司忍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
つかさ しのぶ
司 忍
生誕 1942年1月25日(72歳)
日本の旗 日本 大分県
出身校 大分県立水産高等学校(現・大分県立津久見高等学校海洋科学校卒業
職業 ヤクザ極道
テンプレートを表示

司 忍 (つかさ しのぶ[1]、本名: 篠田 建市[2] (しのだ けんいち[3]) 、1942年1月25日[4] - ) は、日本ヤクザ指定暴力団・六代目山口組組長

人物[編集]

生い立ち[編集]

1942年(昭和17年)、大分県大分市生まれ。大分県立水産高等学校(現・大分県立津久見高等学校海洋科学校)を卒業後、地元の大手水産会社に就職。その後、大阪を経て名古屋に出て、1962年に三代目山口組系鈴木組内弘田組に入った。中京地区の抗争では武闘派として活動し弘田組最高幹部を務めた。後に、自らの組織として司興業を旗揚げしている。

弘道会[編集]

竹中正久を首領に据える四代目山口組が発足した1984年6月、弘田の引退に伴い弘道会を結成、山口組直参に昇格した。1989年5月、渡辺五代目体制の発足に伴い若頭補佐に就任し、ブロック制が導入されてからは中部ブロック長を兼任した。

1997年8月28日の宅見若頭射殺事件を受けた「新頂上作戦」で、護衛の配下組員に拳銃を持たせていたとする銃刀法違反容疑で同年11月に指名手配を受け、翌年6月に逮捕起訴された。1999年7月、10億円の保証金保釈された。

2001年3月には大阪地方裁判所無罪判決を受けたものの、2004年2月24日、大阪高等裁判所懲役6年の逆転有罪判決を受け、上告高裁判決後収監されたが、10億円の保証金で即日保釈された。

山口組組長[編集]

2005年3月、弘道会会長を同会若頭髙山清司に譲って二代目弘道会総裁となり、自らは弘田組組長に就任。同年5月、五代目山口組若頭に就任し、7月には六代目山口組組長に就任した。

山口組6代目を継承すると、確実視された銃刀法違反裁判における実刑確定を念頭に、最高幹部人事にあたる「幹部」職創設、倉本組小西一家名跡復活から、國粹会を傘下に収める形での東京進出、五代目会津小鉄会会長との舎弟盃に代表される親戚団体との関係強化を数か月のうちに行った。

2005年11月29日付けで上告が棄却され、銃刀法違反により懲役6年の実刑判決が確定した。同年12月5日に出頭して大阪拘置所に収監され、翌年2月には府中刑務所に移監された。

出所後[編集]

2011年4月9日、未決拘留8か月・服役期間5年4か月で刑期満了となり出所したが[5][6][7]、同年9月には新聞社のインタビューに応え、暴力団排除条例について「異様な時代がきた」とするとともに警察当局を批判している。翌2012年、同年元旦未明に総本部至近の兵庫縣神戸護國神社に幹部組員らと共に参拝したことが報じられた[8]

法規命令[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]

先代:
渡辺芳則
山口組組長
6代目: 2005-
次代:
-
先代:
-
弘道会会長
初代: 1984-2005
次代:
髙山清司