イオン九州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イオングループ > イオン九州
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
イオン九州株式会社
ÆON KYUSHU Co., Ltd.
ÆON-Logo.svg
Aeon kyusyu.JPG
種類 株式会社
市場情報
東証JQ 2653
2000年8月7日上場
本社所在地 日本の旗 日本
812-0016
福岡市博多区博多駅南二丁目9番11号
設立 1972年昭和47年)6月29日
(福岡ジャスコ株式会社[1]
1954年創業)
業種 小売業
法人番号 6290001017604 ウィキデータを編集
事業内容 衣料品、食料品、住居余暇商品、ホームセンター商品等の小売事業
代表者 柴田祐司(代表取締役社長)
資本金 3,161百万円
(2020年2月29日現在)
発行済株式総数 18,812,519株
(2020年2月29日現在)
売上高 2,055億円(2020年2月期)
営業利益 6億円(2020年2月期)
純利益 3億円(2020年2月期)
純資産 141億円(2020年2月29日現在)
総資産 989億円(2020年2月29日現在)
従業員数 3,046名(2020年2月29日現在)
決算期 2月末日
主要株主 イオン株式会社 63.67%
イオン九州共栄会 2.75%
イオン九州社員持株会 2.66%
マックスバリュ西日本株式会社 2.55%
(2020年2月29日現在)
外部リンク https://www.aeon-kyushu.info/
テンプレートを表示

イオン九州株式会社(イオンきゅうしゅう、: ÆON KYUSHU Co., Ltd.)は、沖縄県を除く九州・山口地方イオン、イオンスタイル、マックスバリュザ・ビッグホームワイドなど(店舗ブランドの一覧は後述)を展開するイオングループの企業である。本社は福岡県福岡市博多区博多駅南2丁目9番11号。

概要[編集]

ダイエーの凋落や熊本の地場大手スーパー2社・壽屋ニコニコ堂の破綻、さらにはイオンモール等のイオングループのショッピングセンターの大量出店で大きく伸張した。対抗して大型ショッピングモールゆめタウンの出店を続ける広島を地盤とするイズミグループと激しい首位争いを九州で繰り広げていて、競争が激しい環境にある。

2007年(平成19年)には、マイカルグループ再建の過程でマイカルから独立し、以後特にイオングループとの連携を強めていた株式会社マイカル九州と合併した[広報 1]

なお、2011年(平成23年)3月1日に「ジャスコ」および「サティ」ブランドは「イオン」に変更された[2]。2000年代初頭の計画では本州の地域子会社同様2010年頃までに(琉球ジャスコ(当時)も含め)イオン本体への統合も模索した時期があった[3]が、地域密着の方針に完全に転換したこともあり現在はイオンリテールなどへの企業統合は予定されていない。

また、ダイエー再建にあたり、九州内にあるダイエーブランドの店舗(吉塚店を除く)の受け皿となることが予定されており、2015年9月にダイエーから運営を引き継ぐ予定だったが、同年6月にイオン株式会社の完全子会社として設立したイオンストア九州へ継承され、事業受託により同社店舗の運営を担当する形態へ変更。グルメシティの名を冠する店舗およびダイエー吉塚店(福岡市博多区パピヨンプラザ内)についてはマックスバリュ九州が継承した[4][広報 2][広報 3][5]

2018年10月10日にイオンが発表したスーパーマーケット改革の一環として、流通センターを共用するなど以前から提携関係にあったマックスバリュ九州やイオンストア九州と経営統合に関する基本合意書を締結。2019年9月1日付で3社の共同株式移転により持株会社を設立して経営統合し、経営統合後に食品事業と非食品事業に事業再編する計画であったが、2019年4月10日に協議の継続を発表し、予定されていた経営統合を延期していた。2020年4月10日に統合の方法をイオン九州を存続会社、マックスバリュ九州及びイオンストア九州を消滅会社とする吸収合併の方式に転換の上合併契約が締結され[広報 4]、同年9月1日に予定通り合併を実施。従前からイオン、マックスバリュ、ザ・ビッグの一体運営を行っているイオン琉球や同年3月にマックスバリュ北海道を吸収合併したイオン北海道同様に、九州地区でもイオン、マックスバリュ、ザ・ビッグの運営会社が一体化された。

沿革[編集]

