南瓜とマヨネーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

南瓜とマヨネーズ』(かぼちゃとマヨネーズ)は、魚喃キリコによる日本漫画。1998年から1999年にかけて『CUTiE Comic』(宝島社)にて掲載された恋愛漫画で、2004年に祥伝社より復刊版として発表された。2017年に今作を原作とした実写映画が公開された[1]

あらすじ[編集]

主人公の土田(ツチダ)は過去の自分を救ってくれた同棲中の恋人せいいちの夢を叶えるために生活を支えていた。ミュージシャン志願のせいいちは人間関係に悩んでスランプに陥り曲が書けずに毎日ダラダラ過ごす日々。一方ツチダは内緒で水商売を始めて店の客と愛人関係になってしまう。その事を知ったせいいちは心を入れ替え働き始める。そんな矢先、ツチダは昔の恋人萩野正史(ハギオ)と偶然再会し、過去の思い出にしがみつくようにハギオにのめり込んでいく。

登場人物[編集]

土田(ツチダ)
せいいち(せいちゃん)
萩野正史(ハギオ)
リカ(可奈子)
田島
田中

書誌情報[編集]

  • 魚喃キリコ 『南瓜とマヨネーズ』 祥伝社〈祥伝社フィールコミックス〉、全1巻
    1. 2004年3月8日発行、ISBN 4-396-76325-5

映画[編集]

南瓜とマヨネーズ
監督 冨永昌敬
脚本 冨永昌敬
原作 魚喃キリコ
出演者 臼田あさ美
太賀
浅香航大
若葉竜也
大友律
清水くるみ
岡田サリオ
光石研
オダギリジョー
音楽 やくしまるえつこ
撮影 月永雄太
編集 田巻源太
制作会社 スタイルジャム
製作会社 映画「南瓜とマヨネーズ」製作委員会
配給 S・D・P
公開 日本の旗 2017年11月11日
上映時間 93分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

2017年11月11日公開[2][3]。監督は『ドルメン』で2000年のオーバーハウゼン国際短編映画祭にて審査員奨励賞を受賞し[4]、『乱暴と待機』(2010年)、『ローリング』(2015年)、数々の脚本も手がけ、『素敵なダイナマイトスキャンダル』の公開が控える冨永昌敬。主演は臼田あさ美[5]。 音楽監修および劇中歌制作は『アルス・エレクトロニカ・STARTS Prize』でグランプリを受賞し、幅広い芸術活動を行っているやくしまるえつこが担当し[6]、写真は『明星』で第40回木村伊兵衛写真賞を受賞した川島小鳥が務める[7]。 ティザービジュアルは異なるキャッチコピーと写真で構成され、映画のチラシは全部で6つのパターンが展開されている[8]

ストーリー[編集]

このありふれた平凡は、本当はとても壊れやすくて、無くさないことは奇跡。二つの恋に揺れる、痛くて愛おしい“わたしたちの”ラブストーリー。

キャッチコピー[編集]

  • あたりまえだからこそ 儚くて尊い わたしたちの日常
  • 2人でいること。それだけでシアワセだった
  • そっとフタをして ずっとウソをついて やっと忘れたはずなのに
  • 会えて嬉しいよ、でも苦しい。
  • 大好きな人と忘れられない人のあいだ
  • 女は過去の恋をひきずらない、なんてウソ。

キャスト[編集]

ツチダ
演 - 臼田あさ美
せいいち
演 - 太賀
田中
演 - 浅香航大
寺尾
演 - 若葉竜也
川内
演 - 大友律
可奈子
演 - 清水くるみ
尚美
演 - 岡田サリオ
安原
演 - 光石研
ハギオ
演 - オダギリジョー

スタッフ[編集]

評価[編集]

脚注[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]