佐向大

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
さこう だい
佐向 大
生年月日 1971年
出生地 日本の旗 日本 神奈川県
職業 映画監督脚本家編集技師
ジャンル 映画
活動期間 1995年 -
事務所 ザッコ

佐向 大(さこう だい、1971年 - )は、日本映画監督脚本家編集技師である。

経歴[編集]

1971年、神奈川県に生まれ[1]横須賀市で育つ[2]2006年黒沢清をして「ヴェンダースをやがて乗り越え、その真の後継者となるだろう」と言わしめた長編第2作の『まだ楽園』が劇場公開される[3]。2008年、『休暇』の脚本を手がける[4]。2010年、『ランニング・オン・エンプティ』で商業映画監督デビュー[5]。同年、『アブラクサスの祭』の脚本を手がけた[6]

フィルモグラフィー[編集]

映画[編集]

  • 夜と昼(1995年) - 監督・脚本・出演
  • 車をさがす(1998年) - 監督・脚本
  • まだ楽園(2006年) - 監督・脚本・編集・共同撮影
  • 休暇(2008年) - 脚本
  • ランニング・オン・エンプティ(2010年) - 監督・共同脚本・編集
  • アブラクサスの祭(2010年) - 共同脚本
  • ソラからジェシカ(2011年) - 監督・脚本
  • ハッピーネガティブマリッジ(2014年) - 共同脚本
  • BRIGHT AUDITION(2014年) - 脚本

テレビ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 佐向 大(映画監督)& 小林 且弥(俳優)”. INTRO (2010年2月28日). 2014年10月26日閲覧。
  2. ^ 『ランニング・オン・エンプティ』 - 佐向 大(監督・脚本)インタビュー”. 映画芸術 (2010年2月12日). 2014年10月26日閲覧。
  3. ^ 和製“ヴェンダース”呼び声…佐向大監督作公開 - 公開中「まだ楽園」”. ZAKZAK (2006年5月18日). 2014年10月26日閲覧。
  4. ^ “ありえない!”のに日常的。気鋭の監督・佐向大が新作に込めた想いとは”. チケットぴあ (2010年2月19日). 2014年10月26日閲覧。
  5. ^ 佐向大、久しぶりの“映画作家”が誕生した 『ランニング・オン・エンプティ』”. 47NEWS (2010年2月16日). 2014年10月26日閲覧。
  6. ^ CREATOR’S CAFE - 映画監督・脚本家 佐向 大さん”. CREATIVE VILLAGE (2010年12月13日). 2014年10月26日閲覧。

外部リンク[編集]