九州ジャスコ時代の大規模小売店舗表示板
イオン唐津店にて撮影)
  • 1954年昭和29年) - 当社の前身である株式会社福岡大丸(店名:ダイマル。百貨店の大丸とは無関係)が創立[広報 5]
  • 1972年(昭和47年)
    • 3月 - 福岡大丸は小売業の基盤と拡大を図るためジャスコ株式会社と業務提携契約を締結[広報 6]
    • 大分市の「なんでもや(運営会社は三和商事株式会社・1961年(昭和36年)7月創業)」がジャスコに参加イオンの社史に記載されてました(P数不詳)。
    • 5月26日 - 大分ジャスコ株式会社設立、大分店・南大分店開店。
    • 6月29日 - ジャスコ株式会社の子会社として現法人である福岡ジャスコ株式会社を設立[1]
  • 1973年(昭和48年)2月 - 福岡大丸の店舗を譲受し営業開始[1](福岡大丸と三和商事は同月にジャスコに吸収合併された[6])。
  • 1974年(昭和49年)6月20日 - 福岡ジャスコが新規に開設したジャスコの1号店となる佐世保店長崎県佐世保市に開店[広報 6](佐世保店はイオンにブランド変更となった現在も営業している)。
  • 1979年(昭和54年)2月 - ますや(西九州ウエルマートを経てマックスバリュ九州の一部となる)と提携。
  • 1989年平成元年)9月 - 商号を「九州ジャスコ株式会社」に変更[1]
  • 1992年(平成4年)11月 - 佐賀ジャスコ株式会社より鹿島店の営業権を譲受[1]
  • 1994年(平成6年)2月 - 大分ジャスコ株式会社より営業譲受[1]
  • 1999年(平成11年)8月 - 旭ジャスコ株式会社[注釈 1]と合併[1]
  • 2000年(平成12年)8月 - ジャスダックへ株式上場[広報 6]
  • 2002年(平成14年)4月 - 経営破綻した壽屋(現・カリーノ)から5店舗を引き継ぎ、熊本県の3店舗(宇土店・菊陽店・玉名店)は同月に[7]、長崎県の時津店は6月2日に、佐賀県の鳥栖店は7月11日にそれぞれジャスコとして再オープン(なお、ジャスコ鳥栖店は2005年(平成17年)8月31日に[8][注釈 2]、ジャスコ宇土店は2011年(平成23年)1月30日に[9]、ジャスコ玉名店は2011年2月20日に[10]をもってそれぞれ閉店、ジャスコ菊陽店はイオンに転換後の2020年(令和2年)2月29日[広報 7]をもって閉店したため、旧寿屋からジャスコを経て、イオンとして現在も営業している店舗は時津店のみである)。
  • 2003年(平成15年)
    • 8月21日 - スーパーセンターホームワイド古賀店(現・イオンスーパーセンター古賀店)の「食品館」の運営をマックスバリュ九州株式会社から譲り受ける。
    • 9月1日 - 株式会社ホームワイド(旧・横萬ホームセンター)と合併[11]、商号を「イオン九州株式会社」に変更[広報 6]
    • 11月29日 - イオン九州初の基幹店として、「イオン香椎浜ショッピングセンター(現・イオンモール香椎浜)」をオープン。
  • 2004年(平成16年)
  • 2005年(平成17年)4月23日 - イオン九州としては初の「イオンスーパーセンター」が入居する「イオン佐賀ショッピングセンター」をオープン。
  • 2006年(平成18年)
  • 2007年(平成19年)
  • 2008年(平成20年)
    • 3月1日 - イオン九州のジャスコ・サティ・スーパーセンター全店でWAON導入。
    • 10月25日 - 熊本県に「ホームワイド御船店」をオープン。御船店にホームワイド店舗では初となるWAON導入(現在は全店舗で利用可能)。
    • 11月1日 - レジ袋を辞退すると精算時にその場で2円引きがスタート。
    • 11月22日 - イオンモール筑紫野の核店舗として「ジャスコ筑紫野店」をオープン(九州地区のジャスコとしては最後の新規出店)。
  • 2010年(平成22年)
    • 1月26日 - イオン九州としては初の新業態、自転車専門店「イオンサイクルショップ石丸店」をオープン[12]
    • 3月31日 - 戸畑サティとジャスコ福岡伊都店において交通系電子マネー「SUGOCA[注釈 3][注釈 4]。を先行導入[広報 10][広報 11]
    • 4月22日 - 電子マネー「SUGOCA」[注釈 3]を全店に導入。
    • 4月23日 - 戸畑サティを業態転換し「イオン戸畑店」をオープン(「イオン」店舗へ先行変更)。また、同年5月28日には「イオン戸畑店」を核店舗としたSC名称を「イオン戸畑ショッピングセンター」に改称し、グランドリニューアルオープン[広報 12]
    • 6月10日 - 従来の「ホームワイド」の品揃えを見直し、食品(加工食品・酒類)・衣料品・一般用医薬品(第1類医薬品を除く)も扱うディスカウント型ホームセンター「スーパーワイドマート佐伯店」を大分県佐伯市にオープン。
  • 2011年(平成23年)
    • 3月1日 - 当社運営の「ジャスコ」・「サティ」の名称を「イオン」へ変更[広報 13]
    • 3月18日 - イオンモール大牟田の核店舗として「イオン大牟田店」をオープン(九州地区のイオンとしては初の新規出店)。
    • 6月29日 - 当社としては初の名称となる、自転車専門店「イオンバイク白山通り店」を熊本県熊本市にオープン。
    • 7月23日 - ホームワイド新町店を業態転換し、品ぞろえを一新した新業態店舗「ワイドマート ドラッグ&フード新町店」をオープン[13]
    • 11月21日 - イオン九州運営のショッピングセンターのうち、モール型SC4か所を「イオンモール」に名称変更[広報 14]
  • 2012年(平成24年)1月1日 - イオン九州運営の「イオン」のうち、イオンモール株式会社が運営する「イオンモール」内の3店舗の店舗名称を変更[広報 15]
  • 2013年(平成25年)
    • 8月 - 「イオンネットスーパー」の配送を開始[広報 6]
    • 11月1日 - レジ袋無料配布中止店舗をイオン九州が運営する「イオン」33店舗及び「イオンスーパーセンター」5店舗にも拡大(食品フロアのみ、同日、イオンリテール運営の「イオン」170店舗もレジ袋無料配布を中止したため、既に実施している店舗を含め、「イオン」全店舗でレジ袋無料配布を中止したことになる)[広報 16]
  • 2014年(平成26年)9月15日 - 「地元AEON PROJECT」の一環として、マックスバリュ九州株式会社と合同で「九州食べごろ物語」を開始[広報 17]
  • 2015年(平成27年)
    • 4月9日 - 株式会社ダイエーのGMS事業のうち、九州地区の「ダイエー」24店舗(ダイエー吉塚店は除く)の運営を同年9月1日付で会社分割により継承することに関する基本合意書を締結したことを発表[広報 3][5]
    • 7月6日 - 会社分割後の継承先を当社への直接継承から同年6月8日にイオン株式会社の完全子会社として設立したイオンストア九州株式会社に変更し、同日に株式会社ダイエーの取締役会で、その2日後の7月8日にはイオンストア九州株式会社の取締役会でそれぞれ決議[広報 18]
    • 8月21日 - イオンストア九州株式会社との間で継承後の店舗の運営に関する業務委託契約を締結[14][広報 18]
    • 9月1日 - イオンストア九州株式会社が会社分割により九州地区の「ダイエー」24店舗を継承すると同時に当社が同社店舗の受託運営を開始[14][広報 18]し、店舗ブランドを「イオン」に変更(なお、継承日当日までに看板類の変更を終えたのは笹丘店のみで、他の店舗も順次看板類などの変更が行われた)。
    • 11月10日 - この日をもって、イオン九州での「ありが10デー」を終了。
    • 12月10日 - 「ありが10デー」に替わるイオン九州独自のセールとして「お10くデー」をスタート[広報 19][注釈 5]
  • 2016年(平成28年)
    • 1月13日 - マックスバリュ九州株式会社及び2014年9月にイオンの子会社となった株式会社レッドキャベツとの3社合同で、九州独自の商品開発や九州内のイオングループにおける共同仕入れ・地域商品催事の取り組むを行う新組織として「九州商品開発部」を設立したことを発表[広報 20]
    • 3月5日 - ダイエーから移管した「イオン」限定で開催していた「一の市」を、毎月第1土曜日・日曜日開催に変更し、当社運営の「イオン」及び「イオンスーパーセンター」全店舗にスケールアップして開催。
    • 5月31日 - ダイエーから移管した店舗の一つでイオン九州で最古の店舗であったイオン西新店が閉店[広報 21]
    • 7月20日 - 同年4月14日に発生した平成28年熊本地震の影響で休業していたイオン熊本店の2階部分を、「イオンスタイル」の九州地区1号店となる「イオンスタイル熊本」として営業再開[広報 22]
    • 9月10日 - ダイエーから移管した店舗で初めてのイオンスタイル店舗として、イオンスタイル笹丘がオープン[広報 23]
    • 11月10日 - 当社運営のイオン・イオンスタイル・イオンスーパーセンターにおいて店頭でのセール商品などの表示を明瞭化する見直しを行い、生鮮食品や総菜でこの日一番に勧める商品を『いちおし!』に、常に安価で提供する商品を『いつでも安か値(ね)っ!』に、期間限定のセール商品を『今買わんと値(ね)っ!』にそれぞれ変更[広報 24]
  • 2018年(平成30年)7月18日 - イオンスーパーセンター佐賀店を改装し、「イオン佐賀店」としてリニューアルオープン。「イオン」店舗としては初めてスーパーセンター業態からの転換による出店となる[広報 25]
  • 2019年(平成31年→令和元年)
    • 5月24日 - 新業態となる小型店舗「ニコキッチン」を立ち上げ、1号店として「ニコキッチン六本松店」をオープン[15]
    • 9月1日 - レジ袋無料配布中止店舗を旧「ダイエー」店舗の「イオン」・「イオンスタイル」(既にレジ袋有料化が実施されているなかま店、熊本中央店、日田店を除く)及び「ワイドマート ドラッグ&フード」にも拡大[広報 26]
    • 10月25日 - イオンスーパーセンター大木店が改装により「イオン大木店」にリニューアルしたことにより[広報 27]、九州からイオンスーパーセンターの店舗が消滅した。
    • 10月28日 - イオン二日市店内に九州初出店となるタピオカ専門店「フードボート カフェ 二日市店」をオープン[広報 28]。当店は、同年3月6日付の機構改革で新設した「FC事業推進部」[広報 29]により、当社がフランチャイジーとして運営するフランチャイズ事業の1号店となる。
  • 2020年(令和2年)
    • 8月11日 - 江北店・有家店・錦店を除く(詳細は後述)「イオン」及び「イオンスタイル」の直営の食品売場において時間帯(原則として午後2時から午後4時までだが、店舗によって異なる場合がある)限定で妊娠中の方・乳幼児同伴の方・75歳以上の方・からだが不自由な方・ヘルプマークをつけた方を対象とした優先対応レジの設定を発表(8月より順次導入されるが、店舗によっては特定の曜日に限り設定されない場合がある)[広報 30]
    • 9月1日 - イオンストア九州マックスバリュ九州を吸収合併し、マックスバリュ九州が運営していた「マックスバリュ」「マックスバリュエクスプレス」「マックスバリュくらし館」「マックスバリュハロー」「COCOSA B1」「レッドキャベツ」「ザ・ビッグ」「ザ・ビッグエクスプレス」の運営を引き継ぐ[広報 31]
    • 9月10日 - ホームワイド高城店を業態転換し、建築業関連を中心としたプロユースに特化したプロショップ「ホームワイドプロ高城店」をオープン[広報 32]
    • 9月24日 - マックスバリュ梅田店をオープン[広報 33]。マックスバリュ九州との合併後初の「マックスバリュ」店舗となる。
    • 10月2日 - レッドキャベツ多布施店を業態転換し、ザ・ビッグ多布施店をオープン[広報 34]。マックスバリュ九州との合併後初の「ザ・ビッグ」店舗となる。
    • 10月10日 - イオン野芥店をリニューアルオープンし、食料品売場を「マックスバリュエクスプレス野芥駅前店」へ転換[広報 35]

