佐野学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1948年

佐野 学(さの まなぶ 1892年2月22日 - 1953年3月9日)は日本の社会主義運動家で、昭和初期の非合法政党時代の日本共産党第二次共産党)の中央委員長。獄中から転向声明を発表し、大きな反響を呼んだ。

生涯[編集]

戦前[編集]

豊後杵築藩の侍医を勤めた佐野家に生まれる[1]

第七高等学校造士館を経て東京帝国大学法学部を卒業後は大学院で2年間、矢作栄蔵の下で農政学を学び、新人会創立に参加した。日本勧業銀行に短期間勤めた後、兄彪太の岳父後藤新平の伝手で1919年満鉄東亜経済調査局嘱託社員として勤務し、翌1920年4月、早稲田大学商学部講師となって経済学経済史を講義した(東海林太郎は佐野の教え子という)。1922年7月、荒畑寒村の勧誘で日本共産党(第一次共産党)に入党。翌年2月の党大会(市川大会)で執行委員・国際幹事に選出されたが、同年5月末、第一次共産党事件6月5日)による検挙を避けソ連に亡命した。その際に後藤新平は、佐野の亡命に関する情報を、後藤との日ソ国交交渉のために来日していたアドリフ・ヨッフェ経由でソ連に流し、亡命を援助した[2]。佐野が第一次共産党事件の検挙を免れたことについては、当時から、後藤が援助したのではないかと、政友会が議会で第2次山本内閣内務大臣の後藤を追及していた[3]1925年7月に帰国して共産党を再建(第二次共産党)。1925年1月の日ソ基本条約調印によりソ連大使館が開設され、そこに商務官の肩書きで派遣されていたコミンテルン代表のカール・ヤンソンから活動資金を得て、『無産者新聞』の主筆を務めた。1926年3月、第一次共産党事件で禁錮10ヶ月の判決を受け、同年末まで下獄。1927年12月に中央委員長に就任、労働運動出身の鍋山貞親とともに党を指導した。

1928年三・一五事件の前日に日本を発って検挙を免れて訪ソし[4]、コミンテルン第6回大会に日本共産党首席代表として出席、コミンテルン常任執行委員に選任された。モスクワでは日本史の講師としてモスクワ東洋学院の教壇にも立っている。その後、のちのソ連外相モロトフと共にオルグとしてドイツ共産党に派遣され、ベルリンを経て、ロッテルダムからインドに向かい、インド共産党の内紛を調停し、1万ドルの資金を渡した。3月14日に上海に到着する。中国共産党の周恩来に会い、彼の紹介でコミンテルン代表となっていたリヒャルト・ゾルゲに会う。後藤新平死去直後の1929年6月に中国・上海で検挙され、1932年東京地裁治安維持法違反により無期懲役の判決を受ける。1933年、鍋山とともに獄中から転向声明「共同被告同志に告ぐる書」を出した。これはソ連の指導を受けて共産主義運動を行うのは誤りであり、今後は天皇を尊重した社会主義運動(一国社会主義運動)を行う、という内容であった。1934年5月の東京控訴院判決で懲役15年に減刑されて控訴審判決が確定し、1943年10月に出獄した[5]

戦後[編集]

第二次世界大戦終戦後、風間丈吉ら転向者とともに労農前衛党を結成、鍋山らとは民社党の母体となる民主社会主義連盟の創設に参加し、理事を務めた。また、早稲田大学商学部教授などを務め、反ソ連・反共的な立場で『唯物史観批判』(1948年)などを著した。

親族[編集]

後藤新平#反米左翼の庇護者も参照の事。

インターナショナル」の訳詞者の一人として知られる佐野碩は後藤新平の女婿の兄佐野彪太の息子で甥に当たる。また、姉お順の息子佐野博武装共産党時代の指導者である。さらに後藤新平の義理の姪婿に講座派の論客平野義太郎、後藤の孫に社会学者鶴見和子哲学者鶴見俊輔、その従弟に人類学者鶴見良行がいる。

著書[編集]

