西雅雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

西 雅雄(にし まさお、1896年4月24日 - 1944年4月16日)は、政治活動家岡山県出身。高梁中学校(現高梁高等学校)卒。上京して秀英舎の文選工となる。1921年「社会主義研究」の編集主任となり、22年(第一次)日本共産党に入党、機関誌『マルクス主義』の編集者。のち南満州鉄道勤務、42年満鉄調査部事件で検挙され、獄死。

著書[編集]

  • 英国労働党発達史 白揚社, 1924.
  • 階級闘争史概論 希望閣, 1927.
  • 経済学 南宋書院 1927 無産者自由大学
  • 最近における階級諸運動 岩波書店, 1933. 日本資本主義発達史講座 第3部 帝国主義日本の現状

翻訳[編集]

  • マルクスの生涯と学説 マックス・ベーア 三徳社書房, 1923.
  • 資本主義経済の没落 オイゲン・ヴァルガ 白揚社, 1924.
  • 社会主義史 第1-5篇 マツクス・ベーア 白揚社, 1925-26.
  • ソヴィエット政権 レーニン著作集 第5巻 レーニン著作集刊行会, 1926.
  • 家族、私有財産及び国家の起源 リュウィス・エッチ・モルガンの研究に因みて フリードリッヒ・エンゲルス 白揚社 1927 のち岩波文庫 
  • 組織問題 レーニン 渡部義通共訳 マルクス書房, 1927.
  • ドイツ農民戦争 エンゲルス 希望閣 1927 マルクスエンゲルス政治論叢書
  • 十月革命への道 スターリン 佐野学共訳編 白揚社, 1928. スターリン・ブハーリン著作集
  • 唯物史觀 エヌ・ブハーリン 佐野學共編 スターリン・ブハーリン著作集刊行會 1928
  • レーニン主義の基礎 佐野学共編 スターリン・ブハーリン著作集刊行会, 1928.6. スターリン・ブハーリン著作集
  • レーニン主義の爲の鬪爭 スターリン 佐野學共編 スターリン・ブハーリン著作集刊行會, 1928.
  • 國際無産階級運動 スターリン,ブハーリン 佐野學共編 白揚社, 1929. スターリン・ブハーリン著作集
  • 社會主義建設の爲の鬪爭 スターリン,ブハーリン 佐野學共編 白揚社, 1929. スターリン・ブハーリン著作集
  • プロレタリア革命と文化 ブハーリン 佐野學共編 白揚社, 1929. スターリン・ブハーリン著作集
  • 報告と討論の結語 スターリン,ブハーリン 佐野学共編 白揚社, 1929.6. スターリン・ブハーリン著作集
  • マルクス主義入門 スターリン,ブハーリン 佐野学共訳編 白揚社, 1929. スターリン・ブハーリン著作集
  • ロシアに於ける階級闘争と革命 スターリン,ブハーリン 佐野学共編 スターリン・ブハーリン著作集刊行会, 1929.3
  • 世界資本主義の現段階 スターリン,ブハーリン 佐野学共編 白揚社 1930.2. スターリン・ブハーリン著作集
  • 帝國主義論 ブハーリン 佐野學共編 白揚社, 1930. スターリン・ブハーリン著作集
  • 社会主義通史 改訳 ベーア 田畑三四郎共訳. 白揚社, 1932.
  • レーニン主義の諸問題 第5分册 スターリン 白揚社, 1932. スターリン著作集
  • 帝国主義論 ヴァルガ監修 ナウカ社, 1933. コムアカデミア編輯教科書叢書
  • 弁証法的唯物論 ザウェルラント 白谷忠三共訳. 白揚社, 1933.
  • マルクス主義經濟學 第2卷(資本の流通過程) コムアカデミー・レーニングラード支部經濟學研究所編 コフマン監輯 広島定吉,直井武夫共譯. 叢文閣, 1933.
  • 史学概論 エス・エヌ・ブイコフスキー 白揚社, 1934.
  • 現物税に就て レーニン 白揚社, 1936. レーニン重要著作集
  • ロシアにおける資本主義の発展 レーニン 大山岩雄共訳 1936. 岩波文庫
  • 欧洲古代史 唯物史観 白揚社, 1937.
  • ソヴェート政権の当面の任務 レーニン 白揚社 1937. レーニン重要著作集
  • 罷業統計に就いて ニコライ・レーニン 白揚社 1937.6. レーニン重要著作集
  • レーニン年譜及著作目録 レーニン 白揚社, 1937. レーニン重要著作集
  • 労働組合論 レーニン 白揚社, 1937. レーニン重要著作集
  • ゴータ綱領批判 マルクス 1949. 岩波文庫  

参考[編集]

  • 日本人名大事典:[1]