店舗[編集]

山口県はホームワイドのみイオン九州が運営しており、イオンはイオンリテール、マックスバリュとザ・ビッグはマックスバリュ西日本が運営している。

出店店舗の詳細情報は公式サイト内の店舗検索を参照。

また、マックスバリュ九州との合併に伴って継承した店舗のうち、マックスバリュ九州として運営していた当時における店舗ブランドや業態の変更についてはマックスバリュ九州を参照。

イオン[編集]

イオングループが展開しているGMS店舗。一部の店舗はイオンリテールと統一名称の「イオンショッピングセンター」や「イオンモール」(福岡伊都・香椎浜・佐賀大和・鹿児島は当社運営、左記以外のイオンモールはイオンモール社の運営)等の敷地内にある。なお、日向店・姶良店は「イオンタウン」内に出店する。また、当社が運営する店舗は、2020年9月時点で旧「サティ」店舗5店舗(大野城店福岡東店戸畑店[注釈 6]隼人国分店姶良店、ブランド統合後に3店舗を閉鎖)、旧「ジャスコ」店舗34店舗(ブランド統合後に1店舗を閉鎖)、ブランド統合後(2011年3月以降)に新規で開業した店舗5店舗(大牟田店福津店、佐世保白岳店、小郡店、多々良店)、旧「ダイエー」店舗16店舗(ブランド転換後に8店舗を閉鎖、2020年8月まではイオンストア九州からの受託による運営)、旧「イオンスーパーセンター」店舗4店舗(佐賀店、岡垣店、志摩店、大木店)に分類される。

  • 延岡店は、旭化成との合弁で設立された「旧・旭ジャスコ」を1999年(平成11年)に合併。後の2003年(平成15年)に、増床した店舗である。
  • 時津店は旧壽屋(現・カリーノ)から譲り受けた店舗で、改装時に店舗名をジャスコへ変更された[7](○○寿屋→ジャスコ○○店→イオン○○店)。譲受後もカリーノグループ(壽屋グループ→ラララグループ)などから建物を借りて運営されている。
  • 熊本店は旧壽屋が開業を予定していた「寿屋嘉島ランブラス」の開発予定地をイオングループが譲り受けて開業した「ダイヤモンドシティ・クレア(現・イオンモール熊本)の核店舗である。2016年7月20日に2階を「イオンスタイル熊本」に改装の上営業を再開。九州地区での「イオンスタイル」1号店となった。
  • 有家店は地元JAが運営するエーコープ[16]が、錦店は地元経営のスーパーサンロード[17]、江北店は同じ当社(2020年8月まではマックスバリュ九州)が運営するザ・ビッグ[18]、野芥店は同じ当社が運営するマックスバリュエクスプレスがそれぞれ食料品を扱うため、直営の食品売場を持たない。
  • 笹丘店は九州地域の旧「ダイエー」店舗で最初に「イオン」の看板に切り替えた店舗で、2015年9月1日の新生イオン九州発足の際、同店で柴田社長出席のもとで開店式典が行われた。その後、2016年9月10日にイオンスタイル笹丘としてリニューアルしている[広報 23]
  • 2015年11月までに他の旧「ダイエー」店舗も順次「イオン」の看板に切り替えられた(旧ダイエー吉塚店マックスバリュ吉塚店[注釈 7])を除く。
  • 旧「ダイエー」の店舗のうち、壱岐店(長崎県壱岐市)とプラザ大島店鹿児島県奄美市)は離島に出店しており、前述の移管と店舗ブランド変更により、「イオン」ではこれまで展開していなかった離島の地域へ進出した。
  • 旧ダイエーの店舗では、電子マネーの導入が遅れており、WAONについては2014年までに導入を完了した。転換時点ではSUGOCAを始めとする交通系電子マネーQUICPayiDについてはイオンショッパーズ福岡店など一部の店舗にしか対応していなかった[注釈 4]。レシートにおいても、転換当初はダイエー仕様のテンプレートにAEONロゴと「イオンXX店(旧:ダイエーXX店)」と印字したものとなっていたが、レジシステムの更新を行った店舗ではイオングループ共通のテンプレートを用いたレシートを使用している[注釈 8]合わせてSUGOCA等WAON以外の電子マネーが利用可能となったことでサービス基準の統一を図っている[注釈 4]。2020年の3社統合後は、旧ダイエー・マックスバリュ九州店舗ともにイオン九州の社名へ表記に変更されている(イオンショッパーズ福岡店のみ2019年4月のリニューアル時に先行してイオン九州の直営店になったためレシートの切り替えも早かった)。生鮮食料品や惣菜類における加工・製造シールの社名表記も既存のイオン店舗[注釈 9]とは異なりイオンストア九州名義[注釈 10]となっている。
  • イオンスーパーセンターから転換された店舗はいずれも改装と同時にホームセンターが新たにオープンされたが、イオン九州が運営する「ホームワイド」ではなく、LIXILビバが運営する「スーパービバホーム」が出店している。自社でホームセンターを持つイオン九州のショッピングセンターにライバル企業のホームセンターが出店するのは異例のケースとなる[19]。2020年9月3日には、熊本県の八代店内にも「スーパービバホーム」が出店した[20]

マックスバリュ/マックスバリュ エクスプレス[編集]

マックスバリュ九州との合併により承継した店舗ブランドで、イオングループが国内及び海外で展開する食品が中心のスーパーマーケット。マックスバリュ九州との合併時点では、九州全県に142店舗(このうち、「マックスバリュ エクスプレス」は福岡県・佐賀県・鹿児島県に31店舗)を展開している。

なお、福岡県の田主丸店、佐賀県の基山店、大分県の豊後高田店、宮崎県の岡富店の4店舗は元々イオン九州が運営していたが、2004年4月にマックスバリュ九州へ営業譲渡されており、今回の合併により、16年5ヶ月ぶりにイオン九州の運営に戻ったことになる。また、長崎県佐世保市にある梅田店と福岡県福岡市早良区にあるエクスプレス野芥駅前店はマックスバリュ九州との合併後に開店した店舗で、エクスプレス野芥駅前店はイオン野芥店内に食品テナントとして出店している店舗である。

また、長崎県対馬市にある対馬いづはら店(旧レッドキャベツ店舗)はイオン壱岐店、イオンプラザ大島店同様に離島に出店する店舗である(離島での「マックスバリュ」に関しては、イオン琉球沖縄県宮古島に2店舗、石垣島に4店舗の計6店舗を展開している)。

マックスバリュくらし館/マックスバリュハロー[編集]

マックスバリュ九州との合併により継承した店舗ブランドで、中・小規模のスーパーマーケット。イオン時津店と同じ経緯で旧壽屋からの営業譲渡や旧ハローから継承した店舗が母体で、旧店舗ブランドを残している。マックスバリュ九州との合併時点では、「マックスバリュくらし館」は福岡県の久福木店、熊本県の国府店、大分県の高田店・猪野店・市浜店、宮崎県の田野店の6店舗、「マックスバリュハロー」は佐賀県の東与賀店1店舗をそれぞれ展開している。

レッドキャベツ[編集]

