモール熊本に改称[4]
  • 2012年(平成24年)1月1日 - 核店舗名をイオン熊本店に変更[36]
  • 2013年(平成25年)7月1日 - シネマコンプレックスの「ワーナー・マイカル・シネマズ[16]が劇場名を「イオンシネマ」に変更[32]
  • 2016年(平成28年)
    • 7月20日 - 平成28年熊本地震の影響で休業していたイオン熊本店の2階を、九州地区で初の新業態店舗となるイオンスタイル熊本にリニューアルし、モール東側の専門店街の一部とともに営業再開。
    • 9月28日 - 3番駐車場にコンテナモール「link garden HAREBARE -ハレ晴れ-」をオープン。
    • 12月23日 - 1階レストランモールの一部が営業再開。営業再開した4店舗に、新規店4店舗を加えた計8店舗がオープンする。
  • 2017年(平成29年)
    • 1月26日 - 1階レストランモールの5店舗がリニューアルオープンし、全店舗の営業を再開。
    • 3月24日 - 一部準核ゾーンを除く西側モール専門店の営業を再開し、全館オープンする。

交通アクセス[編集]

詳細は公式サイト「交通アクセス」を参照。

自家用車[編集]

国道266号浜線バイパス沿いに立地している[5]

バス[編集]

2014年(平成26年)1月14日から2月13日まで熊本バスが熊本市に委託されて朝の通勤時間帯に当施設から熊本交通センターまで急行バスを運行し、自家用車通勤からの転換を目指す社会実験が行われた[37]

敷地内にバスターミナルが設置されている。

提供番組[編集]

