大阪拘置所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大阪拘置所
Osaka Detention Center.jpg
現況 運用中
許容人数 2500名
管理運営 法務省 大阪矯正管区
テンプレートを表示

大阪拘置所(おおさかこうちしょ)とは、法務省矯正局大阪矯正管区に属する拘置所。通称「大拘(だいこう)」。

全国に8箇所(東京立川名古屋京都・大阪・神戸広島福岡)ある拘置所の一つで、東京拘置所に次ぐ規模である。

2013年5月から尼崎拘置支所を所管している。

所在地[編集]

被収容者[編集]

  • 未決拘禁者(刑事被告人)
  • A級受刑者(当所執行受刑者)

定員[編集]

  • 2500名   建て替え中の為今は人員を減らしている

組織[編集]

所長の下に4部を置く。

  • 総務部(庶務・会計・用度)
  • 処遇部(処遇・作業・教育)
  • 分類部(考査・審査・保護)
  • 医務部(医療・保健)

外観・設備[編集]

建て替えられた新棟部分
建替予定図面
  • 完成後数十年経ち、施設は全体的に老朽化が進んでおり、現在改築工事中である。
  • 所内に刑場を持っており、大阪矯正管区及び高松矯正管区管内の死刑確定者を収容している。

確定死刑囚[編集]

例外もあるが基本的に近畿三重県を除く)・四国地方で死刑が確定した死刑確定者(死刑囚)が収容されている。

※は第一審・裁判員裁判による確定死刑囚。

最高裁上告中及び大阪高裁控訴中の死刑判決事件被告人[編集]

※は第一審・裁判員裁判の被告人

面会・差入れ[編集]

面会は1人の被収容者に対して1日1回(10分)までで1回の面会に3人1組までが規則で、面会者はその日のうちに別の被収容者への面会はできない。

食物(菓子弁当、その他)については未決囚に限り、拘置所隣の差入店から食物日用品等を差し入れることができる。尚売店に代金を、渡しておけば、勝手に差し入れてくれる。(受刑者の差し入れについては日用品に限り可能)。衣類書籍現金に関してはほぼ差し入れることができる。差入れ受付時間は8時30分 - 11時30分、および13時00分 - 15時30分(2007年4月9日現在)。

新型コロナウイルス感染[編集]

東京拘置所の被告が新型コロナ感染 大阪では刑務官4人目[1]

脚注[編集]

  1. ^ 東京拘置所の被告が新型コロナ感染 大阪では刑務官4人目”. 時事通信社 (2020年4月11日). 2020年4月12日閲覧。

座標: 北緯34度42分54.1秒 東経135度31分26.5秒