学習院中・高等科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
学習院高等科から転送)
移動先: 案内検索
学習院中・高等科
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人学習院
設立年月日 1877年明治10年)10月
共学・別学 男子校
中高一貫教育 併設型→準完全一貫制
課程 全日制
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
高校コード 13560H
所在地 050-0072
東京都豊島区目白一丁目5番1号
北緯35度43分7.8秒東経139度42分40.7秒
公式サイト 学習院中等科
学習院高等科
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

学習院中・高等科(がくしゅういんちゅう・こうとうか)は、東京都豊島区目白一丁目に所在する私立中学校高等学校。学習院中・高等科は略称であり、正式には中等科と高等科に分かれている。

概要[編集]

1877年明治10年)、主として華族子弟のための学校として開校された、130余年の歴史を有する伝統校である。1947年昭和22年)に宮内省管轄を離れ、私立学校となる。財団法人学習院を経て、1951年昭和26年)に学校法人学習院となり現在に至る。

なお、現在の学習院中等科・高等科は旧制学習院中等科の系譜を継ぐ教育機関である。学制改革以前にも同名の旧制学習院高等科という教育機関が存在したが、旧制高等科は学習院大学に改組されている点から、旧制と新制の学習院高等科は、全く別の教育機関である。旧制中等科は中等教育課程を、旧制高等科は高等教育課程をそれぞれ担っていたのに対し、新制中等科は前期中等教育を、新制高等科は後期中等教育をそれぞれ実施する。

学校の特色[編集]

都内では有数の広大な校地と各種施設を有し、緑豊かな自然に囲まれた教育環境である。学習院全体の大きな教育目標である「ひろい視野」「たくましい創造力」「ゆたかな感受性」の実現を目指し、中等科・高等科とで中高一貫教育を行っている。1997年度(平成9年度)までは中等科は4クラス編成、高等科は5クラス編成であったが、完全中高一貫校を目指して、1998年度(平成10年度)からは中等科も高等科と同様に学年進行方式により1学年5クラスにするとともに、2000年度(平成12年度)以降は高等科からの生徒募集を10名程度に抑え、現在では準完全中高一貫校化している[1]

ただし、校則の厳しい初等科や中等科に比べ、高等科は義務教育の修業年限を終えた者たちの集まりの場と位置づけられており、個性や可能性の芽を存分に発揮できる環境を実現するため、学生の行動については本人の自己責任を重んじる方針が採られている。よって、世間で想像されているよりも遥かに自由な校風である(例:金髪、パーマ、ピアスは問題とされない)。中等科と高等科は同じ建物であるがほとんどの交流はない。生徒ホールに学食も設置しており、中等科・高等科一緒。

制服[編集]

  • 紺のホック留め蛇腹海軍学生服1872年、海軍士官型の服装がモデルとなり、日本で学生の制服を定めたのが学習院が最初。現在では学帽は自由化されている。
    • 中等科の袖章は蛇腹1つ
    • 高等科の袖章は親子蛇腹

沿革[編集]

年間行事[編集]

4月
  • 入学式
  • 始業式
  • クラブ紹介
  • ホームルーム
  • ガイダンス
  • 健康診断
  • オール学習院の集い
5月
  • 中間考査
  • 教育実習
6月
  • 対筑波大附属高等学校定期競技大会
1896年(明治29年)より行われている学習院高等科、学習院女子高等科筑波大学附属高等学校の運動部を中心とした総合定期戦。運動部に所属していない生徒も、一般種目に参加することができる。学習院では「附属戦」、筑附では「院戦」の名で親しまれている。
  • 観劇
  • 鳳櫻祭実行委員長選挙
7月
  • 期末考査
  • ボート大会(高等科のみ)
埼玉県戸田市にある、戸田漕艇場で1・2年生の全員が漕艇競技を行う。
  • 特別講義
  • 終業式
9月
  • 始業式
  • 3年第1回実力考査
  • 過去は八幡平移動教室として岩手県松尾村の学習院八幡平校舎に宿泊し、岩手山を登山していた。しかし、松尾校舎の老朽化もあり2005年に中止。
10月
  • 院内大会
  • 学校説明会
  • 中間考査
  • 2年生沖縄研修旅行
11月
  • 鳳櫻祭(文化祭)
  • 次年度選択説明会
  • 総務委員長選挙
12月
  • 期末考査
  • 3年柔道納会
講道館において3年生のクラス対抗で行われる柔道大会。
  • 終業式
1月
  • 始業式
  • 3年第2回実力考査
2月
  • 3年期末考査
  • 中等科入試・高等科入試
  • マラソン大会
  • 大学推薦入学内定
3月
  • 期末考査
  • 1年スキー教室
  • 終業式
  • 卒業式

