小林政広

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
こばやし まさひろ
小林 政広
生年月日 (1954-01-06) 1954年1月6日(62歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都文京区
職業 映画監督脚本家
公式サイト モンキータウンプロダクション
主な作品
バッシング
愛の予感

小林 政広(こばやし まさひろ、1954年1月6日 - )は、日本の映画監督脚本家。以前は林ヒロシという名でフォークシンガーをしていた。

来歴[編集]

東京都文京区本郷生まれ。学習院高等科卒。 『痛快!婦警候補生 やるっきゃないモン!』などのTV映画脚本を経て1980年代後半からピンク映画脚本を多く執筆。サトウトシキ監督らと組んで数々の話題作を執筆して関連の賞も受賞。名脚本家として名を高めた。並行して『これでいいのだ 』『おごるな上司!』などのNHKドラマ脚本も執筆している。 1996年平成8年)に「CLOSING TIME」で映画監督としてデビューし映画製作会社モンキータウンプロダクション設立。1999年平成11年)の『海賊版=BOOTLEG FILM』、2000年平成12年)の『殺し』、2001年平成13年)の『歩く、人』と3年連続でカンヌ国際映画祭に出品。イラクで起きた日本人人質事件を基にした2005年平成17年)の作品『バッシング』はカンヌ国際映画祭コンペティション部門出品後、東京フィルメックスで最高賞を、テヘラン・ファジル国際映画祭では審査員特別賞を受賞。2007年平成19年)のロカルノ国際映画祭において監督・脚本・主演を務めた『愛の予感』が最高賞の金豹賞含め4賞同時受賞の快挙を果たす。2008年にはロッテルダム国際映画祭、ブエノスアイレス映画祭で彼の特集上映が行なわれるなど特に海外での評価が高い。2010年『春との旅』では、毎日映画コンクール日本映画優秀賞はじめ、観客賞、最優秀監督賞ほか国内外で数多くの賞を獲得。第24回東京国際映画祭にてコンペティション部門の審査委員を務める。2012年には、年金不正受給問題を扱った仲代達矢主演の『日本の悲劇』が公開。

人物[編集]

  • 毎日、飲酒しており、「初めて呑んだのが32歳の時で、それから半年後にはアルコール中毒になった」と、自著「映画監督小林政広の日記」に告白しているが、酒もタバコも止める気はないと云う。

主な監督作品[編集]

  • CLOSING TIME クロージング・タイム(1996年)
  • 海賊版=BOOTLEG FILM(1998年)
  • 一週間 (2000年)
  • 殺し(2000年)
  • 歩く、人(2001年)
  • BOSS(2001年、ヴィデオスルー)
  • Akeboshi ショートフィルム STONED TOWN(2002年)
  • 女理髪師の恋(2003年)
  • フリック(2004年)
  • バッシング(2005年)
  • 幸福(2006年)
  • 気仙沼伝説(2006年)
  • 愛の予感(2007年)
  • ワカラナイ(2009年)
  • 白夜(2009年)
  • 春との旅(2010年)
  • ギリギリの女たち(2012年)
  • 日本の悲劇(2013年8月公開)

脚本[編集]

映画[編集]

TV作品[編集]

書籍[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]