  • 加奈陀製鉄業 世界製鉄業 第7編 南満洲鉄道東亜経済調査局 1919
  • 全国坑夫組合叢書 第1編 全国坑夫組合本部 1920
  • 露西亞經濟史研究 大鐙閣 1921.9
  • 社会制度の諸研究 同人社書店 1922
  • 日本社会史序論 同人社書店 1922
  • 日本経済史概論 早稲田泰文社 1923
  • 農村問題 科学思想普及会 1924
  • 闘争によりて解放へ 新興社会群と新社会秩序 早稲田泰文社 1924
  • 露西亜社会史 第1巻 白揚社 1925
  • 社会主義雑稿 白揚社 1927
  • マルクス主義と無神論 叢文閣 1927
  • プロレタリアートと無神論 南宋書院 1927 (無産者大学パンフレット)
  • 唯物論哲学としてのマルクス主義 上野書店 1928
  • レーニン主義二三の研究 叢文閣 1928
  • 日本歴史 南宋書院 1928 (無産者自由大学)
  • 宗教論 上野書店 1929
  • 佐野学集 全6巻 希望閣 1930
  • プロレタリア日本歴史 白揚社 1933
  • 日本古代史論 国民社 1946
  • 日本歴史の新しい考え方 生活社 1946 (日本叢書)
  • 天皇制と社会主義 協同書房 1946
  • 日本経済史概論 国民社 1947
  • 清朝社会史 文求堂 1947
  • 西洋社会思想史 プラトン理想国から社会契約説まで 九州書院 1947
  • 日本再興の道 玄文社 1947
  • 民族と民主主義 九州書院 1947
  • 共産党の生態 激突する国際情勢とコミンフオルム ニュープラン社 1948
  • 近世社会主義思想史新講 新進出版社 1948
  • 労働者と政党 社会主義政党のありかた 労働出版部 1948- (労働民主シリーズ)
  • 唯物史観批判 ダイヤモンド社 1948
  • 民族と階級 勤労時報社 1949 (民主社会シリーズ)
  • 転向十五年 鍋山貞親共著 労働出版社 1949 (労働民主シリーズ)
  • 親鸞蓮如 丁子屋書店 1949
  • 近代社会主義思想研究 第1 丁子屋書店 1949
  • 国家と武装 日本再武装の理論的基礎 酣灯社 1951
  • 殷周革命 古代中国国家生成史論 青山書院 1951
  • 共産主義戦争論 マルクス・レーニン・スターリン・毛沢東の戦争観の分析 青山書院 1951
  • 足利尊氏 青山書院 1952
  • スターリン主義と流血粛清 そして日共・学生・わが思い出 民主日本協会 1952
  • 共産主義と仏教 高野山出版社 1953
  • 佐野学著作集 第1-5巻 佐野学著作集刊行会 1957-1958

翻訳[編集]

  • マルクスかカントか シユルツエ・ゲーヴアニッツ 大鐙閣 1920
  • マルクス全集 第11 経済学批判 安倍浩共訳 大鐙閣 1923
  • 綜合経済論 アキルレ・ロリア 而立社 1924 (社会科学大系)
  • 社会進化論 ベンジヤミン・キツド 而立社 1925 (社会科学大系)
  • レーニン著作集 第4巻 一九一七年 プロレタリア革命 レーニン著作集刊行会 1926
  • マルクス・エンゲルスと戦争問題 ジノヴィエフ 白揚社 1927
  • レーニン主義の基礎 西雅雄共編 スターリン・ブハーリン著作集刊行会 1928
  • 十月革命への道 スターリン 白揚社 1928 (スターリン・ブハーリン著作集)
  • 宗教について レーニン 希望閣 1928 (マルクス主義文庫)
  • 報告と討論の結語 西共訳 白揚社 1929 (スターリン・ブハーリン著作集)
  • ロシアに於ける階級闘争と革命 西共訳 スターリン・ブハーリン著作集刊行会 1929
  • マルクス主義入門 西共訳 白揚社 1929 (スターリン・ブハーリン著作集)
  • 世界資本主義の現段階 西共訳 白揚社 1930 (スターリン・ブハーリン著作集)

脚注[編集]

  1. ^ 杵築市に現在も「佐野家住宅」が保存されている。[1]
  2. ^ 駄場裕司「日本海軍の北樺太油田利権獲得工作」(海軍史研究会編『日本海軍史の研究』吉川弘文館、2014年)59-60頁。
  3. ^ 駄場裕司『後藤新平をめぐる権力構造の研究』(南窓社、2007年)208-209頁。
  4. ^ 佐野学が2度の共産党一斉検挙をタイミングよく免れていることから、佐野学を後藤新平・公安警察が共産党に送り込んだスパイであるとする者もあるが、そう断定する証拠は示されていない(近現代史研究会編『実録 野坂参三 共産主義運動“スパイ秘史”』マルジュ社、1997年)。
  5. ^ 「年譜」佐野学著作集刊行会編『佐野学著作集 第五巻』佐野学著作集刊行会、1958年、保阪正康 昭和史の大河を往く 第251回 サンデー毎日 2011年3月27日特大号 pp.52-55

参考文献[編集]

  • 立花隆『日本共産党の研究』講談社