冨永昌敬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
とみなが まさのり
冨永 昌敬
生年月日 1975年
出生地 日本の旗 日本 愛媛県
職業 映画監督脚本家編集技師映画プロデューサー
ジャンル 映画テレビドラマミュージック・ビデオ

冨永 昌敬(とみなが まさのり、1975年 - )は、日本映画監督である。

経歴[編集]

1975年、愛媛県に生まれる[1]。1999年、日本大学藝術学部映画学科を卒業[2]。卒業制作『ドルメン』が2000年のオーバーハウゼン国際短編映画祭にて審査員奨励賞を受賞[3]。2002年の水戸短編映像祭にて『VICUNAS』がグランプリを獲得する[4]

2006年、オダギリジョー香椎由宇を主演に迎えた『パビリオン山椒魚』にて長編商業映画デビューを飾る[5]。2007年、安彦麻理絵の漫画『コンナオトナノオンナノコ』を映画化する[6]。2009年、太宰治の小説『パンドラの匣』を映画化する[7]。2010年、本谷有希子の戯曲『乱暴と待機』を映画化した[8]。2011年、大野松雄のドキュメンタリー映画『アトムの足音が聞こえる』を監督する[9]。同年、哀川翔綾野剛を主演に迎えた『目を閉じてギラギラ』が公開される[10]

フィルモグラフィー[編集]

映画[編集]

  • ドルメン(1999年) - 監督
  • VICUNAS(2002年) - 監督・脚本・製作・編集
  • テトラポッド・レポート(2003年) - 監督・脚本
  • 亀虫(2003年) - 監督・原案・出演
  • 呪霊 THE MOVIE(2003年) - 編集
  • be found dead(2004年) - 「オリエンテ・リング」監督・脚本
  • シャーリー・テンプル・ジャポン パートII(2005年) - 監督・脚本・編集
  • ジャポニカ・ウイルス(2006年) - 出演
  • パビリオン山椒魚(2006年) - 監督・脚本
  • コンナオトナノオンナノコ(2007年) - 監督・脚本・編集
  • 桃まつり presents 真夜中の宴(2008年) - 「感じぬ渇きと」録音
  • シャーリーの好色人生(2009年) - 脚本・製作
  • シャーリーの転落人生(2009年) - 監督・脚本・編集
  • パンドラの匣(2009年) - 監督・脚本・編集
  • 乱暴と待機(2010年) - 監督・脚本・編集
  • 庭にお願い(2010年) - 監督・撮影・編集
  • アトムの足音が聞こえる(2011年) - 監督・撮影
  • 目を閉じてギラギラ(2011年) - 監督・脚本
  • 明日泣く(2011年) - 編集
  • 明日(2012年) - 「妻、一瞬の帰還」「武闘派野郎」監督
  • ドキュメント灰野敬二(2012年) - ライブ撮影
  • BUNGO~ささやかな欲望~(2012年) - 「注文の多い料理店」監督
  • 同じ星の下、それぞれの夜(2013年) - 「ニュースラウンジ25時」監督・脚本
  • ローリング(2015年) - 監督・脚本・製作
  • マンガをはみだした男 赤塚不二夫(2016年) - 監督
  • 南瓜とマヨネーズ(2017年) - 監督・脚本
  • 素敵なダイナマイトスキャンダル(2018年) - 監督・脚本

テレビドラマ[編集]

ミュージック・ビデオ[編集]

ビブリオグラフィー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 大野松雄 – 『鉄腕アトム』の音をつくった電子音の怪人”. WIRED (2011年6月29日). 2014年5月13日閲覧。
  2. ^ 講師紹介 - 冨永昌敬”. 映画24区スクール. 2014年5月13日閲覧。
  3. ^ 冨永昌敬監督インタビュー『庭にお願い』&『アトムの足跡が聞こえる』”. ぴあ関西版WEB (2011年6月24日). 2014年5月13日閲覧。
  4. ^ 017:冨永昌敬さん(『乱暴と待機』監督・脚本・編集)”. Realtokyo (2010年10月10日). 2014年5月13日閲覧。
  5. ^ boid 樋口泰人 × 冨永昌敬監督 対談”. CINRA.NET (2008年4月22日). 2014年5月13日閲覧。
  6. ^ MASANORI TOMINAGA - 冨永昌敬 - Film Director”. PUBLIC-IMAGE.ORG (2007年11月8日). 2014年5月13日閲覧。
  7. ^ 染谷将太&窪塚洋介 時空を超えて太宰治とコラボ「なんてロマンチック!」”. ORICON STYLE (2009年10月20日). 2014年5月13日閲覧。
  8. ^ 冨永昌敬監督&美波にインタビュー『乱暴と待機』”. eo映画 (2010年10月9日). 2014年5月13日閲覧。
  9. ^ アトムの足音手掛けた音響デザイナー大野松雄に、冨永昌敬監督が迫るドキュメンタリー”. CINRA.NET (2011年2月4日). 2014年5月13日閲覧。
  10. ^ 哀川翔、共演者からイジられ大慌て「言わなきゃバレないのに!」”. ORICON STYLE (2011年10月24日). 2014年5月13日閲覧。

外部リンク[編集]