渡部義通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

渡部 義通(わたなべ よしみち、1901年明治34年)7月15日 - 1982年昭和57年)6月28日[1])は、日本の政治家歴史学者

来歴・人物[編集]

福島県出身。明治大学中退後、1927年(昭和2年)、日本共産党に入党。翌年、三・一五事件で検挙され、これを契機に日本古代史研究をはじめた。 1946年(昭和21年)、民主主義科学者協会幹事長に就任。 唯物論的立場から「日本母系時代の研究」、「日本原始社会史」、「日本古代社会」、「古事記講話」などを著した。戦前に早川二郎らとの間で交わされた古代史論争は、主にアジア的生産様式論争及び奴隷制論争として展開されたが、特に奴隷制論争に関しては論争を主導した。

1949年(昭和24年)1月23日執行の第24回衆議院議員総選挙埼玉県第1区から立候補し、30,311票を得て当選する[2]1964年(昭和39年)、党内民主主義を要請して、日本共産党から除名された[3]

三井禮子三井高棟三井家総領家当主〕の四女)[4]

参考文献[編集]

  • 渡部義通述・ヒアリンググループ編『思想と学問の自伝』河出書房新社、1974年
  • 渡部義任『忘憂清楽 渡部義通追想集』1985年
  • 春成秀爾 「「日本遠古之文化」と渡部義通 - 山内清男」 『考古学者はどう生きたか:考古学と社会』 学生社、2003年、91-120頁。ISBN 4311300514 
  • 井上章一『日本に古代はあったのか』角川学芸出版、2008年
  • 大村裕「心に残る先学の人生記録 ―読書日記から― 第1回 渡部義通ほか『思想と学問の自伝』(河出書房新社 1974年)」『アルカ通信』第171号、考古学研究所(株)アルカ、2017年、 1頁。心に残る先学の人生記録 ―読書日記から― 第1回 渡部義通ほか『思想と学問の自伝』(河出書房新社 1974年)”. 考古学研究所(株)アルカ. 2019年3月25日閲覧。

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院・参議院編『議会制度百年史 衆議院議員名鑑』1990年、p.723
  2. ^ 『第24回衆議院議員総選挙一覧』衆議院、1949年、pp.200-205.
  3. ^ 中央統制監査委員会「渡部義通等10名の処分について(1964.11.9)」『前衛』第230号、1965年、 60-63頁。NAID 40002189397
  4. ^ 大村裕 2017