地元FM局であるエフエム熊本において、単独提供番組を放送していた。

  • 毎週土曜日、昼12:00 - 12:25枠
    • 2006.? - 2006.5.13『ダイヤモンドシティ・クレア LOVE WONDERLAND』DJ.北野順一
    • 2006.5.20 - 2006.9.30『ダイヤモンドシティ・クレア スマイルスマイル』DJ.柄沢正行・嶋本えみ
  • 毎週月曜日 - 金曜日、朝10:20 - 10:25
    • 2006.12.1 - 2007.3 『ダイヤモンドシティ・クレア SMILE FOR STYLE』DJ.MEG
  • 特番など
    • 2006.10.9 『お昼もGAMADAS ダイヤモンドシティ・クレアオープン1周年記念SP』
      • オープン1周年を記念して、クレア2階の「フードステーション」から生放送を実施した[要出典]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j 『週刊東洋経済 臨時増刊 全国大型小売店総覧 2008年版』 東洋経済新報社、2008年。
  2. ^ a b c d 『読売年鑑 2006年版』 読売新聞社、2006年3月9日。ISBN 978-4643060010
  3. ^ a b c 『“新生”イオンモール誕生祭』 イオンモール、2007年9月19日 。
  4. ^ a b c d e 『経済日誌 2011』 地方経済総合研究所、2012年4月。
  5. ^ a b c d e f g 佐藤奈 “熊本県の大型SCにGMS出店 イオン九州 10月10日”. 週刊経済 2005年9月27日発行 No.925 (地域経済センター) (2005年9月27日).
  6. ^ 平成24年度大規模小売店舗立地法法第6条第2項(変更)届出の概要【2012年6月末】 - 経済産業省 2012年8月23日閲覧
  7. ^ a b c d e f g h i 佐藤奈 “クレアに家電店やスポーツ施設の新棟を建設 ㈱ダイヤモンドシティ 9月に着工”. 週刊経済 2007年4月24日発行 No.1423 (地域経済センター) (2007年4月24日).
  8. ^ a b c 都道府県別・政令指定都市別・市町村別SC (Report). 日本ショッピングセンター協会. (2013年12月)
  9. ^ a b c 森本修代 (2007年4月13日). “1万8000m2増床へ 嘉島町のクレア”. 熊本日日新聞(熊本日日新聞社)
  10. ^ a b c “ダイヤモンドシティ、熊本県に「嘉島ショッピングセンター」開発”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2003年4月18日)
  11. ^ a b c 『経済日誌 2000』 地方経済総合研究所、2001年4月。
  12. ^ “熊本県嘉島町に寿屋の大型S・Cランブラス年内オープンめざす 熊本県上益城郡”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2000年6月29日)
  13. ^ a b “壽屋が民事再生法を申請、過度な出店・多角化響く、中小卸に連鎖懸念”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2001年12月21日)
  14. ^ 『特集:SC(ショッピングセンター)ほど儲かるビジネスはない!』 週刊東洋経済2005年9月3日号 (東洋経済新報社) (2005年8月29日)
  15. ^ “ダイヤモンドシティが熊本県嘉島町に九州最大のS・C平成17年秋オープンめざす 熊本県上益城郡嘉島町”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2002年10月10日)
  16. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 佐藤奈 “嘉島のSCの核テナントに家具店やスポーツショップなど ㈱ダイヤモンドシティ 10月10日開業”. 週刊経済 2005年7月12日発行 No.1334 (地域経済センター) (2005年7月12日).
  17. ^ “DIAMONDCITY CLAIR(ダイヤモンドシティ・クレア)に決定 今秋10月オープン予定 熊本県上益城郡嘉島町”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2005年7月7日)
  18. ^ イオンモール熊本クレア 11月18日(金)10:00 リニューアルグランドオープン イオンモール株式会社 2011年11月2日
  19. ^ 大型商業施設、一部営業再開 イオンモール熊本 熊本日日新聞 2016年4月20日
  20. ^ 「イオンモール熊本」7月20日(水)9:00営業再開します! イオンモール株式会社・イオン九州株式会社 2016年6月23日
  21. ^ イオンモール熊本が営業再開 嘉島町 熊本日日新聞 2016年7月20日
  22. ^ “「イオンモール熊本」コンテナモールlink garden -HAREBARE- ハレ晴れ-9月28日(水)OPEN!” (PDF) (プレスリリース), イオンモール株式会社, (2016年9月26日), http://www.aeonmall.com/files/management_news/856/pdf.pdf 2016年11月27日閲覧。 
  23. ^ “あなたが顔をあげたとき、映るわたしが笑顔でありたい イオン熊本店10月20日(木)9:00全館リニューアルオープン” (PDF) (プレスリリース), イオン九州株式会社, (2016年10月14日), http://aeon-kyushu.info/files/management_news/1234/pdf.pdf 2017年2月4日閲覧。 
  24. ^ “イオンバイク熊本店10月20日(木)オープン” (PDF) (プレスリリース), イオン九州株式会社, (2016年10月19日), http://aeon-kyushu.info/files/management_news/1238/pdf.pdf 2017年2月4日閲覧。 
  25. ^ “「イオンモール熊本」1Fレストラン営業再開~新たにレストランが生まれ変わります~第一弾OPEN:2016年12月23日(祝・金)オープン 第二弾OPEN:2017年1月26日(木)オープン” (PDF) (プレスリリース), イオンモール株式会社, (2016年11月22日), http://www.aeonmall.com/files/management_news/893/pdf.pdf 2016年11月27日閲覧。 
  26. ^ “「イオンモール熊本」2017年3月24日(金)全館OPEN!” (PDF) (プレスリリース), イオンモール株式会社, (2017年2月17日), http://kumamoto-aeonmall.com/files/pdf/55/pdf.pdf 2017年2月25日閲覧。 
  27. ^ 前田克 (2009年7月8日). “熊本市中心部の小売り販売額、平成以降37%減”. 熊本日日新聞(熊本日日新聞社)
  28. ^ a b 『SC時代に求められる小売機能 〜SCは怖くない!?熊本SC戦争の実態〜』 地方経済総合研究所、2006年7月。
  29. ^ a b “イオン、大型SCで中国進出に本腰 開発会社合併効果を発揮”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2007年8月22日)
  30. ^ “イオンモール 15店名を変更”. 中日新聞 (中日新聞社). (2011年9月22日)
  31. ^ a b c “総合スーパー名「イオン」に統一、ジャスコ、サティの屋号消滅”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2011年3月2日)
  32. ^ a b “イオン、「ワーナー・マイカル・シネマズ」の劇場名を「イオンシネマ」に変更”. 日刊工業新聞(日刊工業新聞社). (2013年6月12日)
  33. ^ 佐藤大樹、野方信助 (2010年12月22日). “ゆず湯ぽかぽか、いい香り 熊本市の銭湯など”. 熊本日日新聞(熊本日日新聞社)
  34. ^ a b “壽屋、50店舗をイオンに売却、40店舗は地元企業に、小売として再生断念”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2002年3月1日)
  35. ^ 「イオン創業250年 日本縦断イオン・クリーンキャンペーン」 イオン九州株式会社 2008年4月4日
  36. ^ イオンモール内の核店舗の名称の変更について イオン九州株式会社 2011年12月28日
  37. ^ “急行バス実験、初日利用35人 熊本市−嘉島”. 熊本日日新聞(熊本日日新聞社). (2014年1月14日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]