マックスバリュ九州との合併により継承したスーパーマーケット。元々は同名の運営会社(株式会社レッドキャベツ)によって運営されていた。マックスバリュ九州との合併時点で福岡県の福岡空港店と甘木駅前店、佐賀県の多布施店と蔵上店、長崎県のみらい長崎ココウォーク店の5店舗を承継したが、2020年10月に多布施店が「ザ・ビッグ」に業態転換したことで4店舗となっている。

COCOSA B1[編集]

マックスバリュ九州との合併により継承した店舗ブランドで、熊本県熊本市中央区の複合商業施設「COCOSA」の地下1階に出店するフードスタイルストア。

ザ・ビッグ/ザ・ビッグ エクスプレス[編集]

マックスバリュ九州との合併により継承した店舗ブランドで、生鮮食料品と日用雑貨が中心のディスカウントストア。マックスバリュ九州との合併時点で福岡県・佐賀県・熊本県の25店舗(このうち、「ザ・ビッグ エクスプレス」は福岡県と熊本県に6店舗)[広報 31]を承継。前述したように、2020年10月に「レッドキャベツ」からの業態転換により多布施店がオープンし、2020年10月時点で26店舗を展開している。

このうち、佐賀県杵島郡江北町にある江北店は、イオン江北店内に食品テナントとして出店している店舗である[注釈 11]

ホームワイド/ワイドマート[編集]

ホームワイド(旧・横萬ホームセンター)との合併により継承したホームセンター。また、イオン九州が新規開業したホームセンターも同ブランドで展開されている。

また、2000年代後半以降ではこれまでの「ホームワイド」の品揃えを見直したディスカウントストアに近い業態も誕生しており、2010年6月にはホームセンターの機能に加工食品・酒類・衣料品・一般用医薬品(第1類医薬品を除く)まで幅広くそろえた「スーパーワイドマート」、2011年7月には「スーパーワイドマート」よりも規模を小さくし、生活必需品中心の品ぞろえとした小型スーパー「ワイドマート ドラッグ&フード」が登場している。

2020年9月には、ホームワイドの派生業態として建築業を中心としたプロユースに特化したプロショップ「ホームワイドプロ」を立ち上げた。

なお、合併後に開店した店舗だけでなく、田主丸店のように合併前から営業している店舗についても順次「AEON」ロゴが表記されるようになっている。

イオンバイク[編集]

イオン九州が運営するGMS店舗およびホームワイドで培ってきた自転車販売や修理等のサービスをより地域に密着しながら、さらに広くお客様に提供するために2010年に立ち上げた自転車専門店。1号店の石丸店は、単独店舗として全国初のケースとなる[広報 36]。その後、石丸店は2016年11月20日に閉店している[広報 37]

元々「イオンサイクルショップ」として事業展開を始めたが、全国ブランドでもある「イオンバイク」を併用するようになり、「イオンサイクルショップ」として開業した店舗も順次「イオンバイク」へ屋号変更したことで、イオン九州が運営する店舗すべてが「イオンバイク」に統一した。

2020年4月現在、単独店舗として営業している店舗は6店舗(福岡5、熊本1)で、このうち、新大江店(熊本県熊本市中央区)は自転車修理を専門とする特殊業態の店舗である。また、自転車売場を設けている「イオン」の一部は「イオンバイク」としている店舗が19店舗(福岡10、長崎1、熊本3、大分1、宮崎1、鹿児島3)ある。

過去に存在していた店舗[編集]

かつて存在した業態[編集]

ジャスコ[編集]

サティ[編集]

イオンスーパーセンター[編集]

花のえき[編集]

かつて「ホームワイド」が展開していた園芸専門店。福岡県筑紫野市の筑紫野東急ショッピングセンター(現、筑紫野ベレッサ)や大分県に出店していたが筑紫野店閉鎖時に業態を廃止した[要出典]

火曜市のテレビCM[編集]

イオンリテールやマックスバリュ地域会社で開催されている「火曜市」は、以前マックスバリュ九州では実施していなかった(代替として「木よう市」を実施する)ため、イオン九州では「スーパー火曜市」として専用のCMを制作し、沖縄県を除く九州地区全域で放映されていたが、2012年11月20日にマックスバリュ九州でも「火曜市」がスタートしたことで、イオンリテールと共通のTVCMが放映されていた。その後、新たにイオン九州専用の「火曜市」のTVCMが制作され、2014年6月30日より放映を開始した(「火曜市」のTVCMがイオン九州専用版に戻るのは約1年7ヶ月ぶり)[21]

2010年平成22年)3月まではイオン香椎浜ショッピングセンター(現・イオンモール香椎浜)で撮影されたCMが放映されていたが、同年4月からCMがリニューアルされ、「お客さま感謝デー」や「お客さまわくわくデー」など、他のイベントとの同時開催時における併記ができるようになり、ハイビジョン化された。また、2011年3月のブランド統合により、一部箇所を変更した改訂版(「ジャスコとサティの~」を「イオンの~」に変更)となった。ブランド変更当初(同月上旬ごろ)はCM冒頭に「HAPPY NEW AEON」が挿入されていた。同年11月14日から新バージョンのTVCMがマックスバリュ九州の「火曜市」がスタートするまで約1年にわたって放映されていた。

2014年(平成26年)6月30日からはイオン九州の運営エリア(「ホームワイド」のみの展開である山口県を除く)の県別に7パターンのTVCMが制作され、県によりTVCMが見られるパターンが異なっていた。同年9月15日から2016年(平成28年)8月までは特売の内容を知らせるものとなっていた。同年9月5日以降は他のイオンのTVCM同様に冒頭に「AEON」ロゴを挿入した新バージョンとなった。

使用しているBGMは、スーパー火曜市時代からイオン系スーパー共通CM化まではイオン九州独自のCMソング[注釈 12](歌入り、2020年現在もイオン九州の店内で流れている)が、イオン系スーパー共通CM採用期のみ本州など他のイオン系スーパーと同じCMソング(一週間の替え歌)を使用していた。共通化CM終了後の2014年以降はスーパー火曜市時代と同じイオン九州独自のCMソング(歌なしのインスト版)を使用している。

なお、「火曜市」以外でイオン九州独自のTVCMがあるのは後述する福岡ソフトバンクホークス関連のセール(この場合はマックスバリュ九州との共同開催)や「九州大感謝祭」といったイオン九州独自開催のセール告知に限られ、それ以外はイオングループ共通のTVCMが放映されている(その為、後述する旧ダイエー店舗移管に伴う特例が発生するまで、イオン九州独自でタレントを起用したTVCMが打てない事情があった)。ただし、過去に放映された「イオンネットスーパー」のTVCMに関しては沖縄を除く九州地区において、イオン九州独自のTVCMに差し替えた例がある(2015年8月まで及び同年11月から2016年8月までは「火曜市」のTVCMの最後に「イオンネットスーパー」も併せて告知していた)。

旧ダイエー店舗移管による特例・激変緩和措置[編集]

