京都医療少年院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
京都医療少年院
Kyoto Medical Reform School.jpg
所在地 日本の旗 日本 京都府宇治市木幡平尾4
現況 運用中
許容人数 104名
開設 1949年
管理運営 法務省 大阪矯正管区
テンプレートを表示

京都医療少年院(きょうといりょうしょうねんいん)は、京都府宇治市にある法務省矯正局に属する少年院。全国唯一の第三種少年院(旧称・医療少年院)である。定員は144名。医療法上の病院である。2019年4月までは府中市関東医療少年院が存在したが、東京都昭島市に国際法務総合センター として統合閉所されたため、単独の医療法において設置された病院機能を持つ医療少年院としては唯一となる

「医療少年院」とは、少年審判によって「心身に著しい故障がある」と判断されたおおむね12歳以上26歳未満の者を収容し、治療と矯正教育を施す施設である。特に精神疾患のある未成年者を重点的に受け入れ、治療する。被収容者に対して平均約1年間のプログラムが組まれ、専門医による治療と並行して、生活・職業指導等の教育が施される。治療が終わった被収容者が一般少年院に移ることもある。

概要[編集]

京都医療少年院は、西日本における少年院の医療センターとしての性格をもつ医療専門の施設であるとともに、非行に関わる態度や行動上の問題の改善を図り、心身ともに健康な若者を育成するための矯正教育を実施する法務省所轄の国立の施設である。[1]

歴史[編集]

1948年に、元私立脳病院を法務省が買収する。1949年に「京都少年療護院」として発足。1951年、「京都医療少年院」と改称。1962年、全面改築工事完成。[2]

アクセス[編集]

〒611-0002 京都府宇治市木幡平尾四番地

外部リンク[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]


座標: 北緯34度55分37.2秒 東経135度48分42.6秒