部活動[編集]

運動部[編集]

  • アーチェリー部
  • 剣道部
  • 硬式野球部
  • ゴルフ部
  • サッカー部
  • 山岳部
  • 柔道部
  • 水泳部
  • スキー部
  • 漕艇部(高等科のみ)
  • 卓球部
  • テニス部(庭球部)
  • 馬術部(高等科のみ)
  • バスケットボール部
  • バレーボール部
  • ホッケー部(高等科のみ)
  • ラグビー部
  • 陸上部
  • 古武道部(中等科のみ)

文化部[編集]

  • 演劇部
  • 吹奏楽部
  • コーラス部
  • 物理・化学部{高等科は化学部}
  • 史学部
  • 写真部
  • 生物部
  • 地学部
  • 美術部
  • 文芸部
  • 音楽部
  • 鉄道研究部(中等科のみ)
  • 囲碁将棋部(中等科)

同好会[編集]

  • アマチュア無線
  • 囲碁将棋(高等科)
  • 社問研究
  • 書道研究
  • 地理研究
  • 鉄道研究
  • フォークソング
  • 空手
  • 釣(中等科のみ)
  • 弦楽同好会
  • 航空同好会

中等科の認可団体[編集]

  • 数学研究会
  • English Club

進路[編集]

高等科への内部進学[編集]

中等科から高等科へは約90%が推薦で進学する。中等科3年時までの学業成績のほか、操行、出席日数が重視される。成績会議で定められた席次により基準を満たすことができなければ、高等科非推薦となる。

学習院大学への内部進学[編集]

進学基準[編集]

高等科での学業成績、実力試験、学科が指定する科目の成績、出席や態度を加味する。

成績については、3年次の学業成績の平均点が60点以上で、50点に満たない科目が3年次2科目以内であり、実力試験において平均40点以上であることが基準である。

2年次までの学業成績は、平均点が一定の点数を切る場合に限り、借点として3年次の学業成績の平均点から減算されるが、基本的に影響はない。

また、3年次の学業成績の平均点と実力試験の平均点の和が120点以上あれば、ほぼ確実に希望の学科に進学できる。

しかし、出席や態度・素行(懲戒を受けるなどの非行)によっては上記の点数に関係なく、推薦を受けられないことがある。

実力試験[編集]

学習院大学に進学を希望する者は全員、受験しなければならない。(他大学に進学を希望する者も、9月の試験は受験する) 3年次の9月と1月の2回、行われる。1回目は高等科・女子高等科それぞれ単独で、2回目は女子高等科と共通の試験を受験する。

実力試験における平均40点の要件は2回とも満たす必要はなく、つまり、2回分を合算して80点であればよい。(各回平均点の小数点第一位は四捨五入された上で算出された2回の平均点でさらに小数点第一位を四捨五入して40点を満たせばよいため、39.5点が最も効率の良い点のとり方となる。39.5点と38.5点が最も効率がよい)

他大学への外部進学[編集]

11月下旬に学習院大学推薦辞退届を提出する。これは撤回できない。そのため、受験の結果によっては内部進学を後から選択するなどということはできない。しかし、近年普及してきているAO入試のうち、合否が11月下旬までに判明するものについては、たとえ不合格であったとしても内部進学を選択することができることになった。

進学状況[編集]

高等科から学習院大学への進学はおよそ6割程度が希望している。各学科には定員があるが、大部分の生徒は希望する学科への進学ができている。法学部経済学部に進学する者が多数である。外部進学に対する支援体制は無い。

主な出身者[編集]

皇室関係[編集]

皇室[編集]

旧宮家[編集]

その他[編集]

脚注および参照[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 学習院高等科の入試情報(高校受験パスナビ)(旺文社)による。

関連項目[編集]

学習院
旧制
一覧
関連書籍