除村吉太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1949年

除村 吉太郎(よけむら よしたろう、1897年2月10日 - 1975年11月3日)は、ロシア・ソビエト文学者。

群馬県生まれ。東京外国語学校ロシア語科卒。駐日ロシア大使館勤務後、日露協会学校助教授、東京外国語学校教授、1935年ソ連に留学するが、帰国後の1940年思想的理由で教職を追放される。戦時期は『ロシア年代記』の翻訳に専念し、翻訳家としての代表的作品となった。

戦後は早稲田大学客員教授、日ソ親善協会常務理事、日ソ学院院長を務めた。

著書[編集]

  • ロシヤ語第一歩 白水社 1936
  • よき文学のために 世界画報社 1947
  • 芸術とリアリズム 京王書房 1947
  • ロシヤ文学について ナウカ社 1948
  • 露文解釈から和文露訳へ 白水社 1948
  • 文学とインテリゲンチヤ 日本評論社 1948
  • 世界名作大観 ロシヤ篇 労働文化社 1948
  • ロシヤ文学問答 日本民主主義文化連盟 1948(文連文庫)

共編著[編集]

  • レフ・トルストイ 米川正夫共著 世界文学大綱第16巻 東方出版 1926
  • ソヴェト文学史 第1-3 編 岩波書店 1951-1952(岩波現代叢書)
  • 現代文学十二講 舟木重信共編 ナウカ社 1951
  • ロシヤ文学手帖 創元社 1955

翻訳[編集]

  • 血の滴 「創造される伝説」の一 フヨードル・ソログープ 春陽堂 1925
  • 実用英仏独露語の発音 オレスト・プレトネル 同文館 1926
  • 皇帝フョードル・ヨアノヴィチ・皇帝ボリス アレクセイ・トルストイ 古典劇大系第15巻 近代社 1926
  • 文学及び劇作の諸問題 ア・ヴェ・ルナチヤルスキー ソヰエエト・ロシヤ文芸叢書 原始社 1928
  • 皇帝フョードル アレクセイ・トルストイ 岩波文庫 1929
  • トルストイ全集 第17巻 教義神学批判 その他 岩波書店 1931
  • トルストイ全集 第21巻 書簡抄 その他 岩波書店 1931
  • ツルゲーネフ全集 第1巻 アンドレイ・コーロソフほか 隆章閣 1934
  • トルストイ日記抄 岩波文庫 1935
  • ベリンスキー選集 1 ペテルブルグ文集 一八四六年のロシヤ文学観 弘文堂書房 1941
  • ロシヤ年代記 弘文堂書房 1943
  • ベリンスキー選集 第2 一八四七年のロシヤ文学観 弘文堂 1948(世界文庫)
  • ロシヤ文学評論集 第1-2 ベリンスキー 岩波文庫 1950-1951
  • 作家への手紙 スターリン ハト書房 1952
  • 党と文化問題 ジダーノフ 蔵原惟人山辺健太郎共訳 国民文庫 1954
  • あわれなリーザ カラムジン 世界文学全集 河出書房 1954
  • ゴーゴリ全集 第2巻 ヴェ・ゲ・ベリンスキーへの手紙 河出書房 1954
  • ゴーリキー選集 第6巻 敵 青木文庫 1956