山本正美 (日本共産党)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山本 正美(やまもと まさみ、1906年9月28日 - 1994年9月19日)は、日本社会運動家コミンテルンで決定された『日本における情勢と日本共産党の任務に関するテーゼ』(通称、32年テーゼ)の作成に実質的に関与した唯一の日本人で、一時期日本共産党の中央委員長を務めたが、戦後除名された。

経歴・人物[編集]

高知県出身。1927年モスクワ東方勤労者共産大学(クートベ)に留学、プロフィンテルンコミンテルンで活動。コミンテルン東洋部において、32年テーゼの基礎資料作成・分析である種の役割を果たし、テーゼ作成に実質的に関与した唯一の日本人であった。ソ連滞在中「アキ」の名で論説を書き、その能力のためにコミンテルン内で相当高い評価を受け、日本問題についての欠かせない要員になっていたとみられている[1][2]

1932年末に帰国、このテーゼに基づいて壊滅状態の日本共産党を再建する責任者となり、中央委員長を務めた(リンチ共産党#経緯も参照)が、1933年春に検挙、投獄された。1936年-1937年公判に付され法廷で長大な陳述を行った。

戦後は「湯本正夫」の名で評論活動などに携わっていたが[3]1961年同党を除名され、のちに統一労働者党の結成に参加した[4]

著作[編集]

  • 『激動の時代に生きて-共産主義者の手記』マルジュ社、1985年8月
  • 刊行委員会編監『山本正美裁判関係記録・論文集-真説「三十二年テーゼ」前後』新泉社、1998年6月
  • 刊行委員会編監『山本正美治安維持法裁判陳述集-続/裁判関係記録・論文集』新泉社、2005年7月

脚注[編集]

  1. ^ 書評と紹介 刊行委員会編監『山本正美治安維持法裁判――続/山本正美陳述集 裁判関係記録・論文集』評者:伊藤晃{PDF}『大原社会問題研究所雑誌』No.572、2006年7月、P.69
  2. ^ 加藤哲郎『山本正美裁判関係記録・論文集──真説「三十二年テーゼ」前後』刊行に寄せて
  3. ^ 川上武・加藤哲郎共著『人間 国崎定洞勁草書房、1995年、第20章 Archived 2012年1月14日, at the Wayback Machine.
  4. ^ 山本正美 やまもと-まさみデジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説