姫路2女性殺害事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

姫路2女性殺人事件(ひめじにじょせいさつじんじけん)とは、2005年1月9日兵庫県姫路市で発生した2女性殺人死体損壊事件である。

事件の概要[編集]

2005年1月20日、当時23歳の女性会社員とその友人の23歳の専門学校生の女性が失跡した。女性会社員の室内に現金がそのまま残されており、事件性を感じた女性会社員の家族が姫路警察署に連日相談しに行くが、担当の刑事が「年間1200人もの捜索願が出ているので、相手できない」と相手にせず、また刑事が怒り家族に電話機を投げつけようとしたこともあったという。

1月22日、姫路警察署ではまともな事件の捜査が行われないと考えた女性会社員の両親は、知人のつてを頼り兵庫県警刑事の飛松五男巡査部長と接触。家族が記録として残していた、失踪前に女性会社員が自宅に連れてきた偽名を名乗る39歳の男の調査を依頼。飛松は男の居所を突き止め、張り込むのと同時に姫路警察署に通報した。

1月29日、女性会社員の両親と姫路警察署の署員2名は男の自宅へ向かい、姫路警察署の生活安全課の統括係長が任意で室内に入るが室内に女性会社員がいないことを確認したために帰ろうとする。その時、女性会社員の母親が男の部屋に許可を取り室内に入ったところスタンガンや異臭、カーペットに血痕があること、意識がもうろうとした別の女性を確認したために再度姫路警察署の生活安全課の統括係長に確認させたが、異常が無いとして帰ってしまった。そこで両親は飛松を呼び、男を調査した際、覚醒剤を打っているような反応を示したために飛松が男を問い詰めた後に相生警察署へ通報、通報から1時間半後に相生警察署が駆けつけ男を任意同行、翌日の1月30日覚せい剤取締法違反により男は逮捕された。

逮捕から3か月後の4月12日、男の供述により事件の全貌が明らかとなった。

1月7日、専門学校生の女性が男が経営していると言った鉄工所に就職を依頼するために女性会社員と共に会うが、2日後の1月9日に2女性を殺害。遺体をバラバラにして海に捨てた。

男が殺害を供述するまで、姫路警察署は「女性は風俗で働いていたから失踪した。時間が経てば帰ってくるだろう」と被害者に対する名誉毀損を含んだ説明をし、一部マスコミがそれを報道した。

5月10日、兵庫県警は男を死体遺棄容疑で再逮捕5月20日には殺人罪で再逮捕した。また被害者の遺体の一部が発見された。

被害者の両親は「犯人は我々が捜査し見つけたようなものだ」と記者会見で答えた。2005年12月、姫路警察署は職務怠慢を遺族に謝罪した。また、姫路警察署幹部が遺族の自宅を訪問した際に土下座して謝罪する様子が隠しカメラで撮影されている。

男は2女性の殺人・死体損壊・死体遺棄容疑で起訴され、2009年3月17日神戸地方裁判所姫路支部で死刑判決。男は即日控訴したが、2010年10月15日大阪高等裁判所は被告側控訴を棄却した。その後上告したが、2013年11月25日最高裁判所第1小法廷により上告が棄却され、死刑が確定した[1]

2019年現在、男は大阪拘置所収監されている。一方、頭部などの被害者の遺体は未だに発見されていない。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 交際女性ら2人殺害、死刑確定へ 最高裁が上告棄却 47news 2013年11月25日