逸見重雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

逸見 重雄(へんみ しげお、1899年 - 1977年10月16日)は、日本社会運動家経済学者。

戦前非合法政党時代最末期の日本共産党第二次共産党中央委員・政治局員であったが、獄中で転向した。戦後は中央労働学園大学法政大学にて教鞭を執った。

略歴[編集]

戦前[編集]

戦後[編集]

著作[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]