山辺健太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山辺 健太郎(やまべ けんたろう、1905年5月20日 - 1977年4月16日)は、歴史家、労働運動家。

東京生まれ。小学校卒。1920年、大阪で労働運動に加わる。1925年、日本労働組合評議会に参加する。1926年、浜松の日本楽器争議を支援する。1929年、四・一六事件で検挙される。1940年、治安維持法違反で検挙され、獄中で敗戦を迎える。1947年、日本共産党統制委員。1958年、離党し、著述に専念する。

著書[編集]

  • コミンテルンの歴史 新興出版社, 1949
  • 日本の韓国併合 太平出版社, 1966
  • 日韓併合小史 岩波新書, 1966
  • 日本統治下の朝鮮 岩波新書, 1971
  • 社会主義運動半生記 岩波新書, 1976

編著共編[編集]

  • 党生活 黄土社, 1948-1950

翻訳[編集]

  • マルクスエンゲルスレーニンスターリン遊撃戦論 ソ同盟M.E.L.研究所 五月書房, 1951
  • 人民の子 続 モーリス・トレーズ 三一書房, 1951
  • 革命的議会主義 レーニン・スターリン 社会書房, 1953
  • 党と文化問題 ジダーノフ 除村吉太郎,蔵原惟人共訳 国民文庫社, 1954
  • アメリカ政治史概説 W.Z.フォスター 大月書店, 1954-55
  • 労働者党綱領問題 マルクス,エンゲルス 村田陽一共訳編 国民文庫社, 1954
  • コミンテルン日本にかんするテーゼ集 石堂清倫共編 青木書店, 1961

参考[編集]

  • 山辺健太郎・回想と遺文 遠山茂樹編 みすず書房, 1980