Marron

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Marron
ジャンル ゲーム
企業名 有限会社マロン
審査 ソフ倫
主要人物 竹井10日
デビュー作 秋桜の空に
2001年7月27日
最新作 ひまわりのチャペルできみと
2007年8月24日
公式サイト Marron
テンプレートを表示

Marron(マロン)は有限会社マロンのアダルトゲームのブランドである。作品の販売はホビボックス系列である。日本語訳からの通称で呼ばれることがある。

概要[編集]

コンシューマ系のゲームソフト会社で企画に携わっていた竹井10日が独立して設立し、2001年の『秋桜の空に』でデビュー。わずか1作品しか発売されていないにもかかわらず、ブランドオンリーの同人誌即売会「クリケット」が開催されるまでの人気がでる。

『秋桜の空に』で姉萌えダダ甘を広め、またツンデレの語源に関わっているブランドとして知られており、同作の後の作品への影響は大きいものがある。また、ブランド名にちなんでどの作品にも好きのキャラクターが登場する。本ブランドのファンは栗っ子と呼ばれる。

作品はシナリオライターの竹井10日の作風により、ギャグ色が非常に強いという特徴がある。また、Hシーンのシチュエーションが特殊なものが多い。シナリオはいいのだが、システム面でユーザインターフェイスの不備・バグが多い・重いなどといった問題も多い。また、公式サイトの情報や更新も非常に少ない。

ホビボックスがレコードレーベルHOBiRECORDSを持っていることもあり、同レーベルで自作品のドラマCD化も手がけている。『秋桜の空に』ドラマCD版の長期シリーズ化や竹井10日が角川スニーカー文庫で一般のライトノベル作品(詳しくは『ポケロリ』の項を参照のこと)も執筆するようになったことからしばらく新作が発表されていなかったが、2005年12月に久々の新作『ひまわりのチャペルできみと』の制作が発表され、2007年に発売された。

基本的に作品の発表間隔が長く、寡作傾向にある。とはいえ、前述のとおりそれなりに人気のあるブランドである。

2018年現在、サイトは別人のサイトになっている。

作品リスト[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]