石堂清倫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

石堂 清倫(いしどう きよとも、1904年4月5日 - 2001年9月1日)は、日本評論家社会思想研究家、社会運動家である。

来歴[編集]

1904年、石川県石川郡松任町(現白山市)生まれ。第四高等学校で先輩である中野重治を知り、東京帝国大学在学中、新人会で共に活動する。1927年東京帝国大学文学部英文科卒業後、関東電気労働組合に勤務、東京府荏原郡馬込村西田信春大間知篤三岩田義道栗原佑との5人で共同生活。同年10月、日本共産党入党、11月無産者新聞の編集に携わる。1928年、「三・一五事件」に連座し逮捕。その後釈放と逮捕を繰り返し、執行猶予となって、1933年11月保釈。獄中でロシア語中国語を独学、ペンネームでウラジーミル・レーニンなどの著作を翻訳

1933年、転向・釈放後、1934年3月日本評論社に入社、「ゾルゲ事件」で死刑となる尾崎秀実などと相知る。数々の書籍編集及び翻訳を手掛けたあと、1938年7月、満鉄調査部に入社、当時の満州国大連に赴く。旧友の宮川精一郎とともに甘粕正彦関東州労務協会に関わる[1][2]。1943年7月、満鉄調査部第二次検挙(第二次満鉄事件)で逮捕、投獄。1944年12月釈放、1945年5月、関東軍二等兵として動員される。同年8月ハルビン郊外の兵営で敗戦を迎え召集解除。10月、大連に戻り、労働組合運動に加わる。大連のソ連司令部と折衝するなど在留日本人引き揚げに尽力、この地で中華人民共和国の樹立に接する。

1949年10月帰国、日本共産党に再入党、『マルクス=エンゲルス全集』『レーニン全集』『スターリン全集』などマルクス主義諸文献の翻訳に従事する。構造改革論を主張、1961年8月離党届を提出し、11月日本共産党を除名される。1977年6月、荒畑寒村宮内勇らとともに運動史研究会を結成、全17巻におよぶ『運動史研究』を刊行(出版元は三一書房)。イタリア語を習得、グラムシ研究会を創設し、『グラムシ獄中ノート』などアントニオ・グラムシの翻訳・紹介に努め、またイタリア共産党の構造改革論やパルミーロ・トリアッティなどを紹介する。そのほかロイ・メドヴェージェフ『共産主義とは何か』など、数多くの翻訳を手掛ける。[3][4][5]

なお、神奈川県藤沢市湘南大庭市民図書館の特別コレクションに、彼の寄贈本で構成された「石堂清倫文庫」(図書、雑誌12,776点 非図書資料4,130点)がある[6]

主な著書[編集]

  • 『現代革命と反独占闘争』合同出版社 1960年
  • 『現代変革の理論』青木書店 1963年
  • 『思想と人間 革命の虚像と実像』角川書店 1974年
  • 『十五年戦争と満鉄調査部』原書房 1986年 共著
  • 『わが異端の昭和史』勁草書房 1986年6月
  • 『続わが異端の昭和史』勁草書房 1990年10月
  • 『異端の視点 変革と人間と』勁草書房 1987年
  • 『中野重治との日々』勁草書房 1989年
  • 『中野重治と社会主義』勁草書房 1991年
  • 『大連の日本人引揚の記録』青木書店 1997年
  • 『20世紀の意味』平凡社 2001年7月

脚注[編集]

  1. ^ 参議院会議録情報 第6回国会 在外同胞引揚問題に関する特別委員会 第6号
  2. ^ 松岡將『松岡二十世とその時代』
  3. ^ 石堂清倫【いしどう-きよとも】デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説
  4. ^ 「略年譜」、木村英亮編「石堂清倫業績目録」、『20世紀の意味』平凡社 2001年7月、pp221-267
  5. ^ 中野徹三「遠くから来て、さらに遠くへ《追悼論文》――石堂清倫氏の九七年の歩みを考える――」『札幌唯物論』第46号、札幌唯物論研究会、2001年10月
  6. ^ 石堂清倫文庫 レファレンス協同データベース

外部リンク[編集]