ノーマン・イングランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ノーマン・イングランドNorman England, 1959年4月24日 - )は、日本映画のライター、俳優、監督。アメリカ合衆国カリフォルニア州出身。ライターとして『ゴジラミレニアム』シリーズを広く取材し、制作期間中にゴジラスーツを着たことのある唯一の外国人である。

その後は近年の日本のホラーについて取材している。

2005年、デビュー作『The iDol』監督。

略歴[編集]

1959年、カリフォルニア州サンマテオに生まれる。1963年にニューヨークへ移住。

1978年〜1991年、ニューヨークで活動していたロックバンド「Proper iD」で音楽活動をする。当時のバンドメイトLach and Geoff Notkinは後にScience Channelのリアリティ番組『Meteorite Men』に出演した。

1993年、日本へ移住。怪獣映画のライターとしてのキャリアをスタートする。

1998年、カプコン『バイオハザード2』のテレビCM(ジョージ・A・ロメロ監督)撮影現場を1週間取材する。そのとき知り合ったAnthony Ferrantiの紹介で雑誌「ファンゴリア」の編集者と知り合う。

1999年、ファンゴリアの日本記者となる。欧米の大手メディアでは初めて日本のホラー映画のニューウェーブについて書く。『月刊ホビージャパン』、『Japanzine』、『スターログ』、『Flix』、『Japanese Giants』、『ジャパンタイムズ』にも寄稿。

日本在住という利点を活かし、様々な映画の撮影現場を取材、レポーターという枠を超えて作品にコミットしていった。

1999〜2004年、ゴジラミレニアムシリーズのセットで100日以上を過ごす。特に、2001年の4月から10月にわたり『ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃』(2001年)のセットを頻繁に訪れる。そこで、撮影中のゴジラスーツを着た唯一の外国人となった。レポーターとしてだけでなく、様々な映画やテレビに脇役として出演する。

監督西村喜廣に『吸血少女対少女フランケン』の字幕制作を依頼されたのをきっかけに字幕制作を開始、それ以降金子修介、井口昇、中田秀夫、坂口拓、堤幸彦などの監督作品の字幕を担当した。

2012年、雑誌「映画秘宝」でコラム「Grindhouse USA」を連載する。1980年代のニューヨークタイムズスクエアで働いた経験や、90年代のニューヨーク市改革以前の映画文化について語っている。

監督として[編集]

『ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃』の取材をきっかけに、自らも映画を作りたいと思い始める。2002年からデビュー作『The iDol』の構想を練り始め、2005年に撮影開始した。『The iDol』は2006年7月16日にモントリオールのファンタジア映画祭で初めて公開された。

2007年、ドキュメンタリー映画『Bringing Godzilla Down to Size: The Art of Japanese Special Effects for Classic Media』の監督を依頼される。このドキュメンタリーは2008年8月、グローマンズ・エジプシャン・シアターで世界に先駆けて公開された。後に、DVDセット『Rodan and War of the Gargantuas』の特典映像として2008年9月にリリースされた。最近では2009年7月にファンタジア映画祭でも上映された。

2008年、2作目『Feed Me』を撮影する。低予算で作られたホラー映画で、2009年4月ダウンロードのみでリリースされた。

2009年、短編『It's All Good』を監督する。2010年2月スカパー!で放映され、2010年3月ゆうばり国際ファンタスティック映画祭で上映された。

作品[編集]

俳優[編集]

監督[編集]

  • The iDol
  • Bringing Godzilla Down to Size: The Art of Japanese Special Effects
  • Feed Me
  • It's All Good
  • Sushi Typhoon: Tokyo Invasion
  • New Neighbor(2013年10月5日公開)

外部リンク[編集]