笠松刑務所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
笠松刑務所(北側隅)

笠松刑務所(かさまつけいむしょ)は、法務省矯正局名古屋矯正管区に属する刑務所。全国に9ヶ所ある女子刑務所のうちのひとつである。

所在地[編集]

収容分類級[編集]

収容理由は覚せい剤が最も多い。[1]

収容定員[編集]

  • 532人

沿革[編集]

  • 1948年(昭和23年):笠松女子学院として設立。全国から成績の良い受刑者を集め、格子なき刑務所にしたいとの構想で設立された。当初の収容人員は約60名程度で織物作業に従事させた。
  • 1949年(昭和24年):笠松刑務所に改称

組織[編集]

所長の下に2部1課を持つ2部制である。

  • 総務部(庶務課、会計課、用度課)
  • 処遇部(処遇担当、企画担当)
  • 医務課

外観・設備[編集]

特記事項[編集]

  • 受刑者の社会復帰促進のため職業訓練が実施されており、美容・ボイラー運転・介護サービス・ビルハウスクリーニングの4課程を設置している。中でも美容課程は全国の刑務所から収容者を募って訓練し、出獄後の社会復帰円滑化を目指している。
  • 刑務作業の一環として七宝焼が製作されている。

参考サイト[編集]

座標: 北緯35度22分24.1秒 東経136度45分23.6秒