HKT48メンバーのTVCM起用
株式会社ダイエーでは2012年(平成24年)6月から九州地区における広告キャラクターとしてHKT48を起用してきた経緯があり、その縁で、2015年(平成27年)9月の旧ダイエー店舗の運営移管時に買い物客への周知を目的に、メンバーの宮脇咲良兒玉遥がダイエーの広告出演時の衣装のままで、広告のメインである従業員と共に新生イオン九州の発足に伴う関連セールのTVCMの出演した(関連セールの折り込みチラシにも登場した)。
翌月には2015年にイオン九州の独自セールとして新たに開始し、季節ごとに開催している「九州大感謝祭」の同年10月9日~12日開催分において、前日の同年10月8日からの告知用TVCMに宮脇・兒玉に加え、指原莉乃を追加した3人が起用され、同年10月8日の折り込みチラシにも登場した。なお、同年12月3日~6日開催分においても同様だが、2016年3月25日~27日開催分では、宮脇・兒玉・指原に加え、上野遥・朝長美桜田島芽瑠森保まどかの4人を追加した7人を起用。同年7月8日~10日開催分(同年10月7日~10日開催分も同様)では一部メンバーチェンジされ、指原・上野・森保に代わり、新たに田中美久を加えた5人が起用。同年12月8日~11日開催分では再度メンバーチェンジされ、朝長・田島・田中に代わり、約9ヶ月ぶりに森保を再起用し、新たに松岡菜摘松岡はなを起用している。
また、2016年3月よりスケールアップされた「一の市」でも宮脇・兒玉・指原の3人が起用されていた。
2018年2月までにHKT48の起用を終了し、以降はトキヲイキルを起用している。
ハートポイントサービスの経過的利用
マックスバリュ九州などとともに移管対象店限定でダイエーのハートポイントサービスを継続[広報 38]。ただしこれはあくまでも経過措置(激変緩和措置)であり、移管時点では永続・終了いずれの結論も出ていなかった。イオングループでは電子マネーWAONへの切り替えを強力に推進しており、移管前から旧ダイエー店でもWAONが導入されている。また、2015年12月10日より開始した「お10くデー」では、イオンストア九州名義の旧ダイエー店舗に限り、ハートポイントカードの提示でも割引が適用されていた[広報 19]
なお、ハートポイントカードは2016年5月末でサービスが終了となり、WAONへ完全移行。さらに、同年6月23日からは新たなポイントサービスである「WAON POINT」が開始され、ハートポイントサービスに替わるポイントカードとして「WAON POINTカード」の発行も開始された。
各種キャンペーン施策の経過的利用
ダイエーから移管された店舗限定で「一の市」(毎月1日)、「なかなかデー」(毎月15日)、「木曜の市」(毎週木曜日)、「OMCカードご優待デー」(毎週日曜日)を継続。このうち、毎週日曜日開催の「OMCカードご優待デー」は旧ダイエーの全店舗で2015年11月をもって終了した。
なお、OMCカードのクレジット払いによる割引はダイエー時代の2014年3月20日よりイオングループでの「お客様感謝デー」開催日である20日・30日にも開催しているほか、「イオン」は同年5月30日より、「イオンスーパーセンター」と「ホームワイド」は同年6月20日より「お客様感謝デー」開催時にOMCカードのクレジット払いによる割引が適用されるようになった。さらに、2015年12月10日より開始した「お10くデー」ではイオン九州運営の全店舗でOMCカードのクレジット払いによる割引が適用されていたいが[広報 19]、OMCカードのクレジットカード払いによる割引は2016年2月末日(「お客様感謝デー」の同年2月28日開催分)をもって、ダイエーを含む他のイオングループ企業と同時に終了となった(OMCカードのクレジット払い自体は同年3月以降も可能、同年6月23日に「WAON POINT」が開始されたことにより、「お客様感謝デー」の同年6月30日開催分からは先に「WAON POINTカード」を提示することでOMCカードのクレジット払いでも再び割引が適応されるようになる)。
また、前述のとおり、ダイエーから移管された店舗限定で開催されていた「一の市」は2016年3月より、開催日を毎月第1土曜日・日曜日の2日間開催に変更し、開催店舗も従前から当社が運営する「イオン」と「イオンスーパーセンター」にも規模を拡大して開催するようになった。

プロ野球の優勝セール[編集]

2005年(平成17年)より、当社では本州などのイオン系列の店舗とは違い、プロ野球で福岡ソフトバンクホークスを応援しているため、ソフトバンク以外の他球団が優勝しても優勝セールは行われない。2005年(平成17年)から2009年(平成21年)および2013年(平成25年)・2016年(平成28年)は、ソフトバンクのリーグ優勝がないために[注釈 13]クライマックスシリーズプレーオフ)あるいはレギュラーシーズン終了後に『ホークスありがとうセール[注釈 14]』と題して、一定期間商品を値下げするセールを行っていた。同様の企画は、九州地区のマックスバリュザ・ビッグ(マックスバリュ九州が運営)・ビブレOPAが運営)などでも行われている[広報 39]

また、2015年(平成27年)3月27日よりマックスバリュ九州ダイエーと共同で「福岡ソフトバンクホークス×WAONカード」の発行を開始している[広報 40]

2010年(平成22年)は福岡ソフトバンクホークスが7年ぶりとなるリーグ優勝を果たした為、福岡県内の18店舗及びジャスコ三光店(大分県、現・イオン三光店)、ジャスコ唐津店(佐賀県、現・イオン唐津店)で『優勝おめでとうセール』を開催した[広報 41]。また、クライマックスシリーズ全日程終了後に『ホークス応援感謝セール』を開催したが、全日程終了日の翌日が「お客さま感謝デー」と重なってしまった為、同年10月22日から3日間行われた。

2011年(平成23年)は2年連続でリーグ優勝を果たした為、昨年に引き続き『優勝おめでとうセール』を開催[広報 42]。昨年のリーグ優勝セールよりも対象店舗を拡大し、当社が運営するイオン・イオンスーパーセンター全店舗(49店舗)で10月2日・3日の2日間開催された。また、ここ6年間、クライマックスシリーズ終了後に行われてきた『ホークス応援感謝セール』はクライマックスシリーズを制覇したために見送られ、さらに、日本シリーズで日本一を達成したため、『日本一おめでとうセール[注釈 15]』を第7戦の翌日となる11月21日から3日間開催した[広報 43]。当社が運営する全業態の店舗が対象だが、店舗業態によりセールの企画内容が異なる。

2012年(平成24年)はリーグ優勝を逃したものの、クライマックスシリーズへの進出を果たしたため、『熱烈応援セール』を10月13日から3日間開催した[広報 44]。また、パ・リーグのクライマックスシリーズの全日程終了後に『感動ありがとう』セールを10月20日と21日の2日間開催した[広報 45]

2014年(平成26年)は3年ぶりにリーグ優勝を果たしたため、『熱烈応援セール』を10月3日から3日間開催[広報 46]。その後、3年ぶりにクライマックスシリーズを制覇したため、『熱烈応援感謝セール』を10月21日から3日間開催[広報 47]。そして、日本シリーズで3年ぶりに日本一を達成したため、10月31日から『感動ありがとうセール』を開催。期間中に3連休と重なることから、当初予定から1日拡大し、4日間開催となった[広報 48]。なお、セール開催前には告知用のTVCMも放映された(マックスバリュ九州及び同社子会社のクリエイトと共同実施のため、最後に表示される店舗ロゴには、当社運営の店舗ブランドに加えて「マックスバリュ」・「ザ・ビッグ」・「クリエイト」も表示される)。

2015年(平成27年)は2011年以来となる2年連続でリーグ優勝を果たしたため、『祝!連覇!イオンの熱売(アツウリ)!!福岡ソフトバンクホークス優勝セール』を9月18日から3日間開催[広報 49]。イオン九州が運営する全店舗で開催されたが、業態によりセール内容が異なるほか、チラシについても、「イオン(既存店舗)」向け([1])と旧「ダイエー」店舗向け([2])および「ホームワイド」向け([3])で異なるチラシを使用している。さらに、2年連続でクライマックスシリーズを制覇したため、同年10月17日から3日間『イオンの熱売!!福岡ソフトバンクホークス 感動ありがとうセール』を開催した[広報 50][広報 51]。リーグ優勝時同様、イオン・イオンスーパーセンター(イオン九州運営店舗のみ)、ワイドマート ドラッグ&フード、イオンバイク(イオン九州運営店舗のみ)、ホームワイドでセール内容が異なる。そして、日本シリーズでも勝利して日本一の2連覇も達成。同年10月30日から3日間『福岡ソフトバンクホークス感動ありがとうセール』の開催が決定した。リーグ優勝時やCS優勝時と同様、業態や店舗によっては割引やサービス内容・チラシの種類が異なっている[広報 52][広報 53]

2017年(平成29年)は2年ぶりにリーグ優勝を果たしたため、『ワンダホー!』セールを9月17日から開催[広報 54]。なお、当初は9月19日までの3日間が予定されていたが、初日が平成29年台風第18号の接近と重なったため1日延長となり、9月20日までの4日間開催となった。その後、2年ぶりにクライマックスシリーズを制覇したため、同年10月23日から3日間、2度目の『ワンダホー!』セールが開催され[広報 55]日本シリーズでも勝利して2年ぶりの日本一も達成したため、同年11月5日から3日間、3度目の『ワンダホー!』セールが開催された[広報 56]

