犬飼駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
犬飼駅
駅舎
駅舎
いぬかい - Inukai
菅尾 (7.9km)
(5.6km) 竹中
所在地 大分県豊後大野市犬飼町下津尾[1]
所属事業者 九州旅客鉄道(JR九州)
所属路線 豊肥本線
キロ程 125.2km(熊本起点)
電報略号 イヌ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線[1]
乗車人員
-統計年度-
333人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1917年大正6年)7月20日[2]
備考 無人駅[1](自動券売機 有)
テンプレートを表示

犬飼駅(いぬかいえき)は、大分県豊後大野市犬飼町下津尾にある、九州旅客鉄道(JR九州)豊肥本線である[1]

かつては急行「火の山」が停車していた[3]

歴史[編集]

駅構造[編集]

駅の東側(熊本方面に向かって左側)に駅舎があり、島式ホーム1面2線を有する地上駅[1]。駅舎とホームは跨線橋で連絡している[1]

かつてはJR九州鉄道営業が駅業務を行う業務委託駅だったが、2014年7月1日から駅員の配置がなくなり無人駅となった[7]自動券売機が設置されている[7]

利用状況[編集]

  • 2012年度の1日平均乗車人員は333人(前年度比+3人)である。
乗車人員推移
年度 1日平均人数
2000 464
2001 449
2002 450
2003 426
2004 410
2005 413
2006 410
2007 380
2008 376
2009 366
2010 347
2011 330
2012 333

駅周辺[編集]

駅のすぐ東側を大野川が線路に並行する形で流れ、川向こうでは国道10号が並行している。南側へ700mほど歩くと旧犬飼町の中心部に到達する。川向こうへ渡るには旧犬飼町中心部まで移動する必要がある。

バス[編集]

大野竹田バスの「犬飼駅」バス停留所(起終点)があり、旧犬飼町域各地や豊後大野市中心部などへ運行している[8]

  • 犬飼駅 - 高添 - 大野竹田バス本社 - 三重駅前 - 三重監督署前
  • 犬飼駅 - 菅尾駅前 - 三重監督署前 - 三重駅前 - 大野竹田バス本社
  • 犬飼駅 - 栗の木 - 山内 - 河面

なお、犬飼町中心部から橋を渡ったところにある国道10号上の「犬飼久原」バス停には、大分バスが運行する大分市 - 竹田市臼杵市野津地区佐伯市間のバス、鹿児島市への夜行高速バス「トロピカル号」、九州産交バスと共同運行する熊本市への高速バス「やまびこ号」が発着する[9]

隣の駅[編集]

九州旅客鉄道
豊肥本線
特急「九州横断特急
通過
普通
菅尾駅 - 犬飼駅 - 竹中駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 『週刊 JR全駅・全車両基地』38号 大分駅・由布院駅・田主丸駅ほか、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2013年5月12日、25頁。
  2. ^ a b c d e 曽根悟(監修) 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』27号・豊肥本線/久大本線、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年1月24日、14-15頁。
  3. ^ a b “機関手さんに花束 「火の山号」 犬飼駅に初停車”. 大分合同新聞(夕刊) (大分合同新聞社): p. 3. (1955年5月10日) 
  4. ^ a b 荘田啓介 『豊肥線物語』 大分合同新聞社1987年2月、314頁。
  5. ^ “犬飼、菅尾駅でもお別れ式”. 大分合同新聞(朝刊・県南豊肥) (大分合同新聞社): p. 9. (1983年11月30日) 
  6. ^ “犬飼駅がリニューアル”. 大分合同新聞(朝刊) (大分合同新聞社): p. 14. (2005年4月6日) 
  7. ^ a b c JR九州 大分支社”. 九州旅客鉄道. 2014年7月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月21日閲覧。 “お知らせ 平成26年7月1日(火)より、”
  8. ^ 大分バス犬飼駅バス停時刻表 - 2015年10月1日改正、2015年11月21日閲覧 (PDF)
  9. ^ 大分バス犬飼久原バス停時刻表(大分行き) (PDF)(佐伯駅行き) (PDF)(竹田・熊本・鹿児島行き) (PDF) - 2015年10月1日改正、2015年11月21日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 犬飼駅(駅情報) - 九州旅客鉄道