らい予防法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
らい予防法
日本国政府国章(準)
日本の法令
法令番号 昭和28年8月15日法律第214号
効力 廃止
種類 医事法
主な内容 らいの予防について
関連法令 癩予防法優生保護法
条文リンク 鹿児島大学法学部 采女研究室
テンプレートを表示

らい予防法(らいよぼうほう、昭和28年8月15日法律第214号)とは、らいを予防するとともに、らい患者の医療を行い、あわせてその福祉を図り、もつて公共の福祉を増進することを目的として制定された日本法律であった。

概説[編集]

らい予防法の廃止に関する法律とハンセン病問題の解決の促進に関する法律(平成8年4月1日法律第28号)が第136回国会で成立したことにより、らい予防法は1996年平成8年)4月1日に廃止された。

しかし、この法律は「患者絶滅政策」について何ら総括もされず、このまま曖昧なまま幕引きがされようとすることへの悔しさから、国立ハンセン病療養所に入所している元ハンセン病患者により訴訟された『らい予防法違憲国家賠償訴訟』により、立法の不作為が改めて国家賠償訴訟で問われ、法令の違憲性が熊本地方裁判所で認定された。

構成[編集]

  • 第一章 総則(第一条―第三条)
  • 第二章 予防(第四条―第十条)
  • 第三章 国立療養所(第十一条―第十八条)
  • 第四章 福祉(第十九条―第二十二条)
  • 第五章 費用(第二十三条・第二十四条)
  • 第六章 雑則(第二十五条―第二十八条)
  • 附則

関連項目[編集]

外部リンク[編集]