寝屋川市中1男女殺害事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
寝屋川市中1男女殺害事件
場所 大阪府寝屋川市
日付 2015年8月13日
死亡者 中学一年生の男女2名
容疑 逮捕時45歳の人物
テンプレートを表示

寝屋川市中1男女殺害事件(ねやがわし ちゅういちだんじょさつがいじけん)とは、2015年平成27年)8月13日大阪府寝屋川市に住む中学一年生の男女が行方不明となり、同日夜に女子生徒Aが高槻市で、21日夜に男子生徒Bが柏原市でそれぞれ遺体となって発見された事件。

事件の経過[編集]

2015年8月12日午後9時ごろ、BがAに会いに行くと母親に告げて外出。午後9時半ごろ、AとBらしき男女が2人の自宅近くのコンビニエンスストアで目撃されていた。

8月13日未明、京阪寝屋川市駅前のアーケードを歩く2人の姿が防犯カメラの映像として残されており、午前5時ごろに防犯カメラに映ったのを最後に2人の足取りが途絶える。後の捜査で午前5時11分と午前5時17分に容疑者Xの軽ワゴン車が走行するのを近くの防犯カメラが捉えており、この時間帯に2人は連れ去られたものと考えられている[1]

8月13日午後11時半ごろ、高槻市の物流会社駐車場でAの遺体が発見された。遺体は粘着テープで縛られ、左半身を中心に30箇所以上の切り傷があった。司法解剖により死亡推定時刻は午後7時半ごろ、死因は窒息と判明した[2]。この遺体発見の直前である午後10時34分から11時10分ごろまで不審な車が停車しているのを現場近くの防犯カメラが捉えている[1]

捜査本部は防犯カメラの映像などからAの遺体遺棄現場で確認された不審な車の所有者がXであることを特定[3]。Xは2002年に男子中高生らを車に監禁するなどした事件を8件起こしており、犯行に粘着テープを使うという共通点もあった。Xは2014年10月に出所したばかりであった[4]

8月21日午前1時15分ごろ、大阪市北区の駐車場でXの車を発見した警察は追跡を開始、午後8時20分ごろ、警察は大阪市城東区の路上ではAに対する死体遺棄の容疑でXを逮捕。同日午前中にXが数分間だけ立ち寄った柏原市の竹林を捜査員が捜索したところ、同日夜にBの遺体が発見された。Bの遺体は死後数日が経過しており、一部白骨化していた。そのため死因も特定できなかった。

逮捕後[編集]

Xは逮捕当初「確かに女の子(A)を車に乗せ高槻市内の駐車場まで行った。しかし、このとき助手席には同乗者がおり、同乗者が女の子を殴るなどし、知らないうちに死んでいた」「(同乗者の)名前や年齢は言いたくない」などと供述していた[3]が、Bに関する供述はせず、その後黙秘に転じた[1]

捜査員が確認した複数の防犯カメラのXの車の映像にはXしか乗っておらず「同乗者」の存在は確認できなかった[5]

9月12日、Aに対する殺人容疑でXを再逮捕。Xが逮捕直後に共犯の存在を明かした後に黙秘に転じたため直接証拠が得られていない中での防犯カメラの映像やXの知人への聞き取りから事件当日にB以外にAと接触できた人物はX以外にあり得ないとしてX単独による犯行とした上での逮捕だった。また、Xの車内から微量の血液が検出され、AのDNA型とほぼ一致していた[6]

10月2日、大阪地検がXをAに対する殺人罪で起訴。死体遺棄容疑については遺棄した段階でのAが死亡していたことを立証する必要があるとして処分保留とした[7]。遺体の状況から「他殺」と断定されたAと異なり、Bについては死因が特定されていなかったため事件に巻き込まれて死亡したことを窺わせる証拠も得られていなかった。また、Bが遺棄された時期も特定されていなかったため死体遺棄罪での立件も困難を極めた[8]

