日本共産党第3回大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

日本共産党第3回大会(にほんきょうさんとうだいさんかいたいかい)は1926年(大正15年)12月4日山形県五色温泉の宗川旅館で極秘開催された日本共産党大会。開催地名から五色温泉共産党再建大会[1]と呼ぶこともある。

概要[編集]

1922年(大正11年)に結党された日本共産党は、翌1923年(大正12年)6月の幹部大量逮捕(第一次共産党事件)と同年9月の関東大震災により事実上の解党状態にあったため、同党の再建ビューロー(事務局)が大会を主催し、共産党の再結党と二段階革命論による運動方針を採択した。

しかしこれ以後の共産党は、当局による弾圧スパイ潜入による中央部破壊、幹部を初めとする党員の大量転向により壊滅に向かったため、第3回大会は第二次世界大戦以前では最後の党大会となり、第4回大会は戦後の1945年になって公然とした形で開催された。

主な参加者[編集]

大会参加者は17人。

選出された主な中央委員[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『昭和史事典』 毎日新聞社〈別冊1億人の昭和史〉、1980年、135頁。