なお、日程中に「お客様感謝デー」と重なる場合、2010年は1日順延して開催したが、2012年以降は同時開催となっており、優勝セール時の割引と「お客様感謝デー」の割引は両方適用される(2012年は『感動ありがとうセール』初日の10月20日の1回、2015年は『祝!連覇!イオンの熱売!!福岡ソフトバンクホークス優勝セール』最終日の9月20日と『福岡ソフトバンクホークス感動ありがとうセール』初日の10月30日の2回、2017年は『目指すは頂点! ワンダホー!セール』最終日の9月20日の1回の計4回同時開催されている)。

買物袋持参運動[編集]

買物袋持参運動の一環として、イオン九州運営店舗では2008年(平成20年)10月31日をもってレジ袋辞退者に配布していたイオングループの買物袋スタンプカードの発行と押印を終了し、11月1日より代替として1回の精算ごとにその場で2円引き[広報 57]を実施していた。なお、20個たまったスタンプカード、または途中までしか押印されていないスタンプカードは、3枚(スタンプ60個分)でマイバッグ携帯用、5枚(スタンプ100個分)でマイバッグレジカゴ用と交換できる(マイバッグに関しては有効期限はなく当分の間交換できる)。その他、途中までしか押印されていないスタンプカードの場合、九州地区以外のイオングループ(スタンプカード取扱い店舗)で引き続き利用可能である(沖縄県を含む九州地区のイオングループ店舗では全店でスタンプカードの取扱いを終了している)。

その後、一部の店舗ではレジ袋無料配布中止に伴って2円引きサービスを終了しており[広報 58]、2013年11月1日から「イオン」でのレジ袋無料配布中止店舗をグループ内全店舗に拡大したことに伴い、継続実施していた店舗も2円引きのサービスは同年10月31日をもって終了した。

なお、2015年9月より旧ダイエー店舗のみ「レジ袋辞退で2円引き」制度を復活させたが、「ワイドマート ドラッグ&フード」と共に2019年8月31日をもってレジ袋の無料配布が終了した[広報 26]

事件[編集]

  • 2018年3月から4月にかけて、北海道在住の男が当社の公式アプリ内来店ポイントサービス(イオン九州内の店舗の位置情報から来店1回ごとにWAONポイント2点を付与)に目をつけ、45台のパソコンを使い位置情報を改ざんする手口で約270万回の来店を装い約540万点分のポイントをだまし取ろうとして福岡県警逮捕された。イオン九州の担当者が来店履歴の異常に気づき通報したため、実際の被害額は140点相当にとどまった[22][23][24]。ポイントサービスを悪用した逮捕事例は大手小売業では初のこととなった。

脚注・出典[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 旭ジャスコ株式会社の出自は1992年設立の「ヤーク」
  2. ^ 現在は「サンリブ鳥栖」として営業
  3. ^ a b 当初はSuicanimocaはやかけんを含む4種類が、2014年現在は、左記の含め10種類の交通系ICカードが利用可能となっている。
  4. ^ a b c 交通系電子マネーが非対応の時期は対応箇所が空白になっていた(例:左からWAON、空白(本来はSUGOCA)、空白(本来はiD)、空白(本来はQUICPay))。
  5. ^ 2019年3月10日開催分からマックスバリュ九州が運営する「マックスバリュ」・「マックスバリュエクスプレス」でも開催されるようになり、九州地区独自セールにスケールアップされる
  6. ^ 改装に伴い、他の店舗に先駆けて2010年4月に「イオン」にブランド変更済み。
  7. ^ マックスバリュ吉塚店は入居するパピヨンプラザの建て替えの為、2019年1月6日に閉店した。
  8. ^ 通常、社名表記は当該店舗(既存のイオン・ホームワイド・イオンバイク)の運営会社であるイオン九州株式会社となっているが、旧ダイエー店舗ではイオンストア九州株式会社となっている点が異なる。
  9. ^ (例)「イオン九州(株)イオン福岡伊都店」など
  10. ^ (例)「イオンストア九州(株)イオン西新店」など
  11. ^ 全国でも当店以外に山梨県笛吹市イオン石和店(イオンリテール運営・旧サティ店舗)内に出店する石和店(イオンビッグ運営)があるのみで、極めて珍しい業態となる
  12. ^ 同じ楽曲が2004年時点でマックスバリュ北海道(当時、現在のイオン北海道)のCMでも使用されていた
  13. ^ 2008年及び2013年はBクラスとなったため、クライマックスシリーズ進出も果たせなかった。2018年と2019年はレギュラーシーズンは2位であったが、クライマックスシリーズと突破し日本シリーズも制している。
  14. ^ 2016年は『イオンの熱売(あつうり) 炎のセール』とセール名称が変更されている
  15. ^ 日本一を逃した場合には『感動ありがとうセール』となる予定であった[広報 43]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g 流通会社年鑑 2003年版, 日本経済新聞社, (2002-12-20), pp. 188 
  2. ^ 武内彩(1998年8月4日). “サティ:名称「イオン」に 全国91店舗で”. 毎日新聞 (毎日新聞社)
  3. ^ イオングループの大変革、鈴木孝之、日本実業出版社、16P。2016年12月29日閲覧。
  4. ^ “ダイエーの看板なくなる イオンの完全子会社化で(P2)”. 産経新聞. (2014年9月24日). オリジナルの2015年7月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150724023741/http://www.sankei.com/economy/news/140924/ecn1409240039-n2.html 2018年9月30日閲覧。 
  5. ^ a b イオン(8267)、ダイエーのGMS・SM事業の構造改革へ - M&Aタイムス、2015年4月9日閲覧。
  6. ^ 流通会社年鑑 2003年版, 日本経済新聞社, (2002-12-20), pp. 120 
  7. ^ a b “九州ジャスコ、時津店も再開へ”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2002年5月8日)
  8. ^ “ジョイフルタウン内にあるジャスコ鳥栖店今年8月末閉店”. 佐賀新聞(佐賀新聞社). (2005年6月8日)
  9. ^ 毛利聖一 (2010年7月23日). “ジャスコ宇土、玉名店閉鎖へ 来年1~2月”. 熊本日日新聞(熊本日日新聞社)
  10. ^ 西東靖博(2011年1月21日). “ビッグミカエル:ジャスコ玉名店の後継に地場スーパー 5月下旬オープンへ”. 毎日新聞 (毎日新聞社)
  11. ^ 合併及び商号変更について - 九州ジャスコ・ホームワイド共同ニュースリリース、2018年11月18日閲覧。
  12. ^ イオン九州が新たに自転車専門店をスタート! 1月26日(火)「イオン サイクルショップ」が福岡市西区に開店します - イオン九州ニュースリリース、2018年11月18日閲覧。
  13. ^ <ホームワイド新町店は生まれ変わります!>7月23日「ワイドマート ドラッグ&フード新町店」開店 - イオン九州ニュースリリース、2018年11月18日閲覧。
  14. ^ a b “イオン九州:九州のダイエー総合スーパー24店引き継ぎ”. 毎日新聞. (2015年8月22日). オリジナルの2015年8月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150830002700/http://mainichi.jp/select/news/20150822k0000m020071000c.html 2018年9月30日閲覧。 
  15. ^ ニコキッチン六本松店、2019年5月24日開店-イオン九州の新業態小型店”. 都商研ニュース (2019年5月24日). 2020年9月7日閲覧。
  16. ^ イオン有家店フロアガイド、2018年11月18日閲覧
  17. ^ イオン錦店フロアガイド、2018年11月18日閲覧
  18. ^ ザ・ビッグ江北店 - マックスバリュ九州店舗案内、2018年11月18日閲覧
  19. ^ イオンスーパーセンター佐賀店、7月10日に一旦閉店ー「イオン佐賀店」に7月18日業態転換”. 都市商業研究所 (2018年7月8日). 2019年2月7日閲覧。
  20. ^ “「スーパービバホーム」開店 イオン八代に熊本1号店 品ぞろえ10万点”. 熊本日日新聞. (2020年9月3日). https://kumanichi.com/kumacole/interest/1590089/ 2020年9月24日閲覧。 
  21. ^ イオン、“激安王国”九州での挑戦イオン九州・柴田社長が語る、総合スーパーのあるべき姿(前編) - 日経ビジネスオンライン、2015年7月8日閲覧。
  22. ^ イオン九州公式アプリ来店ポイント不正取得と取得未遂に関してのお知らせ - イオン九州ニュースリリース、2018年11月18日閲覧。
  23. ^ 1回2pt...イオン来店ポイント詐取 無職男、270万回来店装う - FNNプライムニュース、2018年11月18日閲覧。[リンク切れ]
  24. ^ 538万円分のポイントを・・・イオン“270万回”来店装う(18/11/13) - ANNnewsCH、2018年11月18日閲覧[リンク切れ]

