アナ・ボル論争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アナ・ボル論争(アナ・ボルろんそう)とは、大正年間、とりわけ1920年代初めの日本社会主義運動や社会運動において、アナルコサンディカリスム派 (アナ派、無政府組合主義)とボルシェビズム派 (ボル派、レーニン主義)の間で起こった思想的・運動論的論争と対立である[1][2]

労働組合運動の組織論について、アナ派は自由連合論をとり政党の指導を排除すべきと主張したのに対し、ボル派は中央集権的組織論をとった[3]1917年ロシア十月革命1922年12月30日ソビエト連邦樹立に対する評価にも相違があった[4]

近藤栄蔵らが「アナ・ボル提携」を掲げ、1921年1月に大杉栄とともに『労働運動』(第2次)を創刊して蜜月に入る。6月『労働運動』(第2次)は13号で廃刊、12月にはアナキストだけで『労働運動』(第3次)を復刊させる。1922年の大杉による『労働運動』(第3次)でのロシアのボリシェヴィキによるアナキストの弾圧の報告もあってアナボル論争も激化し、同年9月30日日本労働組合総連合結成大会に至る過程で両者の対立が頂点に達したが、のちにアナ派は衰退し、マルクス主義が主流となる[5]

1922年3月創立の全国水平社内部でも両派の論争と対立が現れた。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]