川瀬陽太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
かわせ ようた
川瀬 陽太
川瀬 陽太
本名 川瀬 陽太
生年月日 (1969-12-28) 1969年12月28日(52歳)
出生地 北海道札幌市
国籍 日本
身長 173cm
血液型 O型
職業 俳優
ジャンル 映画、テレビドラマ
活動期間 1995年 -
事務所 フリー
公式サイト 川瀬陽太オフィシャルホームページ
主な作品
映画
ローリング
シン・ゴジラ
海辺の生と死 (映画)
体操しようよ
おっさんのケーフェイ
感染列島
菊とギロチン
テレビドラマ
anone
ルームロンダリング
満願 (米澤穂信)
平成物語
この世界の片隅に
きのう何食べた?
 
受賞
キネマ旬報新人賞
1997年
日本映画プロフェッショナル大賞
主演男優賞

2016年
テンプレートを表示

川瀬 陽太(かわせ ようた、本名同じ、1969年12月28日 - )は、日本俳優神奈川県川崎市出身(生まれは北海道札幌市)。

人物・来歴[編集]

北海道札幌市で生まれ、札幌の母方の実家で幼年期を過ごす。その後、神奈川県川崎市に移り小・中・高校生活を送る。高校卒業後はデザイン関係の仕事に就くために桑沢デザイン研究所へ入学。卒業後、主に映像関係の仕事を経て俳優に転身。俳優デビュー時から現在まで一度も事務所に所属することなく20年以上フリーで活動をしている[1]

映像関係の仕事を始めた当初は企業PR用のPV制作に携わっていたが、やがて映画の世界に足を踏み入れる。当初、自主制作映画の助監督の仕事を中心に活動していたが、たまたま参加していた福居ショウジン監督の自主映画『RUBBER'S LOVER』が資金的な行き詰まり状態になり、監督から主演を命じられたことが役者への転身のきっかけとなる。結局、この作品がそのままデビュー作となる。この後、福間健二監督の『急にたどりついてしまう』に出演。この映画の制作に参加していたスタッフの多くがたまたまピンク映画出身であったため、そうした経緯で瀬々敬久監督をはじめとしたピンク映画の関係者と交流を深め、その後多くのピンク作品に参加するきっかけとなる。但し、ピンクに参加する以前は、ピンク映画に関する興味・知識は全く持ち合わせていなかったと後のインタビューで本人が語っている。[2]現在は一般映画やテレビ分野へ進出しており、中でも旧知の瀬々敬久監督作品には必ずと言って良いほど出演している。

1997年キネマ旬報の新人賞候補に選出。2016年には映画「ローリング」と「犯る男」での演技が認められ、第25回日本映画プロフェッショナル大賞 主演男優賞を受賞。

持論は『与えられた環境に、いかにハマるか』[3]

受賞歴[編集]

出演[編集]

映画[編集]

一般作品[編集]