12月22日、大阪地検がXをBに対する殺人罪で追起訴。被害者2名の遺体から睡眠薬の成分が発見され、Xの車から数十錠の錠剤が発見されていた。大阪府警高槻警察署はXが2人をなんらかの方法で睡眠薬を飲ませ抵抗できない状態で殺害した可能性が高いと見ている。Aの死体遺棄容疑についてはXが関与したのは間違いないが遺棄された時点での生死がわからないとして嫌疑不十分で不起訴処分となった[9]

こうして、Xが黙秘を続けている他、凶器や被害者の所有物も発見に至っていないため、殺害場所、殺害方法も特定に至っていない。このため検察は防犯カメラの映像を中心とした間接証拠のみでXを起訴した[要出典]

2018年8月22日、大阪地方裁判所は本事件の初公判を11月1日に指定。判決は12月19日[10]

その他[編集]

  • BのズボンのポケットからBの死亡時期より後に採取されたXとは別人の体液が発見された。警察はXが事件とは無関係な第三者の体液をなんらかの方法で入手し、21日の午前中に遺体発見現場の竹林に入った際にこの体液を残して第三者の関与を偽装した可能性があるとみて捜査した[11]
  • 13日午後0時39分にBの遺体遺棄現場から1.5キロ離れたコンビニエンスストアで粘着テープ2本を購入するXの姿が防犯カメラに残されており、この時に購入された粘着テープは被害者の遺体に巻かれたものと酷似していた[1]
  • 事件直前の11日未明、Xは東京都秋葉原で警察の職務質問を受け、その際にスタンガンと手錠が発見されたため警察署に任意同行されていた。この時、Xは「護身用」と主張し、スタンガンには電池が入っておらずすぐに使用できる状態ではなかったことから犯罪性はないと判断され解放された。Xは2002年に寝屋川市で中学生の男子生徒を監禁する事件を起こして逮捕されており、この時にも手錠を用いていた[12]。なお、この手錠とスタンガンはXの逮捕後の家宅捜索等で発見に至っていない[4]

脚注[編集]

以下の出典において、記事名に事件当事者の実名が使われている場合、この箇所を本記事で用いている仮名とする

  1. ^ a b c d 2人はどこで監禁されていたか…「寝屋川~堺~松原~奈良~枚方~高槻」事件当日、45歳“縦横無尽” 産経WEST 2015年8月26日
  2. ^ 逮捕されたのは寝屋川市の45歳、X容疑者 産経WEST 2015年8月21日
  3. ^ a b 「同乗者が殴った」「知らないうちに死んでいた」X容疑者が容疑否認 産経WEST 2015年8月21日
  4. ^ a b 「ゲイタウン」で謎の滞在7時間半 中1遺棄容疑者、偽装体液入手? 「前科」との奇妙な酷似 産経WEST 2015年9月8日
  5. ^ 大阪府高槻・柏原「中1少年少女殺人事件」容疑者の素顔「過去に犯した類似事件」 アサ芸プラス 2015年8月30日
  6. ^ 消えた“共犯者” 直接証拠なく捜査に壁 産経WEST 2015年9月12日
  7. ^ X容疑者を殺人罪で起訴、遺棄容疑は捜査継続 大阪地検 産経WEST 2015年10月2日
  8. ^ 殺害も、遺棄でも…Bさん事件立件に高いハードル 証拠乏しく 産経WEST 2015年10月2日
  9. ^ 2人の遺体から睡眠薬成分、男子生徒殺害でX容疑者を追起訴 大阪地検 産経WEST 2015年12月22日
  10. ^ 寝屋川の中1男女殺害 初公判は11月1日、判決は12月19日 産経WEST 2018年8月22日
  11. ^ 少年遺体から第三者「体液」…偽装工作の可能性も 産経WEST 2015年8月29日
  12. ^ 事件2日前、東京・秋葉原でX容疑者、「スタンガン」「手錠」を所持…警視庁から職務質問受ける 産経WEST 2015年8月26日