ローリング (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ローリング
監督 冨永昌敬
脚本 冨永昌敬
製作 木滝和幸
冨永昌敬
製作総指揮 小曽根太
甲斐真樹
宮前泰志
池内洋一郎
出演者 三浦貴大
柳英里紗
川瀬陽太
音楽 渡邊琢磨
撮影 三村和弘
編集 田巻源太
配給 マグネタイズ
公開 日本の旗 日本 2015年6月13日
上映時間 93分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

ローリング』 (Rolling) は、冨永昌敬監督・脚本による2015年の日本のドラマ映画。茨城県水戸市大工町を舞台としている[1]。第23回レインダンス映画祭出品作品[2]

あらすじ[編集]

故郷の水戸市で高校教師を務めていた権藤(川瀬陽太)は、女子更衣室の盗撮が発覚したことにより、10年前に教職を退いている。彼は、東京で出会ったキャバクラ嬢のみはり(柳英里紗)を連れて、10年ぶりに帰郷する。権藤とみはりは、慰謝料を求める元生徒たちの追跡から逃れるため、雑居ビルに身を潜める。おしぼり工場で働く貫一(三浦貴大)は偶然にも、そのビルでおしぼりを回収しているところだった。権藤の教え子だった貫一は、権藤をかくまい、みはりの足の怪我を手当てして、2人の窮地を救う。

権藤は貫一に仕事を紹介してもらうが、それも長続きせず、貫一を呆れさせる。そんな折、権藤はクラブで泥酔して意識を失う。彼が自宅で目を覚ますと、元教え子の繁夫(松浦祐也)と田浦(礒部泰宏)と容子(森レイ子)が、10年前に盗撮された女子更衣室のビデオを見ていた。そこには、今は芸能人として活躍する朋美(井端珠里)が生前のジュン(星野かよ)と愛を交わす姿も映っている。

権藤と繁夫と田浦は、朋美の芸能事務所に連絡する。マネージャーの広岡(高川裕也)が、弁護士の黒木(杉山ひこひこ)と元警察官の野中(西桐玉樹)とともに、権藤たちの前に姿を現す。権藤たちは、盗撮映像のハードディスクを渡した見返りとして、多額の現金を受け取る。後日、黒木は権藤たちを草原へ連れて行き、太陽光パネルへの投資を持ちかける。権藤は、黒木の甘言につられて浮き足立ち、貫一に軽蔑される。

みはりと交際を始めた貫一は、ある日、朋美に呼び出される。朋美は貫一に、女子更衣室の映像をインターネット上に流してほしいと頼む。かつて朋美と付き合っていた貫一は、曖昧な返事を残し、彼女と別れる。彼は、しばらく逡巡したのち、女子更衣室の映像のバックアップを家の窓から投げ捨てる。

朋美の姿が映った女子更衣室の映像は世間に流出し、週刊誌でも話題にされることとなる。繁夫は、貫一が映像を流出させたのだと思い込む。電気ドリルを手に持った繁夫は、充電機と延長コードを抱えた船越(橋野純平)とともに、貫一に迫って来る。貫一はビルの屋上に追いつめられるが、電気ドリルの充電が切れたことにより、辛くも逃げ切る。船越は、指図ばかりを繰り返す繁夫に業を煮やし、繁夫をナイフで刺す。権藤は、みはりとともに水戸から姿を消す。

数か月後、貫一と田浦は草原を訪れる。草陰では、権藤の骨が鳥たちの巣材として用いられている。貫一は、女子更衣室の映像の流出が、朋美の頼みを聞いた田浦の手によるものだったことを知らされる。朋美は、生前は誰の記憶にも残らなかったジュンの存在を、どんな形であれ、社会に知っておいてほしかったのだという。貫一は、権藤の骨に向かって「先生に感謝してる奴がいたよ」と呟く。権藤の骨の横には、もう一体 みはりと暗示される骨があった・・・。貫一と田浦は大きな骨を土に埋めるが、小さい骨は「先生には鳥の巣が調度いい」と埋めずに、やがて鳥の巣となるのであった。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督・脚本・製作:冨永昌敬
  • 製作:木滝和幸
  • アソシエイトプロデューサー:磯崎寛也 宇野航
  • 企画:宮崎雅彦
  • エグゼクティブプロデューサー:小曽根太 甲斐真樹 宮前泰志 池内洋一郎
  • 撮影:三村和弘
  • 美術:仲前智治
  • 照明:中村晋平
  • 録音:高田伸也
  • 整音効果:山本タカアキ
  • 編集:田巻源太
  • 音楽:渡邊琢磨
  • 衣装:加藤將
  • ヘアメイク:小濱福介
  • 助監督:荒木孝眞
  • 制作担当:佛木雅彦
  • 協力プロデューサー:平島悠三
  • 制作プロダクション:ぽてんひっと
  • 制作協力:シネマパンチ
  • 配給:マグネタイズ

上映[編集]

2015年4月11日、水戸芸術館にて完成披露試写会が行われた[3]。6月13日に一般公開された[4]

受賞[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 大工町舞台の映画「ローリング」試写会、冨永監督「原作は水戸市民」”. 産経ニュース (2015年4月12日). 2015年6月21日閲覧。
  2. ^ 大崎章監督「お盆の弟」ロンドンの国際映画祭に出品”. 日刊スポーツ (2015年8月25日). 2015年8月25日閲覧。
  3. ^ 映画『ローリング』完成披露試写会@水戸芸術館ACM劇場 (2015.4.11)”. Nobody (2015年5月24日). 2015年6月21日閲覧。
  4. ^ 三浦貴大「それぞれ面白い部分を見つけて」”. 日テレNEWS24 (2015年6月13日). 2015年6月21日閲覧。
  5. ^ キネマ旬報ベスト・テン発表、「恋人たち」「マッドマックス」が1位に輝く”. 映画ナタリー (2016年1月8日). 2016年1月8日閲覧。
  6. ^ “「バクマン。」が日本映画プロフェッショナル大賞でベストワン&作品賞”. 映画ナタリー. (2016年3月25日). http://natalie.mu/eiga/news/180925 2016年3月25日閲覧。 

外部リンク[編集]