1995年
  • 急にたどりついてしまう(1995年11月18日公開、福間健二監督)- カッチン 役
1996年
  • ラバーズ・ラヴァー(1996年9月28日公開、福居ショウジン監督)- 主演・飯沼思美香 役
1997年
  • KOKKURI・こっくりさん(1997年5月24日公開、瀬々敬久監督)
1998年
  • 汚れた女(1998年1月30日公開、瀬々敬久監督)
  • 冷血の罠(1998年7月11日公開、瀬々敬久監督)
  • ポルノスター(1998年10月10日公開、豊田利晃監督) - 李
2000年
  • HYSTERIC(2000年5月6日公開、瀬々敬久監督)
  • ブリード 血を吸う子供(2000年製作、瀬々敬久監督)
2001年
2002年
  • SFホイップクリーム(2002年12月14日公開、瀬々敬久監督)
2003年
  • Pierce LOVE HATE(1997年製作、2003年2月22日公開、安藤尋監督)
  • 姦☆刑事 セクサロイドコップ(2003年3月22日公開、瀬々敬久監督)
2005年
  • 花井さちこの華麗な生涯(2005年11月26日公開、女池充監督)
2006年
  • かえるのうた(2006年1月14日公開、いまおかしんじ監督)
  • ホワイトルーム 重松清原作「愛妻日記」より(2006年9月30日公開、斎藤久志監督)
2007年
  • 刺青 堕ちた女郎蜘蛛(2007年1月13日公開、瀬々敬久監督)
  • マリッジリング(2007年12月8日公開、七里圭監督)
2008年
2009年
  • 感染列島(2009年1月17日公開、瀬々敬久監督)
  • ジャイブ 海風に吹かれて(2009年6月6日公開、サトウトシキ監督)
2010年
2011年
  • イチジクコバチ(2011年1月29日公開、サトウトシキ監督)
  • アベック・パンチ(2011年6月18日公開、古澤健監督)
  • サウダーヂ(2011年10月22日公開、富田克也監督)[7]
  • 惑星のかけら(2011年11月26日公開、吉田良子監督)
  • ソラからジェシカ(2011年12月3日公開、佐向大監督)
  • アントキノイノチ(2011年11月19日公開、瀬々敬久監督)
2012年
2013年
  • 青二才(2013年1月5日公開、サトウトシキ監督)
  • 同じ星の下、それぞれの夜「チェンライの娘」(2013年2月9日公開、富田克也監督)
  • あれから(2013年3月9日公開、篠崎誠監督)- 小野寺仁志 役
  • MOOSIC LAB2013 アナタの白子に戻り鰹(4月6日公開、今井真監督)
  • 君が愛したラストシーン(2013年4月6日公開、佐藤吏監督)
  • 戦争と一人の女(2013年4月27日公開、井上淳一監督)
  • モーニングセット、牛乳、春(2013年8月17日公開、サトウトシキ監督)
  • NEW NEIGHBOR(2013年10月5日公開、ノーマン・イングランド監督)
2014年
  • マリアの乳房(2014年6月14日、瀬々敬久監督)
  • シュトゥルム・ウント・ドランク(疾風怒濤)(2014年8月16日公開、山田勇男監督) - 大杉栄
  • 銀座並木通り クラブアンダルシア(2014年9月13日公開、和田秀樹監督)
  • 超能力研究部の3人(2014年12月6日公開、山下敦弘監督) - 撮影監督・伊藤 役
2015年
2016年
2017年
2018年
2019年
2020年
2021年
2022年

ピンク映画[編集]

1995年
1996年
  • 赫い情事
  • 牝臭 とろける花芯
  • 禁じられた情事 不倫妻大股びらき
  • 痴漢電車 感じるイボイボ
1997年
  • 思いはあなただけ 〜I Thought About You〜
  • 白衣の私生活 乱行女子寮
  • ザ・痴漢教師 制服狩り
  • 淫乱生保の女 肉体勧誘
1998年
  • 汚れた女
  • 発情娘 糸ひき生下着
  • 痴漢電車 弁天のお尻
  • 若妻 不倫の香り
  • 熟女ソープ 突きぬけ発射(榎本敏郎監督)
  • ぐしょ濡れ美容師 すけべな下半身
1999年
  • 喪服姉妹 タップリ濡らして
  • 女ピアノ教師 ゆび誘い乱されて
  • 人妻発情期 不倫まみれ
  • 愛欲温泉 美肌のぬめり
  • 覗かれた不倫妻 主人の目の前で
  • アナーキー・インじゃぱんすけ 見られてイク女(瀬々敬久監督)- パンク男 役
2000年
  • 一週間 愛欲日記
  • 団地妻 不倫でラブラブ
  • 不倫妻 情炎
  • どすけべ姉ちゃん 下半身兄弟
  • せつなく求めてII 人妻編
  • おしゃぶり天使 白衣のマスコット
  • 果てしない欲情 もえさせて!サトウトシキ監督)改題『青空』
  • 多淫OL 朝まで抜かないで
  • 見られた情事 ズブ濡れの恥態
2001年
  • 未来(H)日記 いっぱいしようよ
  • 18才 下着の中のうずき
  • 迷走者たちの猥歌
  • トーキョー×エロティカ 痺れる快楽
  • 痴漢電車 さわってビックリ!
2002年
  • OL性告白 燃えつきた情事
  • 不倫妻たちの週末
  • 不倫妻 ねっとり乱れる
  • 優しすぎる獣 思いはあなただけ2
  • 人妻出会い系サイト 夫の知らない妻の性癖
2003年
  • 豊満美女 したくて堪らない!
  • 発情家庭教師 先生の愛汁
  • 猥褻ネット集団 いかせて!!
2004年
  • 熟女・発情 タマしゃぶり(いまおかしんじ監督)改題『たまもの』
  • 団地の奥さん、同窓会に行く
  • 義母と巨乳 奥までハメて!
  • 人妻 あふれる蜜ツボ(2005年、深町章監督)
  • 桃色ガードマン カラダ張ります!(2006年)
  • 情事の惑星(2008年、深町章監督)
2012年
  • おねだり狂艶 色情ゆうれい(2012年8月30日公開、渡邊元嗣監督)
  • 奴隷市(2012年12月1日公開、愛染恭子監督)
2013年
  • 妻の妹 あぶない挑発 (2013年7月12日公開、加藤義一監督) - 田宮徳男 役
2014年
  • 新人巨乳 はさんで三発(2014年11月21日公開、加藤義一監督) - ハヤト 役
2015年
  • 痴漢電車 悶絶裏夢いじり(2015年1月2日公開、山内大輔監督) - 吉井 役
  • 情炎の島 濡れた熱帯夜(2015年8月14日公開、山内大輔監督)
2016年
  • 性辱の朝 止まらない淫夢(2016年6月24日公開、山内大輔監督) - 吉井 役
  • 淫暴の夜 繰り返す正夢(2016年9月16日公開、山内大輔監督)
2017年
  • 感じるつちんこ ヤリ放題!(2017年1月27日公開、いまおかしんじ監督)
  • ぐしょ濡れ女神は今日もイク!(2017年3月24日公開、山内大輔監督)
  • ももいろ絵本 イッてみよう、ヤッてみよう!(2017年5月19日公開、山内大輔監督) - 吉井 役
2018年
  • 再会の浜辺 後悔と寝た女(2018年、山内大輔監督)- 吉井
  • 変態家族 碧い海に抱かれて(2018年1月26日公開、山内大輔監督) - 吉井 役
  • ひまわりDays 全身が性感帯(2018年、山内大輔監督)- 吉井ゴロウ
  • スナックあけみ 濡れた後には福来たる(2018年12月14日、オーピー映画) - 吉井ゴロウ 役
2019年
2020年
2022年