広報資料・プレスリリースなど一次資料[編集]

  1. ^ a b 株式会社マイカル九州とイオン九州株式会社の合併のお知らせ”. イオン九州・マイカル九州. 2018年9月30日閲覧。
  2. ^ イオン株式会社による株式会社ダイエーの株式交換による完全子会社化に関するお知らせ - ダイエー公式ニュースリリース、2014年9月23日閲覧。
  3. ^ a b 株式会社ダイエーの九州地域におけるGMS事業の運営の承継に関する基本合意書締結のお知らせ - イオン九州株式会社 ニュースリリース 2015年4月9日閲覧。
  4. ^ “イオン九州株式会社、マックスバリュ九州株式会社及びイオンストア九州株式会社の合併契約の締結に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), イオン九州株式会社、マックスバリュ九州株式会社, (2020年4月10日), https://www.mv-kyushu.co.jp/IR_PDF/tdnet/181527000.pdf 2020年9月15日閲覧。 
  5. ^ 九州ジャスコ株式会社と旭ジャスコ株式会社の合併について イオン株式会社 ニュースリリース 1999年4月22日
  6. ^ a b c d e 会社沿革”. イオン九州. 2018年9月30日閲覧。
  7. ^ “イオン菊陽店閉店についてのお知らせ” (PDf) (プレスリリース), イオン九州株式会社, (2019年7月31日), https://www.aeon-kyushu.info/files/management_news/1774/pdf.pdf 2020年7月4日閲覧。 
  8. ^ マックスバリュ店舗の営業譲渡について (PDF)”. イオン九州、マックスバリュ九州(2社連名) (2004年4月7日). 2020年9月2日閲覧。
  9. ^ 「ジャスコ・サティパワーアップセール」開催について - イオン九州公式ウェブサイト、2014年5月27日閲覧。
  10. ^ SUGOCA電子マネーがイオンのお店でご利用いただけるようになります (PDF) - 九州旅客鉄道株式会社・イオン九州株式会社2社連名によるリリース(配信元:イオン九州株式会社) 2010年3月29日(2014年4月18日閲覧)
  11. ^ JR九州のSUGOCA(スゴカ)九州エリアのイオンで利用可能に データマックス 2010年3月30日閲覧
  12. ^ 戸畑サティは「イオン戸畑ショッピングセンター」に変わります。4月23日(金)「イオン戸畑店」がグランドオープンにさきがけ新生オープン! (PDF) - イオン九州株式会社 ニュースリリース、2014年10月6日閲覧。
  13. ^ “3月1日(火)「新生イオン」誕生!九州内のジャスコ及びサティが「イオン」に生まれ変わります” (PDF) (プレスリリース), イオン九州株式会社, (2011年1月25日), http://aeonkyushu.com/files/management_news/258/pdf.pdf 2014年4月18日閲覧。 
  14. ^ 11月21日(月)モール型SC名を「イオンモール」に名称統一します (PDF) - イオン九州株式会社 プレスリリース 2011年10月27日(2014年4月18日閲覧)
  15. ^ イオンモール内の核店舗の名称の変更について (PDF) - イオン九州株式会社 プレスリリース 2011年12月28日(2014年4月18日閲覧)
  16. ^ レジ袋の無料配布中止をGMS「イオン」全店へ拡大 (PDF) - イオン・イオンリテール・イオン九州 3社連名によるリリース(配信元:イオン九州株式会社) 2013年9月11日(2013年11月1日閲覧)
  17. ^ 9月15日より「九州食べごろ物語」スタート (PDF) - イオン九州・マックスバリュ九州 2社連名によるリリース(配信元:イオン九州株式会社) 2014年9月12日(2014年11月3日閲覧)
  18. ^ a b c イオンストア九州株式会社の事業運営の承継(業務委託)に関する業務委託契約書締結のお知らせ (PDF) - イオン九州株式会社 ニュースリリース 2015年8月21日(2015年9月1日閲覧)
  19. ^ a b c 毎月10日は「お10くデー」~12月10日(木)から一斉スタート~ (PDF) - イオン九州・イオンストア九州 2社連名によるリリース(配信元:イオン九州株式会社) 2015年12月7日(2015年12月11日閲覧)
  20. ^ 九州のイオングループにて九州独自の商品開発を行う新組織「九州商品開発部」を設立 (PDF) - イオン九州・イオンストア九州・マックスバリュ九州・レッドキャベツ 4社連名によるリリース(配信元:イオン九州株式会社) 2016年1月13日(2016年1月17日閲覧)
  21. ^ イオン西新店閉店についてのお知らせ (PDF) イオンストア九州イオン九州、2016年2月23日(2016年2月24日閲覧)。
  22. ^ 「イオンモール熊本」7月20日(水)9:00営業再開します! イオンモール・イオン九州共同ニュースリリース 2016年6月23日配信、同6月26日閲覧
  23. ^ a b 笹丘の暮らしに「上質」なNEWSを発信 9月10日(土) イオンスタイル笹丘 誕生 (PDF) イオンストア九州イオン九州、2016年8月26日(2016年8月31日閲覧)。
  24. ^ “目に見える「お買い得」へ。「うれしい!」を、もっとお買い得に。トップバリュを値下げします。お客さまの声をカタチに。店頭の表示を変更します。” (PDF) (プレスリリース), イオン九州、イオンストア九州(2社連名), (2016年11月10日), http://aeon-kyushu.info/files/management_news/1258/pdf.pdf 2017年2月4日閲覧。 
  25. ^ 「イオンスーパーセンター佐賀店」屋号変更に関するお知らせ (PDF)”. イオン九州株式会社 (2018年6月21日). 2018年8月2日閲覧。
  26. ^ a b “9月1日から九州のイオン14店舗での実施開始により九州のイオン全店でレジ袋無料配布が中止に ワイドマートD&F7店舗でも無料配布を中止いたします” (PDF) (プレスリリース), イオン九州、イオンストア九州(2社連名), (2019年6月21日), https://www.aeon-kyushu.info/files/management_news/1755/pdf.pdf 2019年6月27日閲覧。 
  27. ^ 「イオンスーパーセンター大木店」屋号変更に関するお知らせ (PDF)”. イオン九州株式会社 (2019年10月4日). 2019年10月25日閲覧。
  28. ^ イオン九州 フランチャイズ事業 第一号店 九州初出店 タピオカ専門店「フードボート カフェ 二日市店」10月28日(月)イオン二日市店にオープン! (PDF)”. イオン九州株式会社 (2019年10月21日). 2019年11月9日閲覧。
  29. ^ 機構改革及び人事異動について (PDF)”. イオン九州、イオンストア九州(2社連名) (2019年3月6日). 2019年11月9日閲覧。
  30. ^ 8月より九州のイオン62店舗食品売場へ優先対象レジを設定 (PDF)”. イオン九州、イオンストア九州(2社連名) (2020年8月11日). 2020年8月13日閲覧。
  31. ^ a b 2つのチカラを、九州のチカラに。イオン九州とマックスバリュ九州がひとつに 2020年9月1日『新生イオン九州』スタート! (PDF)”. イオン九州株式会社 (2020年9月2日). 2020年9月2日閲覧。
  32. ^ ホームワイド初のプロショップ誕生! 職人さんを強力にサポートするお店『ホームワイドプロ高城店』9月10日(木) 6:30オープン (PDF)”. イオン九州株式会社 (2020年9月8日). 2020年9月15日閲覧。
