紺野与次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
紺野与次郎
こんの よじろう
Konno Yojiro.jpg
1955年
生年月日 1910年3月9日
出生地 山形県西置賜郡白鷹町(旧・荒砥町
没年月日 (1977-12-19) 1977年12月19日(67歳没)
出身校 山形高等学校放校(退学)
(現・山形大学
前職 党政治局員
党東京都委員会委員長
所属政党 日本共産党
称号 日本共産党永年党員

選挙区 東京都第1区
当選回数 1回
在任期間 1972年12月11日 - 1976年12月9日
テンプレートを表示

紺野 与次郎(こんの よじろう、1910年(明治43年)3月9日 - 1977年(昭和52年)12月19日)は日本労働運動家、政治家。元衆議院議員日本共産党公認、1期)。日本共産党政治局員、幹部会委員、書記局員などを歴任。

来歴[編集]

戦前[編集]

山形県西置賜郡荒砥町(現・白鷹町)出身。旧制山形高校(現・山形大学文理学部)在学中、社会科学研究会への参画が発覚し放校処分となる。山形高校中退後18歳にして単身上京し、東京合同労働組合向島支部などに籍を置くかたわら、1929年日本共産党(第二次共産党)へ入党。同年モスクワで開かれたプロフィンテルン第5回大会に日本代表として加わる。

ソ連から帰国すると、1931年には党中央委員として地下活動を行う。当時の共産党は非合法政党ゆえ三・一五事件四・一六事件など、官憲からの弾圧が強まっていた時期であったが、紺野は岩田義道らと共に風間丈吉を中心とする新指導部(いわゆる「非常時共産党」)を立ち上げる[1]。しかし翌年治安維持法違反で検挙懲役12年に処せられる(出獄は1943年)。

戦後[編集]

農民運動を主導しながら1947年には政治局員に就任するが、1950年6月にレッドパージにより公職追放となり、7月に団体等規正令違反で逮捕状が出たことにより地下に潜行。地下に潜行した紺野は所感派と行動をともにし、密出国の形で中華人民共和国に渡航。北京機関のメンバーとなった。帰国後、1964年から1970年まで東京都委員会委員長に就き、1967年東京都知事選挙における革新都政誕生に力を尽くす。この間1966年には幹部会委員及び書記局員となる。

1972年の衆院選東京1区から出馬し初(トップ)当選を果たす。再選を期して1976年の衆院選に挑むも落選。議員時代の1976年10月には、本会議での矢野絢也衆議院議員(当時)に対する不規則発言「反共のイヌ、イヌがほえている」が懲罰事犯にかけられたが[2]、審査未了廃案となる。

1977年12月19日、心筋梗塞により東京都新宿区東京女子医科大学病院で死去。67歳。

著書[編集]

  • 『共産党員の品性』(新日本出版社、1966年)
  • 『日本農村の階級分析』(新日本出版社、1961年)
  • 『日本の夜明けとともに』(紺野与次郎後援会、1972年)

脚注[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]