テレビドラマ[編集]

オリジナルビデオ[編集]

1997年
  • ピアス LOVE&HATE
  • 人妻 青年狩り
1998年
1999年
  • 令嬢告白 汚された振袖 ひぐらし
  • 愛人霊
2001年
  • 純情新人看護婦 白衣のぬくもり
  • 女子社員愛欲依存症
  • 淫らな庶務課 OL 塔子の歓び
  • 濡れ濡れ 卍妻 喪服で昇天
  • 愛欲温泉 美人仲居お尻でサービス
  • 750ライダー2
2002年
  • 快速痴漢電車 いやらしい指先
  • 不倫妻たちの週末
  • 不倫妻 ねっとり乱れる
  • 優しすぎる獣 思いはあなただけ2
  • 人妻出会い系サイト 夫の知らない妻の性癖
  • 梁山泊 究極の攻略軍団
  • 昼下がりの人妻 妻の言い訳
2004年
  • SEX IN THE ROOM 密室欲情25時
  • したくてしたくてたまらないOL
  • 熱い肉体 イヤと言えない女
  • 愛奴霊 処女のはらわた
2007年
  • BLUEなんだってんだ7Days(神野太監督)
2010年
  • 人妻ナース 三日三晩の恋
  • 喪服未亡人M 密約遊戯
  • 君のことだけを想う 愛欲の海に溺れて・・
  • 憧れの人妻(ひと) 年下男と情事に溺れた日々
2011年
  • 別れる理由(わけ) 最後のSEX
  • 浮気な人妻たちスペシャル
2012年
  • 猛毒Y談 人喰い秘宝館
  • クリーニング屋の女房 若い男に恋して…
  • 女弁護士 恥辱法廷 撮られた肢体(片岡修二監督)
  • 未来の日記 ANOTHER STORY
  • 愛の一滴 汁男の恋(2012年、松村亜秀監督)
  • ネオン蝶(2012年、サトウトシキ監督)

WEB[編集]

  • マチビト 神楽坂とお酒の話(2016年6月、監督:菊地健雄

WEBドラマ[編集]

舞台[編集]

  • 饗宴(2013年、swanny)[1]

PV[編集]

