戦争と一人の女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
戦争と一人の女
著者 坂口安吾
発行日 1946年10月1日
発行元 雑誌『新生』臨時増刊号
ジャンル 短編小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 雑誌掲載
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

戦争と一人の女』(せんそうとひとりのおんな)は、坂口安吾の短編小説。戦時中の空襲下の日々を舞台に、虚無的な男と、淫奔ながらも不感症の女の同棲関係を描いた作品。坂口安吾の主要作の一つで、敗戦後から1946年(昭和21年)末までに書かれた作品の傑作として投票で選出された作品である[1]GHQ検閲により大幅作削除されていた初出は1971年(昭和46年)以降から復活し、「続」でなく、当初の「戦争と一人の女」が正規版となっている[1][2]

2013年(平成25年)に同名タイトルで映画化された。

発表経過[編集]

1946年(昭和21年)、雑誌『新生』10月・臨時増刊号(小説特集号)に「戦争と一人の女」掲載された。ゲラ刷りの段階でGHQ検閲により多くの文章が大幅削除されたために、翌月、雑誌『サロン』11月号(第1巻第3号)に「続戦争と一人の女」が発表された。末尾には、安吾自身の注記で「新生特輯号の姉妹作」と付されている[1]

その後はこの「続」の方を「戦争と一人の女」と改題し、1947年(昭和22年)5月15日刊行の単行本『いづこへ』に初収録された。最初に掲載された『新生』版の方は、同一状況の展開を、男側の視点で綴られているが、『サロン』版は、女の視線で語られている(安吾の初の女語りの作品)[1][2]。闇に葬られていた『新生』版は、安吾の没後の1971年(昭和46年)12月に刊行の『定本坂口安吾全集 第13巻』(冬樹社)に初収録され[1]、以降、『新生』版が「戦争と一人の女」として復帰した[2]

あらすじ[編集]

太平洋戦争末期の東京で、小説家の野村は酒場の主人の妾であった女との生活をはじめた。女には肉体の喜びは無いが、性質が本来頭ぬけて淫奔なのであった。家庭的な愛情は無いが奇妙に惹かれあう二人は、どうせ戦争で破滅するのだからと、戦争をおもちゃに楽しんでいるかのような敗退的な生活を送っていた。空襲が激しくなり、火の手が迫る中で死を覚悟していたはずの女は、家を火から守ることを野村に懇願するのだった。

おもな収録刊行本[編集]

  • 『いづこへ』(真光社、1947年5月15日)
    • 装幀:本郷新。題字:大野容子。あとがき:坂口安吾。総272頁
    • 収録作品:第一部(「石の思ひ」、「風と光と二十の私と」、「いづこへ」、「わがだらしなき戦記」、「魔の退屈」)、第二部(「戦争と一人の女」、「私は海をだきしめてゐたい」、「母の上京」)、第三部(「桜の森の満開の下」)
    • 佐藤美代子装幀の異装本もあり。
  • 文庫版『白痴』(新潮文庫、1949年1月3日。改版1996年)
    • カバー装幀:平野甲賀。付録・解説:福田恆存
    • 収録作品:「いずこへ」、「白痴」、「母の上京」、「外套と青空」、「私は海をだきしめていたい」、「戦争と一人の女」、「青鬼の褌を洗う女
  • 『定本坂口安吾全集 第13巻 雑纂 II』(冬樹社、1971年12月25日)
    • 解説:奥野健男。伝記的年譜・解題:関井光男。月報:関井光男「坂口安吾の世界」
    • ※ 『新生』版が初収録されている。
  • 文庫版『白痴・青鬼の褌を洗う女』(講談社文芸文庫、1989年7月3日)
    • 装幀:菊地信義。付録・解説:川村湊
    • 収録作品:「ラムネ氏のこと」、「ふるさとに寄する讃歌」、「帆影」、「木々の精、谷の精」、「波子」、「真珠」、「白痴」、「外套と青空」、「女体」、「恋をしに行く」、「戦争と一人の女」、「続戦争と一人の女」、「青鬼の褌を洗う女」
  • 『坂口安吾全集 4』(筑摩書房、1998年5月22日)
    • 装幀:菊地信義。編集:柄谷行人、関井光男。解題:関井光男。
    • 付録・月報:川村湊「堕落と求道」〈解説〉、本田和子「虚構される回想と回想される虚構」〈エッセイ〉、大井広介「その頃の坂口」〈回想・同時代評〉、柄谷行人「坂口安吾について(1)或る時代錯誤」〈連載〉
    • ※ 坂口安吾の直筆原稿を翻刻した唯一の版。
  • 文庫版『桜の森の満開の下・白痴 他十二篇』(岩波文庫、2008年10月16日)
    • 装幀:精興社。カバーカット:『風博士』(山河書院、1948年)の表紙。付録・解説:七北数人
    • 収録作品:「風博士」、「傲慢な眼」、「姦淫に寄す」、「不可解な失恋に就て」、「南風譜」、「白痴」、「女体」、「恋をしに行く」、「戦争と一人の女」(無削除版)、「続戦争と一人の女」、「桜の森の満開の下」、「青鬼の褌を洗う女」、「アンゴウ」、「夜長姫と耳男
    • ※ 坂口安吾の直筆原稿を翻刻した筑摩書房新全集を底本にしている唯一の文庫版。

映画作品[編集]

戦争と一人の女
監督 井上淳一
脚本 荒井晴彦中野太
原作 坂口安吾
出演者 後述
音楽 青山真治山田勲生
撮影 鍋島淳裕
編集 蛭田聡子
配給 ドッグシュガームービーズ
公開 日本の旗 2013年4月27日
上映時間 98分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

『戦争と一人の女』(せんそうとひとりのおんな)は、坂口安吾の同名小説の無削除版とその続編ほかを原作とし、2013年4月27日に公開された日本映画[3]

公開に先立って、国内:湯布院映画祭あきた十字映画祭函館港イルミナシオン映画祭大阪アジアン映画祭戦争とファシズム映画祭、韓国:全州映画祭などで上映された。

映画芸術』2013年日本映画ベストテン&ワーストテンにて、ベストテン・ワーストテンともに10位[4]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

漫画作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 「解題」(『坂口安吾全集 4』)(筑摩書房、1998年)
  2. ^ a b c 「坂口安吾 作品ガイド100」(『KAWADE夢ムック文藝別冊 坂口安吾―風と光と戦争と』)(河出書房新社、2013年)
  3. ^ 劇場情報戦争と一人の女オフィシャルサイト参照
  4. ^ 「映画芸術」2013年日本映画ベストテン&ワーストテン決定!!(2014年1月17日)、映画芸術、2014年1月28日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『坂口安吾全集 4』(筑摩書房、1998年)
  • 文庫版『桜の森の満開の下白痴 他十二篇』(岩波文庫、2008年)
  • 『KAWADE夢ムック文藝別冊 坂口安吾―風と光と戦争と』(河出書房新社、2013年)
  • 『新潮日本文学アルバム35 坂口安吾』(新潮社、1986年)
  • 有限会社編集プロダクション映芸発行『映画芸術』2013年春号(第63巻第2号)
  • 有限会社編集プロダクション映芸発行『戦争と一人の女』公式プログラム
  • 戦争と一人の女製作運動体発行 プレス向け資料
  • 戦争と一人の女 オフィシャルサイト

外部リンク[編集]