林秀彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
はやし ひでひこ
林 秀彦
生誕 (1934-09-26) 1934年9月26日
日本の旗 日本 東京府
死没 (2010-11-19) 2010年11月19日(76歳没)
日本の旗 日本 福岡県久留米市
出身校 学習院高等科
職業 脚本家
子供 2名

林 秀彦(はやし ひでひこ、1934年9月26日 - 2010年11月19日)は日本脚本家

来歴[編集]

東京府に生まれる。父は随筆家の林謙一学習院高等科を卒業後、インド洋経由で渡欧する途中、イエメンで悪漢の集団に拉致され、砂漠で殺されそうになったが「俺は空手の達人だ。俺を殺すならお前らのうちの一人を殺してやる」とブラフをかけて解放され、危うく一命を取り留めた体験談を、伊丹十三が『小説より奇なり』の中で文章化している。ドイツザール大学フランスモンペリエ大学に留学し、哲学を専攻する。松山善三に師事し、映画やテレビの脚本を執筆。

3度結婚しており、最初の妻との間の子は作曲家の林魏堂1974年には女優冨士真奈美と結婚し、一児(岩崎リズ)を儲けるも1984年に離婚。1988年から2005年までオーストラリアに移住、帰国後は大分県九重町に暮らしていた[1]。また、祖母にドラマ「おはなはん」のモデルとなった林はながいる。

2010年11月19日、肺炎の為に福岡県久留米市の病院にて死去[2]

主な作品[編集]

脚本[編集]

小説[編集]

  • 生きるための情熱としての殺人』(1981年、創林社)
  • 『鳩子 海流篇』(1974年、日本放送出版協会)
  • 『鳩子 風紋篇』(1974年、日本放送出版協会)
  • 『鳩子 天象篇』(1975年、日本放送出版協会)

ドラマ『鳩子の海』放送と機を一にして出版された。

著書[編集]

  • 『ちょっといい女・気になる女』(1982年、日本実業出版社
  • 『女と別れた男たち』(1983年、創林社)
  • 『ジャパン、ザ・ビューティフル』(1996年、中央公論新社
  • 『非婚のすすめ』(1997年、日本実業出版社)
  • 『「みだら」の構造』(2000年、草思社
  • 『失われた日本語、失われた日本』(2002年、草思社)
  • 『悲しいときの勇気-日本人のための幸福論』(2003年、明成社
  • 『日本人はこうして奴隷になった』(2008年、成甲書房
  • 『日本の軍歌は芸術作品である。』(2008年、PHP研究所
  • 『911・考えない・日本人』(2008年、成甲書房)
  • 『おテレビ様と日本人』(2009年、成甲書房)
  • 『憎国心のすすめ』(2009年、成甲書房)

関連書籍[編集]

脚注[編集]