京都医療少年院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

京都医療少年院(きょうといりょうしょうねんいん)は、京都府宇治市にある法務省矯正局に属する少年院。全国に5箇所ある第三種少年院(旧称・医療少年院)の1つである。定員は144名。医療法上の病院である。

「医療少年院」とは、少年審判によって「心身に著しい故障がある」と判断されたおおむね12歳以上26歳未満の者を収容し、治療と矯正教育を施す施設である。特に精神疾患のある未成年者を重点的に受け入れ、治療する。被収容者に対して平均約1年間のプログラムが組まれ、専門医による治療と並行して、生活・職業指導等の教育が施される。治療が終わった被収容者が一般少年院に移ることもある。

所在地は、京都府宇治市木幡平尾4。JR西日本奈良線木幡駅から約1.7km(徒歩で約30分)である。

歴史[編集]

1948年に、元私立脳病院を法務省が買収する。1949年に「京都少年療護院」として発足。1951年、「京都医療少年院」と改称。1962年、全面改築工事完成。

関連項目[編集]

座標: 北緯34度55分37.2秒 東経135度48分42.6秒