  33. ^ 9月24日(木)午前9時「マックスバリュ梅田店」オープン! (PDF)”. イオン九州株式会社 (2020年9月1日). 2020年9月25日閲覧。
  34. ^ 10月2日(金)午前9時「ザ・ビッグ多布施店」オープン! (PDF)”. イオン九州株式会社 (2020年9月11日). 2020年10月5日閲覧。
  35. ^ お買物がより便利!より楽しいお店に! 10月10日(土)午前9時「イオン野芥店」リニューアルオープン! (PDF)”. イオン九州株式会社 (2020年10月5日). 2020年10月10日閲覧。
  36. ^ イオン九州が新たに自転車専門店をスタート! 1月26日(火)「イオン サイクルショップ」が福岡市西区に開店します (PDF) - イオン九州株式会社 ニュースリリース 2010年1月20日(2014年4月18日閲覧)
  37. ^ “イオンバイク石丸店閉店のお知らせ” (PDF) (プレスリリース), イオン九州株式会社, (2016年10月30日), http://aeon-kyushu.info/files/management_news/1246/pdf.pdf 2016年11月25日閲覧。 
  38. ^ ハートポイントサービス9月以降も継続して実施いたします。 - イオン西新店インフォメーション、2015年10月17日閲覧。[リンク切れ]
  39. ^ 祝!福岡ソフトバンクホークス2年連続日本ー!おめでとうございます! 天神ビブレでは『熱売!ビブレの優勝セール』を10月30日(金)~11月1日(日)の3日間開催 - 天神ビブレ公式Twitter、2015年11月21日閲覧。
  40. ^ 九州のイオングループは福岡ソフトバンクホークスを応援します「福岡ソフトバンクホークス×WAON」発行について - イオン九州・マックスバリュ九州・ダイエー3社共同発表のニュースリリース、2015年3月29日閲覧
  41. ^ “九州の元気!福岡ソフトバンクホークス”パ・リーグ優勝の翌日より優勝おめでとうセール開催! (PDF) - イオン九州株式会社 ニュースリリース 2010年9月24日(2014年4月18日閲覧)
  42. ^ "九州の元気!福岡ソフトバンクホークス" パ・リーグ優勝の翌日より優勝(ダ)おめでとうセール開催! (PDF) - イオン九州株式会社 ニュースリリース 2011年9月28日(2014年4月18日閲覧)
  43. ^ a b "目指せ日本一!福岡ソフトバンクホークス"日本一決定の翌日から3日間おめでとうセール開催! (PDF) - イオン九州株式会社 ニュースリリース 2011年11月17日(2014年4月18日閲覧)
  44. ^ "がんばれホークス! 目指せ!クライマックス制覇!"熱烈応援セール開催! (PDF) - イオン九州株式会社 ニュースリリース 2012年10月11日(2014年4月18日閲覧)
  45. ^ 福岡ソフトバンクホークス パ・リーグCS(クライマックスシリーズ)ファイナルステージ終了の翌日より「感動ありがとう」セール開催 (PDF) - イオン九州株式会社 ニュースリリース 2012年10月17日(2014年4月18日閲覧)
  46. ^ がんばれホークス!目指せ日本一!!「熱烈応援セール」開催!! (PDF) - イオン九州株式会社 ニュースリリース 2014年9月22日(2014年10月3日閲覧)
  47. ^ パ・リーグクライマックスシリーズ終了の翌日より3日間 「熱烈応援感謝セール」開催!! (PDF) - イオン九州株式会社 ニュースリリース 2014年10月16日(2014年10月21日閲覧)
  48. ^ 10月31日(金)から11月3日(祝・月)までの4日間福岡ソフトバンクホークス「感動ありがとうセール」開催!! (PDF) - イオン九州株式会社 ニュースリリース 2014年10月31日(2014年11月3日閲覧)
  49. ^ 祝!連覇!イオンの熱売アツウリ!!福岡ソフトバンクホークス優勝セール開催 (PDF) - イオン九州・イオンストア九州 ニュースリリース 2015年9月11日(2015年9月18日閲覧)
  50. ^ イオンの熱売!!福岡ソフトバンクホークス感動ありがとうセール開催 (PDF) - イオン九州株式会社 ニュースリリース 2015年10月15日(2015年10月17日閲覧)
  51. ^ ホームワイド38店舗にて福岡ソフトバンクホークス感動ありがとうセール開催 (PDF) - イオン九州株式会社 ニュースリリース 2015年10月15日(2015年10月17日閲覧)
  52. ^ イオンの熱売!!1年間の熱き戦いに感謝!福岡ソフトバンクホークス感動ありがとうセール開催 (PDF) - イオン九州株式会社・イオンストア九州株式会社 ニュースリリース 2015年10月26日(2015年10月30日閲覧)
  53. ^ ホームワイド全38店舗にて福岡ソフトバンクホークス感動ありがとうセール開催!! (PDF) - イオン九州株式会社 ニュースリリース 2015年10月26日(2015年10月30日閲覧)
  54. ^ “目指すは頂点!『ワンダホー!』セール パ・リーグ優勝チーム決定翌日から3日間開催” (PDF) (プレスリリース), イオン九州株式会社, (2017年9月14日), http://aeon-kyushu.info/files/management_news/1378/pdf.pdf 2017年9月16日閲覧。 
  55. ^ “2017ローソンチケットクライマックスシリーズ パ 『ワンダホー!』セール 優勝球団決定翌日から3日間開催” (PDF) (プレスリリース), イオン九州株式会社, (2017年10月19日), http://aeon-kyushu.info/files/management_news/1396/pdf.pdf 2017年10月29日閲覧。 
  56. ^ “「ワンダホー!」セール 2017年日本一球団決定翌日から3日間開催” (PDF) (プレスリリース), イオン九州株式会社, (2017年10月31日), http://aeon-kyushu.info/files/management_news/1406/pdf.pdf 2017年11月11日閲覧。 
  57. ^ ~みんなで減らそうレジ袋~レジ袋ご辞退でお買い上げ金額から2円引き!”. イオン九州株式会社. 2013年11月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年9月30日閲覧。
  58. ^ 大分県でレジ袋の無料配布中止が始まりました!”. イオン九州株式会社. 2013年11月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年9月30日閲覧。

関連項目[編集]

  • アサデス。 - 九州朝日放送制作の情報番組。九州・山口7局ネットで放送する「アサデス。九州・山口」の火曜コーナー「デリバリキッチン」(料理研究家平野レミが出演している料理コーナー)で当社運営のイオン(福岡県内の旧・ジャスコ店舗4店舗及びイオン大牟田店、イオン福津店が基本だが、場合によっては福岡県外の旧・ジャスコ店舗にて出張開催することがあった)が公開収録の場所として使用されていた。2013年7月からはパンクブーブーが出演する「暮らしのハウトゥー BooBooハウス」として同番組とのコラボコーナーは継続されている。
  • テレビタミン - 熊本県民テレビ制作の夕方ワイド番組2005年(平成17年)10月から2010年(平成22年)2月まで錦店を除く熊本県内にある当社運営のジャスコ8店舗(閉店した宇土店・玉名店も含む)から番組コーナーである「買い物クイズ手出し無用」を毎週木曜日に生中継していた。
  • チョロQ - 2002年(平成14年)に、九州ジャスコ(当時)創立30周年記念商品としてラッピングバスのチョロQが限定販売された。

外部リンク[編集]