新十郎捕物帖・快刀乱麻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
新十郎捕物帖・快刀乱麻
ジャンル 推理ドラマ、時代劇
放送時間 木曜21:00 - 21:55(55分)
放送期間 1973年10月4日 - 1974年3月28日(26回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 朝日放送
演出 西村大介
杉本宏
伊藤竜平
原作 坂口安吾「安吾捕物帖」
脚本 佐々木守
松田司
宮川一郎 ほか
プロデューサー 山内久司
出演者 若林豪
尾藤イサオ
沖雅也 ほか
オープニング 内田喜郎「少女ひとり」
テンプレートを表示

新十郎捕物帖・快刀乱麻』(しんじゅうろうとりものちょう かいとうらんま)は、坂口安吾の『安吾捕物帖』を原作とした、明治時代舞台の時代劇推理テレビドラマ。朝日放送(ABC)の制作により、TBS系列[1]1973年10月4日から1974年3月28日まで、毎週木曜21:00 - 21:55(JST)に放映された。全26回。

概要[編集]

明治時代中期の東京を舞台に、名探偵・結城新十郎が、下町で発生した数々の事件を解決していく捕物帖。

タイトルは第9話まで『快刀乱麻』だったが、第10話から『新十郎捕物帖・快刀乱麻』に変更された。これは視聴率低迷を受け、番組内容を判りやすくするための配慮として採られた処置であることが、この当時報道されている。

物語の展開は、パターンがあった。まず、事件が発生する。そして、依頼者は探偵役に解決を依頼する。探偵役としては花逎家因果(当時の新聞に載った同番組の広告では「迷探偵」)、勝海舟(同・瞑探偵)、結城新十郎(同・名探偵)の順で登場し、それぞれ推理を披露する。必ず前二者の推理は外れ、新十郎の推理のみが当り、真犯人解明となる。新十郎が出馬する時には、必ずストップモーション(ナレーションの佐藤慶による説明シーン(後述)と同様、カメラを止めているのではなく、若林始め役者が自ら動きを止めている)となり、新十郎の生い立ちに関するナレーション(これも佐藤慶による)が入った。ナレーションの最後は毎回「その背中に大きな入れ墨があると噂する者もいるが、その真偽もまた定かではない。」で終っていたが、最終回では「その真偽もまた……もうすぐわかる」となっていた。

番組の終盤は、ほぼ毎回、勝海舟が自分の推理が外れた原因は泉山虎之介の言動のせいだと虎之介を叱り付け、虎之介がひたすら謝るという場面で番組が終了していた。

キャスト[編集]

  • 結城新十郎(若林豪
    • 主人公の名探偵、明晰な頭脳と推理力を持ち、難事件を解決していく。また、格闘技の心得もあるらしく、空手の師範が犯人だった時は、苦戦しながらも腕ずくで取り押さえた。ただし前歴は不明、背中に大きな入れ墨があると言われており、自由民権運動の闘士でもある。普段は、おそよの営む理髪店に居候しており、巡査の古田が来て事件解決の依頼をしても無関心を装うが、被害者や容疑者の関係者から必死の懇願を受け、心を動かされると重い腰を上げ、事件解決に乗り出す。最終回で背中の入れ墨を見せ、悪逆非道の限りを尽くしながら警察への賄賂で摘発を逃れていた悪党(神田隆)を刺殺し、その後海舟の手引きにより姿を消す。
  • 荒牧英太郎(尾藤イサオ
    • 新十郎の友人で自由民権運動の仲間。事件の捜査を巡って、警視庁の巡査である古田と対立することが多く、その時には古田を「官憲!」と罵倒する。最終回で新十郎とともに姿を消す。
  • 小山田鉄馬(沖雅也
    • 新十郎の友人で自由民権運動の仲間。剣の使い手。途中から登場しなくなった。
  • 花逎家因果(植木等
    • 元薩摩藩士で、西南戦争・田原坂の戦いの生き残り。推理小説家をしながら、探偵として活動するが、いつも推理が当たらず番組では「迷探偵」とされている。いい加減な性格だが、西郷隆盛を敬愛しており、西郷の名を利用して詐欺を働く人物に激しい怒りを見せたことがある。また、因果の推理小説通りの事件が起きた時は、そのため犯人の疑いをかけられたことがあった。
  • 泉山虎之介(花紀京
    • 元幕臣で、彰義隊の生き残り。勝海舟を親分と慕い、その家に出入りしている。事件が起こるごとに内容を海舟に報告し推理を求めるが、情報の不十分さから海舟の推理が当たらないことがほとんどである。
  • 古田鹿蔵(河原崎長一郎
    • 警視庁の巡査。自由民権運動に加わっている新十郎を苦々しく思っているが、その一方で、事件が起こると新十郎に解決を依頼しに来る。内心では新十郎に友情を感じている面もあり、最終回では殺人を犯した新十郎と英太郎を密かに逃がそうとした。
  • おそよ(野川由美子
    • 理髪店の女店主。別居中の夫がおり、やや年増だが美貌の持ち主。そのため虎之介や因果、そして海舟からも思いを寄せられるが、本人は密かに新十郎に思いを寄せている。
  • 小糸(志摩みずえ
    • 海舟の愛人。
  • 勝海舟池部良
    • 登場人物では唯一の実在の人物。明治維新後は隠棲しているが、事件が発生すると「瞑探偵」として子分扱いしている泉山虎之介からの報告を受け、推理を披露する。しかし、いつも虎之介の情報の不十分さから推理が当たらず、そのたびに虎之介を叱責する。新十郎とは対立しながらも、シンパシーを感じている部分があり、最終回ではその心情を吐露し、新十郎を逃がす。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

  • 「少女ひとり」
    • 作詞:佐々木勉、作曲:都倉俊一、歌:内田喜郎
    • 本曲はシングルレコードとして発売されておらず、後にアルバム「ふるさと」にアルバムバージョンとして収録されるが、2014年2月現在、未CD化である。
    • 楽曲自体は、ソニー・ミュージックダイレクトより発売のCD「ちょんまげ天国 in DEEP」(MHCL289~90)に収録されている。[3]

各話タイトル[編集]

備考[編集]

  • ナレーションの佐藤慶が、話の展開にあわせ、当時の世相、物事の起源等を説明する場面が番組中に一度ある。説明に入る前に笛が鳴り、説明中は、出演中の登場人物は笛が鳴る直前の動作を止めてじっとしている。説明が終わり再び笛が鳴ると、登場人物は再び動き出す。これは静止画像ではなく出演者が自ら動きを止めており、説明中、植木等の眉が動いたり、若林豪の袖が動くなど、出演者がわずかに動いているのが画面からもわかった。なお、「今回は説明することはない。」で登場人物が全員ズッコケた回がある。また、最終回では、勝海舟の説明にあたり、何度笛を鳴らしても海舟は歩き続けた、という例外もある。

VTRの保存状況[編集]

  • 本作品は2インチVTRで録画された。この当時、放送用のカラービデオテープは高価だったため、放送後はその上から重ねて録画していたため、朝日放送に現存しているのは最終回1話分のみである。

脚注[編集]

  1. ^ 1975年3月31日毎日放送(MBS)との間でネットチェンジが行われ、これ以降、朝日放送はテレビ朝日系列に移行、毎日放送がTBS系列となった。
  2. ^ 最終回では、おそよの別居中の夫役で特別出演
  3. ^ ただし、名義は「内田喜郎」ではなく「内田善郎」となっている。

関連項目[編集]

TBS 木曜21時台(当時はABCの制作枠)
前番組 番組名 次番組
新十郎捕物帖・快刀乱麻