  • 「遠い街角」 岡田拓郎 (Feat.優河)(2018年、監督:菊地健雄[2]
  • 「でんでん」 ユニコーン(2019年、監督:犬童一心[3]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “川瀬陽太、年収2万から出演作170本超。ピンク映画出演を経て“奇跡のフリー役者”へ”. テレ朝POST. (2019年2月8日). https://post.tv-asahi.co.jp/post-76590/ 2019年8月20日閲覧。 
  2. ^ いまおかしんじ公式BLOG 「まーイーカー」 2006年5月24日より
  3. ^ 川瀬陽太、ピンク映画で培った役者魂「いかに環境にハマるか」 | Smart FLASH[光文社週刊誌]” (日本語). Smart FLASH[光文社週刊誌]スマフラ/スマートフラッシュ (2020年7月13日). 2020年7月14日閲覧。
  4. ^ “「バクマン。」が日本映画プロフェッショナル大賞でベストワン&作品賞”. 映画ナタリー. (2016年3月25日). http://natalie.mu/eiga/news/180925 2016年3月25日閲覧。 
  5. ^ “札幌生まれの川瀬陽太さんが日プロ大賞の主演男優賞に選ばれました。”. 北の映像ミュージアム. (2016年5月8日). http://kitanoeizou.net/blog/?p=12503 2016年5月8日閲覧。 
  6. ^ 『Love&Eros CINEMA COLLECTION』(2010年)の一作
  7. ^ 映画『サウダーヂ』の宣伝有志によるブログ 2011年11月03日より
  8. ^ 出演者”. 映画「華魂 幻影」公式ホームページ. 2017年9月30日閲覧。
  9. ^ “キャスト”. 映画「シン・ゴジラ」公式サイト. http://shin-godzilla.jp/cast/ 2016年4月17日閲覧。 
  10. ^ “ゆうばり映画祭グランプリ「トータスの旅」公開、父子と亀の珍道中描くロードムービー”. 映画ナタリー. https://natalie.mu/eiga/news/238945 2016年6月30日閲覧。 
  11. ^ Real Sound 映画部『体操しようよ』川瀬陽太インタビュー
  12. ^ Cinefil『体操しようよ』菊池健雄監督 & 俳優 川瀬陽太さんのスペシャル対談!
  13. ^ おっさんのケーフェイ” (日本語). 映画-Movie Walker. 2019年2月24日閲覧。
  14. ^ 映画ナタリー 川瀬陽太がニート演じる「天然☆生活」公開、監督は「トータスの旅」の永山正史
  15. ^ “上田慎一郎らの新作「イソップの思うツボ」ヒロインは石川瑠華、井桁弘恵、紅甘に”. 映画ナタリー. (2019年5月30日). https://natalie.mu/eiga/news/333475 2019年5月30日閲覧。 
  16. ^ “バットを持った怒りの女子高生…『JKエレジー』公開日決定”. シネマトゥデイ. (2019年5月24日). https://www.cinematoday.jp/news/N0108875 2019年6月25日閲覧。 
  17. ^ アノコノシタタリ : 作品情報” (日本語). 映画.com. 2019年8月12日閲覧。
  18. ^ たわわなときめき : 作品情報” (日本語). 映画.com (2020年10月21日). 2021年2月4日閲覧。
  19. ^ たわわな気持ち 全部やっちゃおう”. pg-pinkfilm (2019年7月12日). 2019年7月12日閲覧。
  20. ^ フジテレビ ドラマ『監察医 朝顔』NEWS 日本映画界の雄!“フリー俳優”川瀬陽太さんがキャリア25年目でついに月9初出演!
  21. ^ “コムアイが主人公のカメラマン役に!特集ドラマ『雨の日』工藤遙・成海璃子ら出演決定”. TV LIFE (ワンパブリッシング). (2021年10月21日). https://www.tvlife.jp/drama/422554 2021年11月3日閲覧。 
  22. ^ "「星新一の不思議な不思議な短編ドラマ」放送のおしらせ". ドラマトピックス. 日本放送協会. 18 February 2022. 2022年2月18日閲覧
  23. ^ “板尾創路、息子役の川西拓実に「とても好感」 JO1初主演ドラマ全キャスト発表”. マイナビニュース (マイナビ). (2022年2月22日). https://news.mynavi.jp/article/20220222-2277974/ 2022年2月22日閲覧。 

外部リンク[編集]